ツイッターの出会いは危険?

boy-menber-02

2006年にはじまり、14年の間も高い人気を誇るSNSがtwitter。使い方もかんたんで、その時々の気持ちや考えをつぶやくことができる手軽さも人気の理由。

InstagramやFacebookも利用者は多いのですが、twitterのユーザー数は全世界で3億3000万人と驚きのユーザー数です。新たなSNSが登場してもなお、人気が衰えることのないtwitter。

世界中の人々との交流を、身近なものとするツールの1つ。このtwitterの使い方も、人により様々です。

この世界を代表するSNSであるtwitterで、出会いを見つけることはできるのでしょうか?もしも会えたとしても、実際に会うときに果たして危険はないのでしょうか?

このような疑問への回答として、twitterで出会いを探す人へ向けて出会うための方法を解説します。他ではあまり目を向けることのない部分も、積極的に掘り下げていきますのでスムーズに理解できることでしょう。

良い面だけではなく、注意するべきポイントについても解説しますので総合的にtwitterとの出会いを学ぶことができます。この記事の内容を有効に活用することで、出会いのチャンスも広がることでしょう。

ツイッターに出会いはある?!


いきなり確信からはじまります。ツイッターでの出会いは、十分にありえます。冒頭で述べたユーザー数を見るだけでも、相当数の出会いがあるといえます。

ユーザー数が多ければ多いほど、その分出会いがあるのです。スマホやパソコンさえあるならば、いとも容易く多くの人々と出会うことができます。

このネット上での出会いから、現実の出会いへと変わることも少なくはありません。ネットの出会いには危険がつきまとうと考えてしまうこともありますが、多くの人が様々な出会いを見つけています。

このツイッターというツールを使いこなすことで、出会いの幅が広がることでしょう。

ツイッターでも彼氏彼女ができる


あまり知られてはいませんが、ツイッターでの出会いをきっかけに付き合い始めるカップルも増えてきています。ツイッターでつぶやかれるジャンルにも、多くのジャンルがあります。

その中でもアニメやコミック・音楽・ゲームなどのジャンルでは、オフ会などのイベントが積極的に行われています。このイベントが出会いの機会となり、カップルとなるケースがとても多いのです。

やはり共通の趣味は強みなので、自分自身の趣味とあうジャンルを選び参加することで交流を深めていくのです。彼女彼氏ではなく、結婚相手を見つたという強者も存在しています。

ツイッターでもセフレができる


彼氏や彼女ならばできる可能性はあるが、「さすがにセフレは無理でしょ?」と考えていませんか?男性にはこのセフレが欲しいという欲求を持つ者が多いので、注目してしまうのも仕方のないことです。

ツイッターには、様々な思いを持ち参加するユーザーがいます。もちろん、セフレを探すために参加する人たちも。

不純な動機かもしれませんが、このような思いでツイッターをはじめる人も多いのです。このセフレを探している相手を、ツイッターで探しだし巡り逢うことができるのです。

ツイッターの出会いが結婚につながることもある


結婚紹介所すら、今ではネット上にも存在する時代です。ツイッターをきっかけに結婚という話も珍しくはありません。

出会いの機会がユーザー数だけあるので、結婚しても何ら不思議ではありません。普通に会うよりも、素の自分を出すことのできるツイッターの出会いは多くの場面で有利に働くこともあるのです。

ツイッターで出会い、多くの会話をすることで相手の人となりをゆっくりとチェックすることもできます。これを現実の世界で行うには、お互い時間の制約などが障害となります。

親密な関係の相手探しでは、ツイッターのようなツールを用いと自由度が飛躍的に向上しよい出会いが見つかります。

オフ会はかなり熱い出会いの場


ネット上で集まるのではなく、オフラインで集まることをオフ会と呼びます。集う理由に制約はなく、食事会や飲み会など様々な内容で開かれています。

ツイッターで交流していた人とならば、実際に会ったとしても楽しく時間を過ごすことができるでしょう。性別や年齢に関係なく、多くの種類のオフ会があります。

オフ会に参加することで、日常とは違う世界を垣間見ることができるでしょう。ある程度の経験値を積み重ねたときには、自分でオフ会を開くのもよいでしょう。

ツイッターで出会う方法


ツイッターで実際に出会えることを確信できたのであれば、次に考えるべきことはどのようにして出会うかということ。ここからは、ツイッターで出会うための方法を順を追って見ていくことにしましょう。

アカウントをちゃんと作り込む


どのような所でも、交流する相手がどのような人かは必ず気になります。そのようなときに、相手のプロフィールが未記入では何の興味も持つことができません。

自身のツイッターアカウントを作り込むということは、プロフィールだけではなくつぶやきやプロフィール画像なども含まれています。しっかりとしたアカウントにすることで、相手から興味を持たれるようなアカウントにしましょう。

プロフィール

まずはじめに考えるべきことは、プロフィールへの記載内容。この内容が乏しいと、誰も見向きもしてくれません。

記載内容をあまりにも盛りすぎることも、避けなければいけないことです。実在の自分とかけ離れた内容は、記載するべきではないでしょう。

ツイッターやネットでの出会いでは、プロフィールこそが相手を知るための方法です。相手を見る上で、とても重要な部分なのでしっかりと記載することが肝心です。

個人情報や詳細なことまでを、記載する必要性はありません。ある程度人となりが分かる程度の内容を記載しましょう。

このプロフィールの出来栄え如何で、あなたの評価が大きく変わることでしょう。

アイコンと背景画像もプロフィールにあわせて選ぶ

プロフィールを記載できた後には、アイコンや背景画像を設定します。ここで注意することは、アイコンや背景画像によりアカウントのイメージが決まるということ。

どのような印象のアカウントがよいのかを考えて上で、アイコンや背景画像を決定しましょう。著作権フリーの写真サイトや、アイコン画像サイトもあります。

このようなサイトを活用し、印象的な画像やアイコンを設定しましょう。

フォロワー数を増やす


ツイッターのアカウントを開設した直後は、当然ながらフォローもフォロワーも0です。このようなアカウントを見た時に、このアカウントと交流を図りたいと考える人はいないでしょう。

他のユーザーから、どれだけ見られているかの指標ともなるフォロワー数。あまり多すぎても、少なすぎても相手は警戒心を持つことに繋がります。

フォローやフォロワーは、最初のうちは100から300程度が適当であるといわれています。この数値を目標に、まずは相互フォローとなるように進めます。

フォローしてもらうためには、自分のつぶやきを投稿することも必要です。まれにリードオンリーというアカウントもありますが、アカウントの目的も不明かつ怪しいアカウントと見られてしまいます。

このようなアカウントと同一に見られないように、適度につぶやきを投稿しましょう。このように、地道にアカウントを育てていくことでフォロワーを獲得することができるのです。

ハッシュタグと検索ワードで出会いを求める人を探す


ツイッターにおいても、つぶやきやプロフィールを見るための検索機能が実装されています。検索方法には、ハッシュタグと検索ワードを用いることが可能です。

ハッシュタグとは、タグとなる文字列のはじめに#を付加し書きます。ハッシュタグは、投稿されているつぶやきに設定されている検索のために用いるタグです。

タグ付けされている投稿を効率よく検索するために、ハッシュタグは用いられます。「#出会いたい」というタグも多く用いられているので、出会いを探している時には有用なタグです。

検索ワードもハッシュタグ同様に、投稿やプロフィールを検索の際に用います。ハッシュタグと同様に、「出会いたい」などの任意のキーワードで検索をおこないます。

ハッシュタグと検索ワードの違いは、対象となる文字列が異なります。ハッシュタグは、#の付加されたキーワードのみを検索します。

検索ワードは、プロフィールや投稿の文字列全てが対象となります。この違いを理解し、効率的に検索を行いましょう。

趣味など共通の話題で絡む


SNSを利用する人の多くは、共に語り合うことのできる共通の話題を求めています。一方的に投稿するのではなく、投稿へのリプライを送ることにより交流を深めていきます。

交流を深めることにより、相互にフォローをし合い互いに投稿をチェックするようになります。相互フォローとなることで、相手に対してダイレクトメッセージを送信することができるようになります。

ダイレクトメッセージは、他のユーザーからは見ることのできないメッセージです。このダイレクトメッセージで、より交流を深めることができるでしょう。

しかしフォローされた途端、すぐにダイレクトメッセージを送ることはよくはありません。必要と思われる場合にのみ、ダイレクトメッセージは利用しましょう。

DMの流れにいきリアルの場で会うアポを取る


相互フォローとなれば、ダイレクトメッセージ(DM)を送ることができます。このダイレクトメッセージを活用することで、ネットでの出会いを現実の出会いへと変えることができます。

気の合う相手を見つけ、交流を深めたのであれば当然直接会いたいと思うもの。「詳しい話はDMで」として、ダイレクトメッセージへの流れを作ります。

共に楽しむことのできる趣味で、出会うことができるのでこの上なく幸せなことです。ダイレクトメッセージへの流れを、自然に作ることができれば後はアポを取りつけるだけ。

ツイッターで出会える簡単にやれる女の特徴


多くのユーザーの中から、交流を図ることのできそうなユーザーを見つけるための方法を解説してきました。ここからは、出会いの目的をセックスとしてセフレを探す方法を解説します。

趣味友や恋人を探すときと、セフレを探すときでは着目するポイントも変わってきます。ツイッターでセフレを探すには、セックスが好きそうな女性を探す方法を学ぶことが1番の近道。

タイプ別に、その特徴をチェックしていきます。

性欲強いアピールのある女


あからさまに、自分は性欲が強いとアピールする女性はかなりの確率でヤレるタイプです。性欲以外にも、肉食系アピールをする女性もやれるタイプに分類できます。

特に男性の下半身の大きさを、アピールしているアカウントに張り付くようなタイプの女性はかんたんにヤルことができるといえます。しかし、このようなアカウントの中には業者が紛れていることがあります。

同じようなつぶやきを、定期的に投稿しているアカウントは業者である可能性が高いので注意して下さい。またつぶやきやプロフィールに、他サイトへと誘導する不審なリンクがある場合にも注意しましょう。

寂しがり


ツイッターやSNSを利用する女性の多くは、寂しがりな女性が多いです。毎日のように新しい投稿しているタイプは、寂しがり度が高いので交流しやすいタイプといえるでしょう。

しかし寂しがりな女性の多くは、男性への警戒心があります。この警戒心を解くには、多くの時間を費やす必要があるでしょう。

時間をかけてゆっくりと、お互いの距離を縮めるようにしましょう。決して直接的なプローチは、行わないようにしてください。

浮気してることがツイートでわかる女

無駄に「男の子と今日は遊びました」というような無駄な投稿を続けることが、このタイプの特徴です。このタイプの場合には、気に入ってもらうことさえできればサクッと遊ぶことができます。

しかし、彼氏持ちや既婚者の可能性が高いのでそれ相応のリスクが発生することも。リスクとベネフィットをよく検討した後に、遊ぶかの判断をするべきでしょう。

メンヘラは意外とツイッターではガードが硬い


常日頃から、情熱的な恋愛や癒しを求めツイッターを徘徊しています。映画やドラマのような、劇的な出会いを求めている一方でガードは硬いことが特徴です。

手間がかかる上に、ガードが硬いのではメリットはなにも見つかりません。交流を深ることができたのならば、チャンスは訪れますが道のりは遠く険しいので忍耐が必要となります。

手間のかかるガードの硬い女性が趣味でなければ、あまりおすすめできるタイプではありません。

ツイッターで出会うときの注意点


手軽に出会いを見つけることのできるツイッターにも、いくつか注意するべきポイントがあります。これから解説する2つの注意点を理解し、正しく利用するようにして下さい。

本人確認がない

ツイッターは、匿名性が高くメールアドレスのみで登録することができます。インターネットの情報と同様に、信頼性に難があることがあります。

本人であることを確認していないので、嘘の情報やプロフィールも書き放題の無法地帯にもなるのです。このようなアカウントの人と実際に会うことで、様々なトラブルに遭遇することもあります。

実際に会う前には、アカウントの確認をしっかりと行うことが予期せぬトラブルを回避するための唯一の方法です。ツイッターで出会うには、このようなリスクが伴うことを理解しましょう。

年齢確認がない

セックスを目的とした出会いでは、特に注意するべき問題が年齢です。未成年との体の関係は、どのような事情があろうとも違法となります。

ツイッターのユーザー登録では年齢確認を行わないので、このようなリスクが常につきまとうことになります。出会いのチャンスは豊富ですが、年齢については注意が必要です。

ツイッターよりも出会い系のが結果コスパがよい


無料で利用することのできるツイッターですが、無料なことにはやはり理由がありました。出会いの機会も多いツイッターですが、やはりコスパとなると悩んでしまうことでしょう。

そのような時に、すぐに会える女性を探すのであれば出会い系がおすすめです。登録費用は無料で、初回登録にはポイントの付与もあります。

出会うためのコスパがよいのは、やはり出会い系といえるでしょう。

>>ワクワクメールで出会いを探す

この記事を書いた人

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ