【今夏はポロシャツを謳歌しよう!】着こなしとブランドを紹介

Rayme

この夏はポロシャツスタイルで。

出典元 www.fredperry.jp どのスタイルにも合わせることができるポロシャツは着こなしの面白さ、可能性を広げることができます。最近ではポロシャツの再ブームが徐々にきているので、さらっと一枚でも、またはレイヤードにも様々に対応できます。 自分のシルエットに合わせた着丈を考え、落ち感を求めたゆるさなど個性を出しながら、この夏はポロシャツを謳歌しましょう。  

おすすめのポロシャツ6選

GROUND Y × FRED PERRY

出典元 www.fredperry.jp

GROUND Y × FRED PERRY

POLO-Shirts

¥32,400(税込)

コンセプトにシンクロする多面的な要素を取り入れながらジェンダーレス、エイジレスなスタイルで新しい世界観を提案する『GroundY(グラウンド ワイ)』が持つ既成概念にとらわれない『yohjiyamamoto(ヨウジヤマモト)』の物作りのDNA、そして『FRED PERRY(フレッドペリー)』が有する伝統とユニークなバックグラウンドが融合したポロシャツです。 バックプリントには花柄の刺繍が入っており、インパクトのあるアイテムとなっています。yohjiyamamotoのモードな雰囲気を残しつつ、今年流行りの暖色系のカラーと刺繍でシックな印象を与えるおすすめのアイテムです。  

juha(ユハ)

出典元 www.letter-jp.com   RAGLAN POLO/ navy ¥16,200(税込) フロントジップがポイントの『juha(ユハ)』のネイビーのポロシャツ。素材はコットンながら、ポリエステルの光沢感を持ち大人っぽく上品な印象を与えます。2017S/Sのコレクションであり、風通しも良く涼しく着ることができます。レイヤードとしてネイビーのロンTとワントーンで仕上げるなどすれば、モード×ストリート風に着られることもおすすめです。

GOWN&FOUNDATION(ガウン&ファンデーション)

出典元 auggie-net.com   POLO-Shirts ¥23,760(税込) 素朴で風合いの良い生地感は太番手の糸で織られていて、鬼鹿の子をつかって表現されています。「鬼鹿の子」とはヴィンテージの編機で時間をかけて編まれているざっくりとした網地素材のことをいいます。フィット感を継続し、手編みのようなテクチャーはおしゃれ男子ならそそられますね。ほどよいビックシルエットが好きな方にもおすすめの一着です。  

JOHN LAWRENCE SULLIVAN

出典元 auggie-net.com jorn rawrence sullivan(ジョンローレンスサリバン) POLO-Shirts ¥19,400(税込) コットン素材を使用したフロントジッブのポロシャツになります。スポーティーな印象ですが、モードにもカジュアルにも万能に着こなすことができるアイテムです。襟や裾、袖など所々にホワイトのラインが入っていてチャーミングなアクセントにもなっています。

ESSAY(エッセイ)

出典元 mulpix.com   Boder POLO-Shirts ¥20,520(税込) 80年代のレトロ感が満載に出る『ESSAY(エッセイ)』のボーダーポロシャツはFUDGE風なメンズの表現を可能にします。胸元にはワンポイントとして「チェ・ゲバラ」というメッセージプリントを配置していて、素材はコットン100%で着心地は抜群です。他にはない一着としてインパクトの強いアイテムとなっています。  

N.HOLLYWOOD Compile Line

出典元 auggie-net.com POLO-Shirts ¥20,520(税込) 襟元の色味を若干変えたカラーリングがチャーミングな『N.HOLLYWOOD(エヌハリウッド)』のコンパイルラインのポロシャツ。素材はポリエステルを含めていて光沢感を演出。上品な一着でありながらも、通気性もよくフォーマルな雰囲気がポイントとなっています。どんなパンツにも合わせやすく、この夏の出番は間違いないでしょう。  

【着こなし】ポロシャツの万能スタイル

BIG POLO-Shirts × Wide Slacks

出典元 wear.jp ビッグサイズのポロシャツにワイドのスラックスを合わせたスタイル。カジュアルな落ち感と締まりのある落ち着いた色の組み合わせがシックさを際立たせます。タッグインをしてさらにトレンド風に仕上げるところもポイントですね。  

Color POLO × Jeans

出典元 wear.jp このコーデは色づかいがポイントとなっています。今季トレンドの暖色系のカラー感を全身で表現しているところが季節感も出しています。また、インナーにロングTシャツを使えばストリート風にもアレンジ可能です。ベルトも赤を使い、客観的に色遣いの上手な人だなという印象を残せます。マクドナルドっぽいですね(笑)。  

High Neck × POLO

こちらは春のコーデですが、注目したいのは「首元」。白のハイネックにポロシャツのジップでおしゃれへの気づかいが感じられます。ポロシャツのボタンやジップを開いて、首元にアクセントを持たせてみてはいかがでしょう。  

Jacket × POLO

出典元 wear.jp FRED PERRYのポロシャツにボンバージャケットを羽織ったコーデ。ポロシャツの襟をあえて出すことでインナーのポロシャツの存在感が出てきます。このように襟のデザインがチャーミングなこポロシャツを使用するのがおすすめです。  

Open Shirts × POLO

出典元 wear.jp オープンカラーとポロシャツをレイヤードしたコーデ。オープンカラーシャツは一番下だけとめてタックインするトレンド風な着こなしにポイントです。ボトムスもネイビーのデニムスラックスでまとめて、リラックスした雰囲気をもたせ、きれいめで上品なコーデは女子ウケも良さそうですね。  

八分袖T−Shirts × Big POLO

出典元 wear.jp インナーに八部袖の白Tを用いて、ポロシャツとレイヤードされたコーデ。カジュアルな緩さと白のポイントが爽やかに表現されています。ワイドスラックスにコンバースでストリート好きや古着好きにはおすすめの組み合わせ方です。  

自分なりの一着を。

出典元 www.fredperry.jp いかがだったでしょうか。ポロシャツにもビッグ系やタイト系など様々にあります。自分のファッションスタイルに合わせた着丈や肩の落ち感などに気をつけて自分なりの一着を買いに行ってみてはどうでしょう。今夏はブランドとコラボされたアイテムが多数出てきています。 安価だけにこだわらず、素材感やデザインなど一目惚れしたアイテムを自分の手にしてみましょう。