【デキる男のデートプランの立て方】行先と目的はこうやって決める!

気になる子とデートの約束までこぎつけた!でもデートプランどうしよう?考えるのめんどくさいな…。
意外と面倒なデートのプラン立てですが、恋人づくりにおいてきちんとした計画を練ることは大変重要な工程であり、ここで手を抜くとせっかくのチャンスを棒に振ってしまいかねません。
今回はそんな少々面倒なデートプランをどのように立てればよいのか、デートプランの立て方の基本や押さえるべきポイントをみていきましょう!

行先は複数用意しておく

行先は複数用意しておく

考えるのを面倒くさがって、デートプランを1つしか用意しない人は多いのですが、それはかなり危険です。天気予報では晴れだったのに雨が降ってしまった、というような場合や、当日相手の体調がよくない場合などでは屋外デートの予定が屋内に変更になったり、相手の急な予定の変更によりデートの場所を変更せざるを得なくなったりすることはよくあります。少なくとも天候が良く晴れた場合と悪天候で雨などが降ってしまった場合の2種類は用意しておくべきでしょう。

滞りないデートで“こなれ感”を出そう

滞りないデートで“こなれ感”を出そう

また第二のポイントとしてはなるべく具体的なデートコースを頭の中あるいは実際に歩いてみるなどしてシミュレーションすること。こうすることで滞りなくデートを進めることができるため、相手の女性にスマートな印象を与えることができます。もちろん遊んでいそうなイメージを持たれるのは避けたいですが、少なくともデートプランがお粗末なために当日あたふたしてしまい、幻滅されてしまうよりかは100倍マシです。
行ったとこのない場所を頭の中でリハーサルすることも効果的な方法ではありますが、ベストなのはなるべく慣れた場所、土地カンがあるエリアを選択することです。そのほうがおおよその飲食店の配置や二人でゆっくり過ごせるところをイメージしやすく、スムーズにデートを運ぶことができます。

彼女の趣味に合うコースを考える

彼女の趣味に合うコースを考える

デートにかかわらず女性と接するときマストで押さえるべきポイントは、相手のニーズを把握し、そのニーズに適切な対応をすること。もちろんデートコースを練る際にも相手の女性の趣味や嗜好を把握し、「ここに連れて行けばよろこんでくれるのでは」と想像力を働かせる必要があります。
一番ダメなのは自分が行きたいところをバンバンまわってしまうパターン。例えば自分はアニメが好きだからデートの時はアニメの映画を見て帰りはアニメのショップに行って…と、完全に独りよがりなデートコースでは、うまくいくはずの恋もうまくいくはずがありません。もちろん相手の女性もアニメが好きな場合はこのデートプランは成立しますが、いずれにせよデートプランを立てる際は相手のニーズを満たすことを意識しましょう。

デートは予定通りにいかない!臨機応変に対応を

とはいえデートがすべて順調にいくことはあまりありません。思いがけない、不測の事態が起こってしまい、せっかく立てたプランが崩れてしまうこともあります。
しかし、入念な準備は必ずデートの成功率を上げます。仮に何か予想外な出来事があったとしても、準備の有り無しでその場の対応には雲泥の差が生まれます。
特にデート当日のファッションは前日までに決めておきましょう。
デートに最適なファッションを解説している記事はこちら!

服装が決まらない!?女友達とのデートはきれいめコーデが鉄則!

また、当日どこに行けば良いかわからない…。という方にぜひおすすめしたいのが、クラフトビールが提供されているお店です。
お酒の一緒に飲むことによってより仲良くなれますし、またどうせお酒を飲むならみんなが大好きなビール、それもこだわりぬかれた美味しいクラフトビールを飲みたいですよね。
都内でデートコースとして使えるクラフトビールのまとめはこちら!

東京のクラフトビールまとめ!

ここまで上げたポイントを押さえながらデートプランを十分に練って、素敵なデートにしましょう!

タグ一覧へ

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。