Boy.[ボーイ] | カッコイイが集まるメンズファッション

  1. Boy.[ボーイ]
  2. ファッション
  3. 【これ一つでおしゃれに!】雰囲気あるアウターのおすすめ

【これ一つでおしゃれに!】雰囲気あるアウターのおすすめ

  • 目次

おしゃれな人が持つ「雰囲気」

皆さんは普段何からファッションの情報を得ていますか?メンノンやメンズファッジなどのファッション雑誌か、それともwearやinstagramといったSNS?いろんな媒体がありますが、「なんでこの服ってこんなにおしゃれに見えるの?俺とは全然違う…」と思うこともあるでしょう。

それって高身長イケメンのモデルだから…

ハイブランドのものを着ているから…

なんて羨ましく思ってしまうこともあるのでは?

一人一人スタイルは違っても、おしゃれな人が共通して持っている「雰囲気」がありますよね。じゃあこの「雰囲気」ってどうすれば醸し出せるのでしょうか。

そこでBoy.が考えたのは主役のアウターを変えるのが手っ取り早くて良いじゃんってこと。

今回は一着でおしゃれに魅せる雰囲気あるアウターをおすすめのブランドやショップから紹介します。

手始めに、バリューでコスパ○なブランド

アウターって一番お金がかかるもの。おしゃれでお財布に優しい。わがままだけど大学生ならそんなブランドが理想。それを叶えるべくおすすめのブランドをピックアップしました!

・SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH

SENSE OF PLACEのイメージ画像

出典元 senseofplace.jp

世界のトレンドを気軽に楽しめるのがコンセプト。お手頃なプライスでベーシックなものから、トレンドに合わせたアイテムまでを揃えた「URBANRESEARCH」によるブランドショップです。アウターも1万前後からと、とにかくお手頃。

SENSE OF PLACEの服の画像

出典元 wear.jp

¥10692

ボリュームあるシルエットのこちらのガウン。落ち着いた雰囲気でこちらのコーデのようにモノトーンで組み合わせるとまとまって見えます。ワイドパンツとの相性も良い。

SENSE OF PLACEの服の画像

出典元 wear.jp

¥8532

ベロアでできたこちらのスカジャン。ベロアの光沢感がいい雰囲気を出しています。ベージュやカーキなどのアースカラーのパンツと合わせるのも良さそう。

・WHO’S WHO gallery

WHO'S WHO galleryのイメージ画像

出典元 zozo.jp

80sのアメリカンスタイルが特徴のブランド。EXCITING&RELAXをコンセプトに、機能的でありながらもモードなデザインのアイテムを揃えています。

WHO'S WHO galleryの服の画像

出典元 zozo.jp

¥15984

サイズによってシルエットやデザインが異なるこのチェスターコート。写真はLサイズを着用しています。ドロップショルダーでボタンやポケットが排除されたデザインとなっており、モードな雰囲気。

こちらのコーデ、コートのカラーは深みのあるブラウンでカラーレンズのサングラスとも相性が良い。コートを生かしモードな雰囲気にまとめています。

WHO'S WHO galleryの服の画像

出典元 zozo.jp

¥12744

トレンドのビッグシルエットに加え、袖にプリントが施されたデザインのMA-1。グレーのカラーも珍しい。黒スキニーと合わせてYシルエットを作ると良さそうです。

一歩進んで、おしゃれで雰囲気○なブランド

バリューなものをいくつか買って着まわすのもいいけど、一着にお金をかけて素材やデザインにこだわるとより雰囲気は出しやすくなります。学生でも手が届く価格帯でおすすめのブランドを紹介します。

・STUDIOUS

STUDUOUSのイメージ画像

出典元 zozo.jp

国内ブランドを多数セレクトしており、今勢いのあるセレクトショップです。セレクトしているアイテムの中には10万を超えるものもあり、学生には手を出し難い。しかし自社ブランドのオリジナルアイテムであれば、アウターで3万円前後と学生でも手が届く範囲となっています。他のセレクトショップとは異なるデザインのアイテムも多く、おしゃれな雰囲気を出しやすいのが魅力です。

STUDIOUSの服の画像

出典元 zozo.jp

¥29700

シンプルで洗練されたデザインのこのチェスターコート。素材にこだわり、綺麗なドレープ感と独特な光沢感が現れています。高級感溢れるこのコートを着るだけで雰囲気を出すことができそう。

チェスターコートのコーディネート画像

出典元 wear.jp

実際にこのチェスターコートを使ったコーデがこちら。スキニーパンツとと組み合わせ、綺麗なシルエットを作りレイヤードやスニーカーで程よくカジュアルにまとめています。

STUDIOUSの服の画像

出典元 zozo.jp

¥39960

[Advertisement]

NUMBER (N)INEとのコラボアイテムであるこのステンカラーコート。裏地にはNUMBER (N)INEのブランドアイコンである音符柄があしらわれていて、インパクト抜群の一品です。インナーにライダースを着てロックなテイストをプラスすると、柄がより引き立ちそう。

・UNITED TOKYO

UNITED TOKYOのイメージ画像

出典元 zozo.jp

2015年3月にSTUDIOUSからスタートした新ブランド。「Made in JAPAN」にこだわり、どのアイテムも日本のものづくりの技術が詰まったアイテムばかり。価格帯はアウターで3万円前後からと学生でも十分買える価格帯なので、かなりコスパがいいブランドです。

UNITED TOKYOの服の画像

出典元 zozo.jp

¥28080

ダブルタイプのこちらのチェスターコート、ポリエステル製でさらっとした風合いに仕上がっています。撥水機能も備えたこのコートは丈が長めに作られ、膝に掛かるほどの丈感でふわっとしたシルエットに仕上がっています。

チェスターコートのコーディネート画像

出典元 zozo.jp

実際にこのコートを使ったコーデがこちら。全体的に黒のアイテムでまとめ、差し色でインナーダウンに青を使っています。ローファーやレザートートで子供っぽくならずに、上品なコーデに仕上げています。

UNITED TOKYOの服の画像

出典元 zozo.jp

¥38880

バックプリントが目を引くこちらのスカジャンはUNITED TOKYOならではのデザインです。タイトなシルエットなのでトレンドのワイドパンツとの相性も抜群。

スカジャンのコーディネート画像

出典元 zozo.jp

実際にこのスカジャンを使ったコーデがこちら。薄い色合いのデニムやおおきめのスニーカーなどを組み合わせ、ストリートな雰囲気でうまくまとめています。

上級者へ、憧れの雰囲気◎なハイブランド

ファッション好きなら誰もが憧れるハイブランド。価格は一旦置いといて、デザインに目がいく雰囲気抜群のアウターを人気のハイブランドから紹介します。

・MACKINTOSH

MACKINTOSHのイメージ画像

出典元 zozo.jp

英国の伝統あるブランドのMACKINTOSHは、洗練されたシンプルなデザインが特徴。一生着られる本物の作りのアイテムばかりです。アウターの価格は10万円を超えますが、セカンドラインの「MACKINTOSH PHILOSOPHY」であれば10万円以内のものが多く、頑張れば学生でも買えるかもしれません。

MACKINTOSHの服の画像

出典元 zozo.jp

¥77760

MACKINTOSH PHILOSOPHYのダッフルコートです。発色の良いオレンジが目を引きます。一見着こなしが難しく見えますが、普段暗めの色を選びがちな人は冒険して買うのもありかもしれません。

・MR.GENTLEMAN

MR.GENTLEMANのイメージ画像

出典元 mrgentleman.jp

MR.GENTLEMANは2012年に始まった日本のブランド。ミニマルなデザインながらもカラーリングが特徴的で、ポップな印象のアイテムも多いです。価格帯はそれほど高いわけではなく、アウターは10万円以内のものがほとんどです。

¥91800

こちらのアウターはチェスターコートに生地が縫い付けられ、レイヤードしてるかのように見えます。一見奇抜でも色使いによってうまくコーデに馴染んでいます。

・UNDER COVER

UNDERCOVERのイメージ画像

出典元 zozo.jp

UNDER COVERはデザイナーである高橋盾氏が立ち上げたブランド。独特なカラーリングやプリントが特徴的で、モードやストリートな雰囲気のデザインのアイテムが多いです。価格帯は10万円前後となっています。

UNDERCOVERの服の画像

出典元 zozo.jp

¥77760

表と裏で色が異なるこちらのチェスターコート。袖や裾など切りっぱなしのように見えるのも特徴的です。エッジが効いたデザインで良い雰囲気です。

おしゃれなアウターで「雰囲気」を纏おう

アウターは冬の主役です。みなさんは主役にどれを選ぶでしょうか。人気のチェスターやMA-1を選ぶにしても、紹介してきたような個性派を選んでみると「雰囲気」を変えることができます。予算に合わせておしゃれなアウターを手に入れちゃいましょう。