MAISON KITSUNEの魅力とは。2017春夏ルックから紐解く。

Boy.公式

MAISON KITSUNEとは

   

出典元 shop.kitsune.fr

    2002年に日本人を加えてパリで設立されたブランド。 KITSUNEとして音楽レーベルやアートな分野での活動をしていた経歴もある特徴的なブランドで、現在では数多くの海外ブランドなどとコラボしていることが多く本来のディテールやシルエットを壊すことなくデザインし、着た時の美しさが人気の秘密。 ニュークラシックをテーマにしたスタイルが魅力的で、2013年から東京に新しいショップをオープンしたことから多くの人を惹きつけているブランド。    

MAISON KITSUNEの2017春夏ルック

        白やアイスブルーなど爽やかなカラーを使っているのが特徴的なスタイル。 不規則に入ったストライプ柄が目を引きます。 淡いカラーでコーデしているので、ベルトを濃い目のカラーにするのがポイントです。         近年、メンズの間で夏に流行しているショートパンツのスタイル。 ショートパンツが華やかな柄のタイプなのでアウターのジャケットやインナーのTシャツをシンプルなデザインにするのがポイント。         クラシック感の強い襟元が特徴的なジャケットと、足のラインが綺麗に見えるパンツのコーディネート。 鮮やかすぎないブルーは年齢を問わずに着こなせるカラーで、コーデのアクセントとしても使える便利なアイテム。         ネイビーが大人の雰囲気を感じさせてくれるセットアップコーデ。 ボーダーのインナーにもネイビーカラーを取り入れたことで統一感のあるコーデになっています。         スポーティーなジョガーパンツと、ポロシャツのコーディネート。 ジャージ素材のジャケットは、一見カジュアルに見えますが、デニムやチノパンなどと合わせてもしっくり合わせられる使いやすいアイテム。         サファリルックは近年女性の間でも人気のスタイル。 メンズのサファリルックは、カーキ色ではなく白を選ぶことでミリタリー感を強調しすぎることなく着こなせます。         MAISON KITSUNEの人気アイテムのTシャツを使ったコーディネート。 同じグレーを選ぶことでキレイ目になりますし、ジョガーパンツやスニーカーと合わせてカジュアルな雰囲気になります。         人気のTシャツと、ワークパンツのコーディネート。 爽やかなブルーに濃い目のカーキ色のジャケットを合わせたことで引き締まった雰囲気になっています。         派手めの小花柄のシャツにシンプルなセットアップを合わせたコーデ。 春夏にぴったりの小花柄はデニムに合わせてカジュアルダウンしたコーディネートにもぴったりです。         クラシックな雰囲気のジャケットは、少し短め丈でスッキリと着こなせる丈。 日本人が着てもバランスよく着ることができますし、どんなボトムスにも相性がいいアイテム。    

MAISON KITSUNEの魅力

        日本人デザイナーが関わっていることで、日本人の体型にも合う作りのアイテムが多いブランドです。 爽やかな色使いでも派手すぎないカラーなので年齢問わずに着ることができます。年齢層が若い方にはシンプルなアイテムとしてロゴ入りトートバッグやスウェットなどが人気で、どんなコーデにも取り入れやすく合わせやすいと評判のアイテムです。 年齢を重ねた人には、ジャケットやシャツなどが人気でキレイな色や合わせやすいカラーが人気でキレイ目にコーディネートできると評判のアイテムです。 パンツのラインもワイドすぎたりスキニーすぎるラインのデザインではなくスッキリ見えるキレイなシルエットが多くビジネスで取り入れる人も多く見られます。    

まとめ

    柄のアイテムは無地のアイテムに合わせることでバランスが取りやすいですし、ロゴモチーフのアイテムはカジュアルにジョガーパンツと合わせることでうまく着こなすことができます。 合わせやすいアイテムが多いのが魅力的なブランドですし、ビジネスでもプライベートでも使えるアイテムが多く見られます。 デートなどきちんとしたい雰囲気の時にもきこなせるアイテムも充実しているので持っていて損はないアイテムが豊富にあります。