ジドラー!サクラばかりの出会い系アプリの口コミ

kos
< Boy.からのお知らせ >

なんとこの度、Boy.はYouTubeを始めました!

記事でも紹介してます!

YouTube記事一覧

ぜひYouTubeも見てください!

YouTubeチャンネル

ジドラーは非効率的な自称「出会い系サービス」です。

「友達探しができる」という宣伝文句は表向きの話。実態はサクラしかいない、詐欺アプリと変わりません。大手の出会い系サービスから辿り着いた男性を騙すことが目的で、メッセージ相手はサクラだらけで利用料が高額です。

結論的に述べると、ジドラーは評判や口コミがとても荒れており、運営者はサクラを利用してユーザーから利用料を騙し取ることしか考えていません。この記事では、ジドラーの信じ難い実態を詳しく見ていきましょう。

>>サクラのいないサイトならココ

ジドラーのアプリ内容

 

ジドラーはGooglePlayで配信中の友達作り用の出会い系サービスだと言われていますが、機能性に関してはTwitterやFacebookの方が使い心地が良く感じます。

ジドラーのキャッチコピーは「自撮り動画も送れるアプリ」となっており、アプリの説明には「現代は写真や画像の時代でなく、ジドラーで友達を増やすために自撮りの交換やトークを楽しむ時代です」と書かれています。

メッセージ相手と動画交換を行いながら仲良くなっていくことが主旨のようですが、最も目を向ける内容は、利用料やサクラの割合となるでしょう。

ジドラーの運営会社と料金体制

役務提供事業者:J.Ageo.Group

運営責任者:森 智美

所在地:〒362-0043 埼玉県上尾市西宮下1-98-2

電話番号:03-6383-3509

メールアドレス:support@jidoler.com

役務の提供者には「J.Ageo.Group」、運営責任者には「森 智美」さんが登録されていますが、どちらも実在する企業名および人物なのかは明らかとなっていません。

所在地の住所からは「メゾン田中」というアパートを特定できましたが、建物の外装からサービスを運営している雰囲気は窺えません。

上述の情報が正しい内容であれば、メゾン田中に「森 智美」さんが住んでいるということになっていますが、恐らく表札はどこにもなければ「森」さんに出会えることはないでしょう。

料金体制に関しては1コイン=10円で、チャット1通の送信で250円もかかります。

チャットやメッセージ1通の送信で100円以上かかる出会い系サービスは詐欺サービスなので、ジドラーも詐欺サービスだと睨んだ方が良さそうです。

さらにコインを1,000円以上購入すれば、サクラとの連絡先を永遠に交換できるとの情報もありました。相手はサクラなので、連絡先の交換を行おうとしても意味がありません。

150コイン 1,000円
450コイン 3,000円
750コイン 5,000円
1500コイン 10,000円

利用規約が悪質

ジドラーの利用規約には「当サービスは全てユーザーの自己責任で行うとし、何かトラブルが生じても運営側は一切責任を負わない」といったことが書かれています。

仮にユーザーが不利益を被っても、運営側はユーザーが利用規約を読んでいることを前提でサービスを運営しているため、不利益を被ったことを運営者に連絡しても「一切責任を負わない」と跳ね返すでしょう。

>>サクラのいないサイトならココ

異性紹介事業の届け出が済んでいない

ジドラーはポイントで機能を利用できる仕様となっており、表面上は出会いアプリですがインターネット異性紹介事業の届出がまだ済んでいません。

すなわちジドラーは、正式な出会い系サービスではなく、各アプリストアでも異性と直接会うために利用するのは禁止していることが記載されています。

異性紹介事業の届け出が済んでいないということは、ジドラーではアプリを利用する際に年齢確認が行われません。

すなわち年齢や性別を偽って登録するユーザーがいる可能性があるため、未成年と交際したことで警察沙汰になったり、逆に未成年から恐喝されたりなどの事件に発展する可能性が考えられます。

ジドラーのサクラばかり

ここからは、ジドラーのサクラの傾向について詳しく見ていきましょう。ジドラーがどれだけ酷いサービスであるかが理解できるはずです。

サクラからメールが大量に届く

ジドラーでアカウントを登録し、数分放置すると複数の女性からメッセージが届きます。早速「会いたい」と誘いのメッセージが届きましたが、すぐに会いたがる女性はほぼ100%の確率でサクラと睨んで間違いありません。

理由はアカウントが真っ白な状態であるにも関わらず、いきなり声をかけてきたためです。一般社会では、顔も素性も分からない人にいきなり声を掛けるのは絶対に有り得ないでしょう。

そもそもジドラーは配信したばかりであるにも関わらず、男性ユーザーがほとんどおらず顔出しの美人女性がたくさん利用していることが窺えます。

アカウント検索で検出される女性ユーザーは、ほとんどがジドラーの配信前からストックされていたサクラです。

サクラにメッセージを送信したら強制退会させられる

ジドラーでは、サクラにメッセージを送信すると強制退会に陥り、アプリにアクセスできなくなります。

上述の「肉まん」さんを例にすると、1枚400円もかかる画像を一方的に送り付け、別のスマホにも全く同じ内容のメッセージを送ってくるのが特徴的です。

その出来事に関して「肉まん」さんに質問したところ、強制退会の処理が勝手に進められていました。

もしも「肉まん」さんが正規のユーザーであれば強制退会にはならないでしょうし、問い詰めてから数十秒で退会させられたということは、「肉まん」さんがジドラーのサクラである証拠で間違いないでしょう。

LINEのアカウント交換には要注意

ジドラーのサクラの代表的な手口は、LINEのアカウント交換を持ち掛けたチャットです。

女性ユーザーを装って男性とチャットを行い、無料で付与したポイントがなくなったタイミングを見計らった際にLINEアカウントの交換の話題を持ち出し、チャットを続けさせようとします。

仮に課金してLINEアカウントを教えても、業者にユーザーの個人情報が抜き取られる被害に遭う可能性があるので、絶対に誘いに乗ってはいけません。

ジドラーの口コミ評判まとめ

詐欺サービスの口コミや評価の特徴として、高評価と低評価の温度差が激しいことが窺えます。

高評価では★4や★5で「素敵な人に出会えた」「ジドラーには感謝しかない」とコメントが書かれていますが、ジドラーはサクラしかいないアプリなので女性に出会える機会は決して訪れないはずです。

高評価を登録するユーザーのほとんどはアプリの関係者で、女性と出会える優良サービスを装うために自作自演で登録した偽造のレビューであることは間違いありません。

詐欺サービスの実態は低評価に濃く表れている傾向にあり、「レビューもサクラばかりなのがよく分かる」「約束しても会ってくれる気配がない」などの批判意見が多いです。

>>サクラのいないサイトならココ

シドラーの退会仕方

ジドラーには退会フォームなどは設けられていないため、利用価値がないことを理解できたら速やかにアプリを削除しましょう。

ほとんどの詐欺サービスでは、アプリの削除だけで退会と見なされますが、アカウント情報の悪用を防ぐために顔写真やプロフィール内容の変更を行っておくと、運営者から個人情報を悪用されることがありません。

ジドラーの自撮り画像はサクラばかり

ジドラーは表面上は友達作りのためのアプリを装っていますが、実態は数年前に衰退した詐欺サービスの使い回しです。サクラを利用して男性ユーザーの好奇心をくすぐり、利用料を騙し取っています。

最近は出会い系サービスを運営する際には、異性紹介事業の届け出が済んでいる必要があります。公安委員会に届け出をしていないアプリは危険だと認識している人が増えているようです、

Twitterなどでも危険なアプリは注意喚起されているので被害者も減ってきている事は喜ばしいことだと思う。

しかしジドラーのように忘れたころにサラっと配信してくる業者も未だにいるようなので、くれぐれもインターネット異性紹介事業の届出をしているかどうかのチェックだけは怠らないようにしてほしい。

 

〜おすすめは大手の出会い系〜

▼PCMAX

PCMAXは、欲望に委ねたい男女がたくさん。

運営歴が長いサイトなので、サクラもいないため、安全に大人の出会いを楽しむことができます。

即出会って、即っていうのが希望ならPCMAXがよいでしょう。

>PCMAXで大人の出会いを探す(無料)

 

▼Jメール

Jメールといえばエッチな人妻が多いサイトで評判。美人な人妻など遊びたい男女が多い出会い系。

「大人の掲示板」ではなく「まじめな出会い」の掲示板で探すのがおすすめ。業者じゃない、人妻たちは、まじめな掲示板で、エッチな出会いを探しがち。

>Jメールに無料登録する

 

▼ワクワクメール

同じ遊ぶなら可愛い子がよい!そんな人にオススメなのがワクワクメール。

大手の出会い系サイトの中で、若い女の子の集客に頑張っているので、可愛い子が多いのが特徴。その分、出会って即っていうのは難しいこともあります。PCMAXなどほかの出会い系サイトいろいろ使うのがよいでしょう。

>>ワクワクメールで可愛い子を探す

恋愛でお困りではありませんか?
悩みや不満を是非コメント欄にお願いします!

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ