【攻略】暑い夏でも全身『オールブラック』を着こなす方法。

ダイチ

夏がやってきた…

  夏も本格的に始まろうとしている今日この頃… 30度を超える日も目立ってきましたね。   そんな暑い日に全身オールブラックなんて…と思うかもしれませんが、 真夏でもちょっと工夫すれば簡単に誰でもオールブラックを取り入れることができちゃうんです!   やっぱり黒って全身のイメージも引き締まるし、決まると雰囲気が出てとてもカッコいいですよね。 今回はそんな夏でもイケる『オールブラック』の取り入れ方を紹介しちゃいます!  

その1:素材感にこだわる。

 

TOPS: SHORT SLEEVE PRINT TEE BOTTOMS: PVC CORTING PANTS BRACELET: INDIAN SILVER KEYHOLDER: #JeanPaulGAULTIER #sullentokyo

sullen_tokyoさん(@sullen_tokyo)がシェアした投稿 –

    こちらはレザーパンツを取り入れたコーディネート。またベルトループにつけたキーリング、重ね付けしたブレスレットは どちらもシルバー。うまく黒を中和させています。 夏はこうしたパンクな要素を少し取り入れてみるのも面白いかもしれません。    

tops: #prada nylon blouson bottoms: #jeanpaulgaultier pants #sullen #sullentokyo

sullen_tokyoさん(@sullen_tokyo)がシェアした投稿 –

    こちらはナイロンのトップスを取り入れたコーディネート。 ナイロンはオールブラックをするならとてもおすすめしたい素材の一つです。 ナイロンは光沢があって涼しげな印象を与えることができます。 また実際に着てみてもサラサラして気持ちいいので着心地も抜群です!    

mustang! 👓

Junyoungさん(@yanggeng88)がシェアした投稿 –

    こちらはアディダスのトラックパンツを取り入れたストリートテイストなコーディネート。 最近、トラックパンツはストリートでもよく見かけるようになりましたよね。   アディダスなどのスポーツブランド以外にコレクションブランドもこぞってトラックパンツを出すなど、 現在トラックパンツはとても注目の集まっているアイテムです。 やはりこのパンツもナイロン製なので光沢感があります。 「いかに涼しげな印象を与えるか」というのは夏にオールブラックをする上でとても重要なポイントです。    

その2:ノースリーブトップスを着こなせ。

 

I had a good time. 夏の計画が楽しみすぎる…‼︎‼︎ #diorhomme #christiandior #krisvanassche #ladmusician #fashion #ootd

KentaroTanakaさん(@ken_taro_tanaka)がシェアした投稿 –

    ノースリーブは肌の見える範囲が一気に広くなるので、オールブラックをしても暑苦しくはなりません。 こちらのようなジャストフィットなサイズ感のノースリーブは、体の線が細めの人におすすめ。 ボトムスもタイトなスラックスを持ってくることで、一気にモードな印象を出せています。    

#ladmusician#tokyo#shibuya#2016ss

@ladmusicianがシェアした投稿 –

    こちらは首もとに少しボリュームを持たせたタイプのノースリーブ。 若干肩の上部が大きめに取られているので、ノースリーブではありながらも肩が完全に見えるわけではないので 取り入れやすさがあります。   また、ノースリーブを着る際に気をつけておきたいのが「ワキ毛」。処理もお忘れなく!    

その3:総柄を取り入れる。

 

アレッ!👻 #wackomaria #outfit #tokyo

mishimataikiさん(@mishimataiki)がシェアした投稿 –

  オールブラックを手っ取り早く取り入れたい人におすすめなのが、総柄のアイテムを使うこと。 総柄アイテムの良いところは、無地のアイテムに比べ相手に「えっ、黒っっ!」といった印象を与えないこと。 それは見る人の視覚情報として、まず「柄」が飛び込んでくるから。   こちらのシャツも柄に存在感があるので、まず最初に柄が目に飛び込んできますよね。 黒が基調ながらも、暑苦しくなりすぎない、総柄シャツの取り入れ方の良い例です。    

めっちゃ柄パン推し #ladmusician #17ss #盛夏 #ootd

KentaroTanakaさん(@ken_taro_tanaka)がシェアした投稿 –

    こちらは、パンツで総柄を取り入れた例。写真では分かりにくいですがこちらは小花柄で、夏感のある柄なのが◎ パンツの柄が遊んでいても、トップス、シューズが黒なのでうまくまとまります。   夏は冬になかなかできないような「ちょっと攻めたスタイリング、攻めたアイテム」を取り入れやすい季節。 一気にオシャレの幅も広がりますよ。    

その4:足首見せorサンダルで涼感を表現。

 

#ladmusician#tokyo#shinjuku

@ladmusicianがシェアした投稿 –

    サンダルは夏感を簡単に表現できる便利アイテム。このように黒のTシャツ×スラックスといった格好でもサンダルを 合わせるだけで一気に夏感が出ます。   足元って面積的には狭いんですが実は大きくコーディネート全体のイメージを左右するポイントでもあるんです。 「お洒落は足元から」という言葉、よく聞くかもしれませんが、実際本当にそうなんです。    

까무잡잡 💪🏿

Junyoungさん(@yanggeng88)がシェアした投稿 –

    こちらのコーディネートもアンクルパンツ×サンダルの組み合わせで涼しさがありますよね。 ポロシャツは上のボタン全て閉めていますが肌見せのバランスによって「堅苦しい」、「暑苦しい」といったイメージを 払拭できています。    

사진정리하다 잘나온거같아서✌🏻️#재탕 #데일리룩 #데일리 #outfit #ootd #dailylook #울산

마이앤 바이さん(@myn880818)がシェアした投稿 –

    こちらはフルレングスのスキニーパンツ×サンダルの組み合わせ。 上記2つのコーディネートはアンクルパンツでしたが、こちらはフルレングス。 必ずしもアンクルパンツである必要ではないんです。サンダルだけでも十分軽やかさが伝わってきますよね。    

この夏は黒でバチバチにキメよう。

  いかがでしたでしょうか。夏って「暑苦しい」といったことから黒、ましてやオールブラックなんて敬遠してきた人も多いのではないでしょうか? 筆者の私も季節問わず黒を着ていたい人なのでもっと皆さんに「夏でもオールブラックはイケるんだぞ」、ということを伝えたくてこの記事を書きました。今まで挑戦していなかった人も、もうしているといった人にも参考になれば幸いです。   自分の好きなスタイルを見つけてこの夏はオールブラックでキメてみては?