JOHN SMEDLEYの魅力とは。2017年春夏ルックから紐解く。

Boy.公式

JOHN SMEDLEYとは

   
a31443-thumb-615xauto-952

出典元 johnsmedley.jp

    1784年にイタリアで設立され、現代でも世界的な人気を誇るニットブランド。最高の生地を使うことをモットーにしているため、確かな品質や触り心地の良さ、着やすさなど全てにおいてトップレベル。デザインはイタリアらしいシンプルさの中に、品のあるカラーやシルエットを取り入れることで、注目を集めています。今でも親族経営をしていることで有名で、熟練した職人による徹底した手作業により、ハイクォリティさを保つ秘訣にもなっています。    

JOHN SMEDLEYの2017年春夏ルック

        目を引く鮮やかなカラーのニットは、サイズ感が少しタイトめでキレイに着こなせると評判です。旬のアイテムであるワイドパンツを合わせることで流行を取り入れたコーデになります。         モノトーンのコーディネートがしやすいニット。インナーとしてもごわつくことなく着こなせるので春夏にぴったり。ニットの適度な厚みが人気のアイテム。    

出典元  wear.jp

    上からも下からも開けられるジッパーが人気のブルゾン。落ち着いたベージュカラーはビジネスでもOKのアイテム。少しタイトめなラインなので上にジャケットを着ても無理なく着こなせます。    

出典元 wear.jp

    鮮やかで春らしい長袖ニット。少し艶のあるデザインになっていてキレイめにも着こなせます。カジュアルなスニーカーにも合わせられる使いやすいアイテム。    

出典元 wear.jp

    モードな雰囲気の着こなしになるバイカラーのジャケットにパンツを合わせたスタイル。モノトーンのコーデの中に着ても違和感なく着こなせるブラックニットは、着る人を男前にしてくれるアイテム。    

出典元 wear.jp

    鮮やかなブルーのニットにデニムジャケットを合わせたスタイル。ミリタリーカラーのパンツとキレイ色のニットを合わせただけでも春っぽさを感じますね。    

出典元 wear.jp

    デニムとニットの定番スタイルですが、ニットのシルエットがキレイなのでビジネスでも使えます。キレイめなシルエットが魅力的でレザーのシューズが良く似合っています。    

出典元 wear.jp

    クラッシックなジャケットやキレイなシルエットのパンツにも合わせやすいタイトなニットカーディガン。ボタンで開け閉めを調整できるのでインナーのシャツを程よく見せて着たい一着。    

出典元 wear.jp

    トレンチコートのインナーに、春らしいニットポロを取り入れたコーディネート。レザーシューズを合わせ、イタリアの紳士のように遊び心を取り入れたスタイル。    

出典元 wear.jp

    控えめなカラーとミニマムなスタイリングに、首元がキレイに見えるVネックニットや、可愛くなりすぎないニットキャップがアクセントになっています。靴とコートの色を合わせて統一感を出すのが◎。    

JOHN SMEDLEYの魅力

        素材にこだわり、職人の手作業にこだわったJOHN SMEDLEY。カラーも派手すぎず、鮮やかなカラーのニットアイテムはコーディネートのアクセントになります。肌触りがよく、着心地がいいので1枚で着てもキレイに着こなせますし、厚いニットではないのでインナーとして重ね着をしてもごわつくことなく着こなすことができます。ニットキャップなどの小物も充実していて、可愛くなりすぎずコーディネートできるのが魅力的です。選ぶ際は、少しタイトめなサイズ感なので、1サイズ大きめを選んでもキレイに着こなせます。試着をするなどして、ウエスト周りはもちろん、着丈やそで丈などのサイズをきちんと確認して購入するようにしましょう。    

まとめ

    JOHN SMEDLEYはイタリアの紳士がよく着ているような、キレイめなアイテムが充実しています。カラーも、アクセントになる鮮やかなニットからビジネスでも使えるモノトーンのニットまで幅広くあって、コーディネートに取り入れやすいアイテムもあります。ニットセーターだけでなくジッパー付きのカーディガンやVネックのニットもあるのでジャケットのインナーにアクセントとして取り入れることでおしゃれなスタイルが完成します。