【夏はアクセで差を】ユニセックスのアクセサリーブランドをご紹介。

fashion | 2017.6.9

ついに夏が来た。

 

「最近暑くなってきたしコーディネートも単調になりがち…」「冬に比べて服装がシンプルになっちゃうんだよなあ…」

なんて悩んでるそこの男の子たち! …ダメンズです。重ね着ができないからって、冬と比べておしゃれになりづらいなんて甘えてないですか?

「甘えてなんかないわ! 実際Tシャツ1枚でどうやっておしゃれに見せりゃいいんだよ!」そんなこと、思ったりしてませんか?

たしかにTシャツ1枚でおしゃれに見せるのって、冬に比べてごまかしも効かないし言いたいことはわかります、ハイ。

でも夏って、暑いから肌の露出も当然増えますよね? そんな夏だからこそ、おしゃれを格上げしてくれるのはずばり、”アクセサリー”。

でもいざ「アクセサリーが欲しい!」ってなっても次にでてくるあるあるな悩みってありませんか?

 

「どこのアクセサリーを買ったらいいのかわからない、、」「かっこいいアクセサリーって高い、、」

そうなんです。アクセサリーって良いものは結構お値段しちゃいますよね。そこで今回は”安い、かつ、おしゃれ”なユニセックスのアクセサリーブランドを紹介しちゃいます。

 

でもなんでユニセックス?

こう思った方もいるのでは?

ユニセックスで使えるブランドのアクセサリーはメンズのものに比べて無骨さのない洗練されたアイテムが多いんです。

なおかつ、デザインもメンズに比べて多彩で非常におしゃれ。ユニセックスなだけあって女子ウケも良い。

そう、まさにいま狙うならユニセックスなんです。ではでは、早速おすすめのブランドを3つ紹介します。

 

1.JUSTINE CLENQUET

「JUSTINE CLENQUET」は2010年にフランスのパリで立ち上げられ、ヴィンテージ・ロックをコンセプトにしたブランドです。

パリにあるアトリエで1点1点ハンドメイドというこだわりを持って作られており、エレガントなデザインが特徴。

LADY GAGAも着用し、日本でも徐々に取り扱いが増えてきており、いま非常に注目が集まってきているブランドです。

 

Regram @cactoshop #justineclenquet

Justine Clenquetさん(@j_clqt)がシェアした投稿 –

 

こちらのピアスは、他人と被りたくない!という人にはうってつけなデザイン性の高いピアス。

シンプルなフープピアスはもう飽きた!なんて方にはぜひおすすめしたいです。

大きめなので耳元の存在感も抜群。耳元に存在感のあるピアスを持ってくると、一気に雰囲気がでますよ。

 

Regram @pativaquerizo #justineclenquet #jewelry #bracelet

Justine Clenquetさん(@j_clqt)がシェアした投稿 –

 

こちらのブレスレットを着用しているのは女性ですが、男性がつけても全く違和感がないデザインですよね。

リングがあしらわれていて目を引きますが、いやらしさがなくクリーンな印象をうけます。

 

Not only for girls 🇯🇵💥#justineclenquetboys

Justine Clenquetさん(@j_clqt)がシェアした投稿 –

 

こちらは大小サイズの異なるフープが二連に連なったタイプのピアス。

着けているのもショートマッシュヘアの男性ということもあって、イメージがしやすいのではないでしょうか?

 

こういったメンズにはないデザインがあるところも、ユニセックスブランドの強みです。

 

JUSTINE CLENQUETは国内だと「Journal Standard」、「OPENING CEREMONY」、「VIA BUS STOP」などの有名セレクトショップでも取り扱っています。

 

公式SHOPはこちら
公式Instagramはこちら

2.cycs

出典元 cycs.thebase.in

「cycs」のデザイナー橋本氏は「雨のパレード」というアートロックバンドにも所属している異色の人物で、生化学をテーマに掲げています。

またそのアクセサリーそのものにも1つ1つ名前がついており、「増殖」「凝固」「順応」「分化」など個性的な名前がつけられているのも特徴の1つ。

 

 

こちらは「流動」という名前のついたバングル。

一見普通のバングルにも見えますが、「流動」という名前のとおり形に動きがあり、波のようにいびつな形になっているのがつけてみるとわかります。

 

 

こちらは「同化」と名のついたリング。
インパクトがあって目立ってくれること間違いなしですね。

 

シンプルなリングとの重ね付けをしてもバランスが取れていいかもしれません。

 

 

 

こちらは「ocyt」という名前のリング。
表皮形成をイメージソースにしており、リングの表面にマット加工を施したシックなデザイン。

 

リングそのものの分厚さもありますが、光沢をマット加工によって抑えられているので、主張しすぎなわけではない絶妙なバランスがいいですよね。

1つ1つに名前がついており、アクセサリーそのものにそれぞれ違った思いが込められているところも知ったりすると、より愛着がわきそう!

 

公式SHOPはこちら
公式Instagramはこちら

 

3.RUIEN

 

 

最後に紹介するのは、いまインスタグラマーにも人気で注目のブランド「RUIEN」。

こちらのブランドはデザインの良さはもちろんのこと、価格帯が最もリーズナブル。

 

公式サイトを見ていただけるとわかりますが、バリエーションも豊富。きっと自分好みのものがきっと見つかるはずです。
なんとそのラインナップは1000円台から20000円弱までと幅広く、最も多い価格帯は2000円〜4000円台。
リングは4つセットでもそれくらいの価格なので財布への優しさも◎。

 

 

 

こちらはシンプルな4連リング。シルバーがとても上品な印象ですよね。

 

 

 

こちらは牛革を使用した上質なレザーバングル。この価格で本革のブレスレットを探すのはなかなか難しいのでは?
黒ということもあって、スタイリングを引き締めてくれてモードな印象もプラスできます。

 

 

 

こちらはブラックシルバーのリングでくすみがかった色味が渋さがあります。
ちょっと男らしさのあるアイテムが欲しい人におすすめです。

公式SHOPはこちら
公式Instagramはこちら

アクセサリーでおしゃれを格上げ!

いかがでしたか?
高いお金を出さなくてもいいアクセサリー、かっこいいアクセサリーは沢山あります。
「新しくアクセサリーを探してるけど見つからない…」
そんな方はぜひ試してみてはいかがですか?