自覚無し?これを着てたら「ダサいオタク」認定されてるファッション

Boy.公式

自分はオタクじゃないのに、傍から観るとオタクみたいになってしまっているファッション。
読者の皆さんも、一般的にイメージされている「ザ・オタク」のファッションになっているかも??
今回はどういうファッションがオタクっぽく見えてしまうのかを紹介します。

サイズゆる過ぎ!洗濯しすぎ!よれよれファッション

サイズゆる過ぎ!洗濯しすぎ!よれよれファッション

読者の皆さんは、外出する時にヨレヨレの服を着ていませんか?
女性がダサいと思うファッションのトップ3には、男性のヨレヨレ服が入っています。
だらけている人、しっかりしていない人というイメージを抱かれるようです。
服はキレイな物を着ておくのが基本中の基本です。
Tシャツの襟は注意しておくべきで、ヨレヨレな1枚は印象がた落ちです。
襟は顔の輪郭の一部です。顔がフツメンであっても、輪郭の一部がふやけているとカッコ悪いです。
もちろん襟以外の部分にも気を付けておきましょう。お気に入りの服でも何回も洗濯してヨレヨレになった状態では、オーバーサイズでフィット感が無くなります。だらっとしたサイズは、だらけている・だらしない・しまりがないイメージを抱かれてしまいます。

これからゴルフですか!?おじさんファッション

これからゴルフですか!?おじさんファッション

年齢に関係なく若い人でもおじさんっぽいファッションだねと言われることはあります。どうやらおじさんくさいファッションにはテンプレートがあるようです。

・おじさんっぽいファッションアイテムとは?
ポロシャツやスラックス、ネルシャツやチノパンがオジサンっぽい定番のようです。
これらを着て、絶対にオジサンっぽくなるのかというと、そうではありません。
オシャレになれる定番アイテムでもあるので、問題は着こなしなのです。

・オジサンっぽいとは?
有名な芸能人やサッカー選手が、ポロシャツにチノパンの組み合わせでもカッコ悪くならない。
そもそも顔や体の見た目が良いのでカッコイイのでしょうか?決してそんなことではありません。
キーポイントは、見た目がスラッとしてスタイリッシュであるのかどうかなのです。
例えば、ゆったりしたトップスにボトムス。全体的にゆとりのあるファッションをイメージしてください。その服がポロシャツにスラックスだと・・・?オジサンっぽいでしょう。
ここでは、わざとゆったりしたファッションでオシャレをキメる上級編は無しです。

・サイジング=サイズ感が大切
オシャレなファッションではかなり大切なことです。
スマートなことがカッコイイとされる現代社会。服のサイズが体にフィットするようにコーデしましょう。

シルバーアクセと全身黒!半端なV系ファッション

シルバーアクセと全身黒!半端なV系ファッション

カッコイイバンドマンのファッションで自分をコーデしたみたけど全然女性にモテないし、なぜかドン引きされている?そういう経験をする男性もいるようです。
本物のバンドマンが言うには、そもそもV系のイケイケなファッションをするギタリストやボーカリスト自体あまりいないそうです。
V系ファッションのテンプレートとしては、じゃらじゃらしているウォレットチェーンにクロムハーツのアクセ。奇抜なTシャツにトンガリ靴。大手ウェブサイトの女性アンケート調査では、その4つがダサいファッションランキングのトップ10に入っています。根暗な人がファッションで無茶して中二感丸出しになってしまっているとのコメントもありますので注意しましょう。

もはやオタクの代名詞。ダサいオタクファッションから卒業したら人生変わる

ダサいオタク系ファッションで町中を歩いていると変な目線を集めてしまいます。
そういういことに意識しないで合コンや町コンに参加しても女子ウケが悪いです。せっかくのチャンスをみすみす逃しているのかもしれません。
ファッションで大切なことは、いつも自分を観てみること。それから他人に観てもらうことです。
これまで女性と縁遠い関係だった人も、オタク系ファッションからの脱出で人生が変わるかもしれません。
自分のファッションに自信を持てることで外に出て人とコミュニケーションをとってみたい。そんな積極性が沸いてくるものです。

タグ一覧へ