巨根は何センチから?女性が巨根をどう思っているかも徹底調査!

boy-menber-03
< Boy.からのお知らせ >

なんとこの度、Boy.はYouTubeを始めました!

記事でも紹介してます!

YouTube記事一覧

ぜひYouTubeも見てください!

YouTubeチャンネル

「もしかして巨根なのかもしれない」と思っている男性も意外と多いのではないでしょうか。

男性であれば、1度は巨根に憧れを抱いたことありますよね。

ちんこは男性のシンボルでもありますし、周りの男性よりも大きければそれだけ自信にも繋がります。

しかし、普通の男性が思っているよりも、巨根だからといって女性を満足させられるわけではありません。

「女性をセックスで気持ちよくさせるためにちんこの大きさは大事じゃないの?」と思う男性は多い。

しかし、女性は誰しもが巨根を求めているわけではないということです。

女性は巨根の男性に対して一体どんな感情を抱いているのか、意見や本音が気になる男性もいるのではないでしょうか。

そこで、何センチから巨根なのか、女性の本音について詳しく紹介します。

この記事でわかること:

・巨根は何センチからなのかについて。

・意外と知られていない巨根の男性の悩み。

・巨根の男性に対する女性の本音。

巨根は何センチから?

巨根

まず巨根の意味について調べてみると、「とくに大きな男性器」のことを指していました。

しかし、とくに「何センチから巨根だ」という具体的な数値はありません。

どれくらい大きければ巨根なのか、いまいちはっきりとはしていなく、自分が巨根なのか知りたい男性もいるでしょう。

ここでは、日本人の平均的なサイズや巨根の基準について詳しく解説します。

日本人の平均サイズは?

TENGAが提供している『TENGA FITTING』によると、日本人男性のちんこの平均サイズは、以下の通りでした。

長さ:13.56センチ
亀頭の直径:3.53センチ
竿の直径:3.19センチ

ここで注目してほしいのが、ちんこのサイズは決して長さだけで判断してはいないということです。

ちんこの大きさを長さだけで判断していた男性も多いでしょう。

日本人の平均サイズを見ても分かる通り、長さだけでなく亀頭の直径や竿の直径なども含まれています。

ということは、長さ+太さも大事だということです。

たとえちんこの長さが平均より上回っていても、太さが平均よりも低ければ、巨根ではないということになります。

巨根の基準は人それぞれ

「巨根は何センチから」と数値が決められているわけでも、正確に定められているわけでもありません。

そのため、巨根の基準は人それぞれ変わってくるということ。

例えば、ある男性のちんこを見たとき、「普通サイズかな」と思う方もいれば、「えっ…大きすぎる」と思う方もいるということです。

そこで、1つの例としてさまざまな男性と関係を持ってきた元ソープ嬢の女性が考える、巨根の基準について調査しました。

その結果は以下の通り。

ちんこの長さ:

小さい:10〜12センチ
普通:13〜14センチ
巨根:15〜16センチ

ちんこの太さ:

小さい:3センチ
普通:4センチ
巨根:5センチ

人それぞれ感じ方は違うものの、少なくとも15センチ以上の長さと5センチ以上の太さがあれば、巨根であると認識しても良いでしょう。

そのほかにも、ちんこを挿入されたときにすごい圧迫感を感じたり、フェラチオが普通よりも大変だったりすると巨根だという声も。

このように、女性によっても巨根の基準は変わってくるということでしょう。

巨根である男性の悩みは?

巨根

巨根であれば、女性をセックスで満足させられると思っている男性は多いです。

しかし、巨根の男性には普通の男性にはわからない悩みも多く抱えていました。

ここでは、巨根の男性がどんな悩みを抱えているのか解説します。

巨根の男性の悩み1.女性に恐怖心を与えてしまう

巨根の男性は女性や彼女と始めてセックスをするときに驚かれることが多く、ちんこのサイズを見て相手に恐怖心を与えてしまうことも。

よくAVで女優さんを見ていると、「ちんこ大きいの好き〜」「気持ちいい」と興奮している姿を目にします。

しかし、実際はちんこの大きさで興奮するのは少数派。

女性からすれば、「こんなに大きいの入るのかな?」と不安な気持ちになります。

不安な気持ちがあれば、それだけ濡れにくくなってしまうことも。

そんな女性の姿を見ていると、男性も申し訳ない気持ちになる方も多いようです。

そのほかにも、いざ挿入をしたときに「痛い」と言われたり、フェラチオをされたときに「辛い」と言われたりすることも。

男性は女性に気持ちよくなってほしいと思いますが、痛いや辛いと言われたらがっかりして、セックス中でも冷めてしまう方も少なくないようです。

巨根の男性の悩み2.激しく突くようなバックはできない

バックは女性を犯している感じがして好きだと感じる男性も多いです。

しかし、巨根の男性は激しく突くようなバックができません。

なぜバックができないのかというと、一般的に女性の膣内の深さは8〜15センチだと言われています。

しかし、巨根の男性は15センチ以上とも言われており、膣内にちんこの根本まで入れることはできません。

そんな巨根に挿入されたら、女性も感じる前に激しい痛みを感じてしまいます。

バックは膣深くまで挿入できるという気持ちよさもありますが、巨根だと激しく突くことが難しいので、女性の様子を伺いながら動かなければあけません。

巨根の男性の悩み3.サイズの合うコンドームがない

ラブホテルやコンビニ、ドラッグストアにあるコンドームは、基本的にMサイズです。

しかし、巨根の男性はMサイズのコンドームだときつくて付けられません。

きついコンドームを無理やり付けるのは、ゴムが破れやすくなったりキツくて痛くなったりするなど、デメリットの方が多いです。

そんな中でセックスしても集団できず、結果的に早漏や遅漏になりやすくなる可能性も。

さらに、Lサイズのコンドームもなかなかドラッグストアやコンビニには売っていなく、ネットで購入するなど手間がかかってしまいます。

そのため、突然セックスする流れになったときにサイズの合うコンドームを入手できず、挿入できなかったというパターンもあります。

どんなときでも対応できるようにするには、常にLサイズやLLサイズのコンドームを持ち歩いておくと良いでしょう。

巨根は何センチから?女性の意見と本音を紹介!

巨根

巨根の男性が意外と知られていない多くの悩みを抱えていることがわかりました。

男性の多くは、巨根であればセックスで女性を気持ちよくさせられると考えています。

しかし、女性は巨根の男性に対してどんな思いを抱いているのでしょうか。

ここでは、巨根に対する女性の意見を紹介します。

巨根に対する女性の意見1.挿入されると痛い

巨根の男性に挿入されて「痛い」と感じる女性は非常に多いです。

巨根の男性も女性に痛いと言われるのを嫌がりますが、女性からしても痛い思いはしたくないでしょう。

たとえ前戯をしてたっぷり濡れていたとしても、挿入するときはどうしても痛みを感じてしまう女性もいます。

そのほかにも、ちんこの形によって痛みを感じる女性もいるようです。

例えば、ちんこの長さや竿の直径は普通だけど、亀頭だけが太くて大きいなど。

形が少し異質な男性は意外と多いようで、ソープで働く女性の中には、形が異質なちんこをたくさん目にしたことがある方もいるようです。

そのため、たとえサイズが普通だったとしても、ちんこの先が太いと痛みを感じてしまうのかもしれません。

ということは、たとえ巨根だったとしても先がそこまで大きくなければ、女性が痛みを感じないという可能性はあるということでしょう。

巨根に対する女性の意見2.フェラチオをしたくない

いざフェラチオをしようとして巨根だった場合、「これ絶対疲れるし辛いな」と感じる女性も多いです。

フェラチオはちんこのサイズが普通だったとしても、相当顎が疲れますし舌を動かせば舌の根本が痛くなることもあり、大変な思いをしています。

そのため、巨根となればそれ以上に疲れますし、巨根をフェラチオしたくないという女性がいてもおかしくありません。

男性が思っている以上に、女性は大変な思いをしながらフェラチオをしているということです。

また、ちんこが大きいと口を動かすのが難しく、歯が当たりやすくなってしまうことも。

歯があれば男性も痛みを感じてしまいますし、女性も申し訳ないと思って余計にフェラチオをしたくなくなってしまう方もいるようです。

巨根に対する女性の意見3.巨根ということを自慢しているのが嫌い

多くの女性が思っている本音が、「巨根だからといってやたら自慢している男性が嫌い」ということです。

巨根の男性は自分のちんこの大きさを自慢したがる傾向があります。

中には、風俗やソープで「ちんこ大きいですね」という言葉を真に受ける方も。

しかし、巨根だからセックスが上手いというわけでは決してありません。

むしろただデカいだけのちんこでは、女性は気持ちよさなどを感じず、痛みや辛さしか感じないでしょう。

ただデカいだけのちんこでは、女性を満足させることはできないということ。

ちなみに、女性の中にはちんこの大きさよりも硬さを求めている方が多いようです。

いくら巨根だとしても硬さがなければ感じませんし、ちんこが小さかったとしても硬さがあれば感じてくれます。

女性にとって巨根は、そこまで大きな魅力を感じていないということでしょう。

まとめ

巨根は基準が定まっているわけではありませんが、平均サイズより一回り大きいくらいであれば、巨根と呼んでも良いでしょう。

また、長さだけで判断するのではなく、亀頭や竿の太さも含めて考えるようにしてください。

しかし、男性が思っているほど女性は巨根に魅力を感じているわけではありません。

巨根の男性が女性に恐怖心を与えてしまうという悩みを抱えているのと同じように、女性も巨根に対して痛い・辛いといった感情を抱いています。

セックスで女性を気持ちよくさせるためには、サイズが大きれば良いというわけではないことを、理解してください。

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ