【目指せ知的男子】大学生のうちに読んでおきたい、おすすめの本12選

340 views


最後に勝つのはやはり知性!

皆さん、女子が求めるモテる男子の条件にはどんな項目が当てはまると思いますか?

“清潔感”、“優しさや気遣い”、“スポーツが出来る”などなど、もちろんどれも大切なことですが、“どことなく知的な男子”というのもこれに当てはまるのではないでしょうか。

知的であるとは、知識やウンチクをひけらかすことではなく、あくまで人間性を含め中身が磨かれているということだと思います。

そのためにはやはり教養が大事。日頃から、本を読むなどして感性を磨きましょう!

そんなわけで、今回は大学生の男子がぜひ読むべきビジネス書&自己啓発書をまとめてみました♪

【目指せ知的男子】大学生のうちに読んでおきたい、おすすめの本12選
出典 ぱくたそ

ビジネス書~教養~

知性のある男になるためには、今の経済や世界情勢のバックグラウンドを少しでも理解しておくべきではないでしょうか。

いわゆるビジネス書と呼ばれるものから、そのためのきっかけになりそうなものをピックアップしてみました!!

・稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方

【目指せ知的男子】大学生のうちに読んでおきたい、おすすめの本12選
出典 amazon

元マッキンゼーの世界的有名な経営コンサルタントである大前研一さんが、これからの社会を生きていくためのスキルの身に着け方・キャリアの歩み方などを説いている名著です。今の労働市場や経済事情なども分かり易くまとめられており、就活生にとっても参考になること間違いなしの1冊です。

・日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません

【目指せ知的男子】大学生のうちに読んでおきたい、おすすめの本12選
出典 amazon

金融市場の考え方を恋愛に当てはめた”恋愛工学”などのメルマガでも人気を誇る、外資金融出身の藤沢数希さんによる経済学入門書!まさに入門書という言葉がピッタリの1冊で、さっぱり経済がわからない人でも「そうだったのか!」といまの世界情勢がクリアに理解出来ること間違い無し。

・世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

【目指せ知的男子】大学生のうちに読んでおきたい、おすすめの本12選
出典 amazon

よく「これからの社会を生きていくためには、問題解決能力が大切だ!」と言ったことが叫ばれていますが、そんな問題解決能力って何?ということを非常にわかりやすくシンプルにまとめられている本です。思考力のトレーニングとして、就職活動中の学生にもオススメしたい一冊。

ビジネス書② ~対人関係&仕事~

次に日常的な対人関係や、仕事に対する姿勢や取組み方などが書かれた、いわゆる自己啓発と呼ばれる名著から、個人的にオススメな新作までをまとめてみました。

・人を動かす

【目指せ知的男子】大学生のうちに読んでおきたい、おすすめの本12選
出典 amazon

もはや説明不要!ないわゆるビジネス書&自己啓発の原点とも言うべき一冊。仕事をしていく上でかかせない「相手にどうやって自分の協力者になってもらうか。」という点で大切なことが説かれています。相手の立場に身を置くという姿勢は、日常生活における対人関係でも役立つこと請負です!

・道は開ける

【目指せ知的男子】大学生のうちに読んでおきたい、おすすめの本12選
出典 amazon

同じくカーネギー著の「人を動かす」とセットで読んでいただきたい1冊。本作は”悩み”に焦点を当てた自己啓発書で、悩みの正体を見極め、具体的にどうやって解決するかを説いた古典的名著です。普遍的なその内容は、悩み多き現代人にとっても光となること間違い無し!

・さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

【目指せ知的男子】大学生のうちに読んでおきたい、おすすめの本12選
出典 amazon

「自分の良いところって?自分の強みって何??」 誰もが一度は悩むそんな問いのヒントをくれる一冊です。ビジネスにおいて成果を出すために、自分がどのような資質や特性があるのかを見極めることが大切と本著は説いています。ストレングスファインダーという診断シートがついており、自分が持つ5つの資質が明らかになるので、試してみるのも楽しいですよ!

[Advertisement]

・原因と結果の法則

【目指せ知的男子】大学生のうちに読んでおきたい、おすすめの本12選
出典 amazon

あのデール・カーネギーが影響を受けたとさえ言われる、まさに元祖中の元祖である伝説の自己啓発書。本書で説かれているのは「現実がままならないのは環境のせいではない。人間の奥底にある支配的な思いによるものだ。」、「自分の環境はコントロールできないが、思いはコントロールすることができる。」という普遍的なメッセージ。何かと人のせいにしてしまうのが人間ですが、極限まで自分自身と向き合うことでこそ成功は掴めるのかもしれません。

・「ズバ抜けた結果」を出す人の行動習慣

【目指せ知的男子】大学生のうちに読んでおきたい、おすすめの本12選
出典 amazon

著者はサイバーエージェントで史上初の営業実績を連発後、リッチメディアというインターネット×美容・ヘルスケア分野で起業した坂本幸蔵氏。「成果を出せない人はいない、成果を出せないのは行動していないからだ。」、「周囲の目を気にして失敗を恐れるよりも、行動しないリスクに気づくべき。」という著者の熱いメッセージは、胸に突き刺さること間違い無し!行動こそが大切ということに気づかされます。

・憂鬱でなければ仕事じゃない

【目指せ知的男子】大学生のうちに読んでおきたい、おすすめの本12選
出典 amazon

幻冬舎の編集長である見城徹氏と、サイバーエージェント社長の藤田晋氏の2人による共著。挑発的なタイトルが目を引きますが、内容はご自身の経験から成功をおさめるために必要なことを説いたストイックな1冊。「手帳の予定に憂鬱なことが3つ以上ないと不安になる」という見城氏の一言に集約されているように、元来事を成すということは辛くてしんどいことだということを思い出させてくれ、励まされる名著。

ビジネス③ ~生き方~

人間である以上、「どう生きていくか」、「自分らしい生き方とは」という問いは永遠に逃れられない命題なのかもしれません。

例えば自分でない他の人の様々な生き方に触れることで、より考えが深まり、豊かな人生を生きるきっかけになるのではないでしょうか。

そんな本達をまとめてみました♪

・最後の授業

【目指せ知的男子】大学生のうちに読んでおきたい、おすすめの本12選
出典 amazon

膵臓がんで余命宣告を受けた、カーネギーメロン大学のランディ・パウシュ教授が”最後の授業”と銘打った講義内容をまとめた一冊。教壇に立って、教授が我が子へ、そして若者たちに伝えたかったメッセージとは?まさに人生をどう生きるかを考えさせられる感動の名著です。エッセンスのまとまった講義内容は、プレゼンテーションの参考にもなります。

・渋谷で働く社長の告白

【目指せ知的男子】大学生のうちに読んでおきたい、おすすめの本12選
出典 amazon

サイバーエージェント社長である藤田晋氏の自伝。「21世紀を代表する会社を創る」ただそれだけをビジョンに掲げ、起業から今のサイバーエージェントに至るまでがむしゃらに奮闘し続けてきた藤田氏の姿勢には、「自分もこのままでいいのだろうか?」と考えさせられます。一人佇む表紙の写真が全てを代弁するかのようで、圧倒的な孤独、先の見えない暗闇の中戦う起業家という職業の格好良さにしびれます。

・社会を変えるを仕事にする

【目指せ知的男子】大学生のうちに読んでおきたい、おすすめの本12選
出典 amazon

「急に熱を出した子供の看病のため、会社を休んだだけでクビになる。そんなのおかしい。」 社会問題に真っ向から挑んだ社会起業家のお話。NPO法人フローレンスを立ち上げ、やがては病児保育という新しいサービスを生み出し、事業拡大。「社会を変える」という一筋縄ではいかない一大ミッションに圧倒的な情熱と行動力で立ち向かう駒崎氏の姿勢には、励まされるものがあります。笑いあり、涙ありの感動作。

いかがでしたか?どれも本当にハッとさせられる1冊です。モテはもちろん、本を読み自分の考えを深めることは、きっとこの先無駄にはなりません!ぜひAmazonでポチってみては??

[Advertisement]