青姦のおすすめスポットを8つ紹介!するときの注意点と必要な物も解説!

boy-menber-03

多くの方は普段自宅やラブホテルでセックスをしているかと思います。

しかしながら毎日同じ場所でするとマンネリ化していまうことも。

「いつセックスしても同じ雰囲気で飽きた……」

「もうちょっと刺激が欲しい……」

そう思ったことはありませんか?

マンネリ化解消の方法として、普段と場所を変えてみるのも有効な手段です。

いつもと違うラブホテルへ行ってみるのもいいですが、ちょっと勇気を出して青姦はいかがでしょうか?

「青姦」と言っても人に見られたくないし、相手が嫌がるかもしれない……など。

興味はあっても実際にやるのには不安があるという方が多いことでしょう。

この記事では青姦に興味がある方に青姦のオススメスポット・青姦をする際の注意点などを紹介しています。

初めての青姦もこれを読んで安心してチャレンジして下さいね。

 

青姦はおすすめ!そもそも青姦って何?

青姦 説明

まずは、青姦とは何のことなのか説明していきます。

青姦と聞いても、詳しくは知らなかったり周りに実際にやったことがある人がいなかったりと、あまり身近なものではありません。

なので、ここで青姦について把握しておきましょう。

青姦とは外でセックスをすること!

青姦は「青」という字が指す通り青空の下、屋外で性行為を行うことを指します。

青姦の魅力としてはまず屋外ならではの解放感が上げられます。

風を感じることができたり、草の感触を感じたりと五感が刺激されて普段よりも体が敏感になります。

さらには誰に見られるか分からないドキドキ感が常にあるため、いつも以上に興奮度はMAX。

青姦は解放感とドキドキ感で刺激的な気持ちの良いセックスをすることができるのです。

青姦のおすすめスポット!おすすめスポットを8つ紹介!

いざ青姦をしよう!と思っても屋外であれば何処でもいいわけではありません。

場所によって環境も変わりますし、自分たちに会った場所をセレクトすることは気持ちよいセックスのために必須です。

青姦のオススメスポットとそれぞれの場所の魅力について個々に見ていきましょう。

<青姦オススメスポット>

①公園

②公衆トイレ

③海の近く

④自宅の庭

⑤ベランダやバルコニー

⑥客室露天風呂

⑦カラオケ

⑧車

青姦のおすすめスポット①:公園

青姦の定番スポットとして真っ先に思い浮かぶのは公園。

遊具の影や草むらなど死角が多く、森林公園では樹木の影に隠れてセックスを行いやすいです。

青姦の有名スポットとして紹介されている公園もありますが、利用する際は注意してください。

有名スポットでは、青姦の覗き見や盗撮目当てで来ている不審者が徘徊していることがあります。

大きな公園に行くよりも地元のあまり名の知られていない小さな公園に行くことがおすすめです。

【公園で青姦をした体験談】

「地元にほとんど人が来ない公園があるのでたまに青姦をしています。

普段子供が遊んでいるところでセックスをしていると背徳感があり、興奮しますね(笑)

犬の散歩などで夜でも人が通る時もあります。

事前に人がいない時間をチェックしておくのが大事です。」(20代:男性)

青姦のおすすめスポット2:公衆トイレ

公衆トイレ
公園は公園でも中に設置されている公衆トイレを利用するのも手です。

個室になっている多目的トイレを使用すれば人に見られる心配がありません。

いつトイレを利用する人がくるか分からないドキドキ感が味わえます。

しかし衛生的には汚い場所が多く、綺麗なトイレを探す手間が発生することも。

最新の多目的トイレでは30分以上使用するとアラームがなる場合もありますので注意しましょう。

【公衆トイレで青姦をした体験談】

「トイレでセックスなんて絶対無理!

と思っていましたが最近は綺麗に建て替えられたトイレが多いので意外と大丈夫です。

高級住宅街とか都市開発が進んでいる場所のトイレは綺麗で広さもありオススメ!

トイレ利用者が来た時は声が漏れてないかドキドキしています(笑)」(20代:男性)

青姦のおすすめスポット3:海の近く

絶景の中で青姦したい!という方には海の近くでの青姦がオススメです。

なんと言っても目の前に海がありますから解放感はピカイチ。

潮風を浴びることで非日常的で特別なセックスを楽しむことができます。

海周辺にはガラスや貝の破片が落ちていることがあるため寝転がる際は周囲をよく確認しましょう。

【海の近くで青姦をした体験談】

「波の音を聞いているだけで落ち着きます。

彼女も普段よりリラックスできたみたいで凄く感じてくれました。

潮風がちょっぴりべた付きますがそれも海で青姦してる実感があっていいです。」(20代:男性)

青姦のおすすめスポット4:自宅の庭

とにかく人に見られたくない!

いきなり外の施設でセックスする勇気がない!

という方は、自宅の庭での青姦から初めて見てはいかがでしょうか。

自宅の敷地ですので誰かに見つかったり、怒られたりする心配はありません。

自宅にいる、という安心感もあるでしょう。

ただし、声は外部に漏れますので興奮しすぎにはご注意。

外から見える構造の庭ではご近所さんに見られて気まずい思いをする場合もあります。

死角でセックスするか目隠しのつい立てなどを事前に立てておきましょう。

【自宅の庭で青姦をした体験談】

「家でセックスしていて気分が盛り上がったら庭でしています。

庭に柵があるのですが隙間から覗けないようにブルーシートを貼りました。

ご近所さんに気づかれていないかドキドキしながら楽しんでいますよ。」(30代:男性)

青姦のおすすめスポット5:ベランダやバルコニー

安心安全に青姦を楽しむスポットとしてベランダやバルコニーも挙げられます。

外から見られる心配はありませんし、しっかり屋外の解放感を味わうことができます。

しかし高さが低かったり柵に隙間がある場合はうっかり見られる場合も。

目隠し用に選択竿などを利用して大きな布を掛けておきましょう。

ご近所さんに声が漏れないように音量も注意。

逆にスリルを味わいたい方は目隠しなしでするのもアリかも?

【ベランダやバルコニーで青姦をした体験談】

「ベランダでセックスすると誰かから見られてるんじゃないかというスリルがあります。

柵の手前のギリギリ外から見えるか見えないかくらいの位置でするのがたまりません。

頻繁にやると本当にいつか見られそうなのでたまにですが(笑)」(30代:男性)

青姦のおすすめスポット6:客室露天風呂

一番安全に青姦を楽しみたい方には、ホテルや旅館の露天風呂を利用することをオススメします。

宿泊施設の露天風呂は外から見えないようになっているので、絶対に見られる心配がありません。

お金がかかってしまいますが、最近では安値のラブホテルにも露天風呂が併設されていることがあります。

宿泊代金の高いホテルでも昼間の部屋を貸し出してくれるデイユーズを使えば料金を抑えられます。

地元で利用できるホテルを調べてみましょう。

【客室露天風呂で青姦をした体験談】

「今回デイユーズで露天風呂付ホテルを利用しました。

景色もいいし、昼間から贅沢な気分になれて最高でした。

彼女も凄く喜んでいていつもよりセックスが激しかった気がします!」(20代:男性)

青姦のおすすめスポット7:カラオケ

屋外で安値に入れる個室といえばやっぱりカラオケ!

フリータイムで入れば時間を気にせずにドリンクバー付きで優雅にセックスできます。

しかし、年々カラオケの犯罪防止対策が厳しくなり最近は個室ごとに監視カメラが設置されている場合も。

入室時は監視カメラの設置の有無を必ず確認しましょう。

知らずにセックスした場合、利用禁止になるかもしれません。

【カラオケで青姦をした体験談】

「地元のカラオケ店でよくセックスしてます。

持ち込み可の店舗なのでお酒を持ち込んでいい気分になりながらしてます。

疲れたらそのまま寝転がれるし、歌も歌えるし快適です。

扉の前を誰かが通った時はヒヤッとしますが(笑)」(20代:男性)

青姦のおすすめスポット8:車

何処かの駐車場に車を停めてカーセックスをするのもオススメ。

車は窓が多いので人が通ると簡単に見えてしまいます。

非常に緊張感があるセックスを楽しむことができるでしょう。

衛生的ですし、座席にクッションを敷けばベッド並みの快適さになりますのでストレスはありません。

狭い車内では掃除がし辛いため、後処理はちょっぴり大変です。

【車で青姦をした体験談】

「車の後部座席を倒してセックスしてます。

中で盛り上がると熱気で窓ガラスが曇るのでいい目隠しになってます。

隣の車が止まった時はかなりドキドキして興奮しました。

そのうちマットも買って本格的にセックスできるように改造する予定です。」(30代:男性)

青姦をするときにはどう誘えばいい?おすすめの誘い方を解説!

ここからは、青姦をする時のおすすめの誘い方を紹介していきます。

青姦を快く受け入れてくれる女性は、残念ながら多くはありません。

なので、上手にさそってうまく青姦に持っていきましょう。

それでは、おすすめの誘い方3つを紹介していきます。

おすすめの誘い方1:ストレートに誘ってみる

まずは、正直に青姦したい旨を話しましょう。

はぐらかしながら言うとかえって反感を買ってしまうかもしれません。

女性も正直に話してくれたことに対して心を開いてくれることが多いです。

また、その場では断られても後日だとOKしてくれることもあります。

もちろんきっぱり断られることも多いので、その点は覚悟をしてください。

無理強いしているように思われると、その後の関係も悪化します。

なので、青姦に誘う際はリスクを承知の上で誘いましょう。

おすすめの誘い方2:相手をその気にさせる

いきなり青姦に誘っても戸惑う女性がほとんど。

なので、青姦を持ちかける前の雰囲気作りが鍵となります。

夜の公園をデートしながら、まずは会話を楽しみましょう。

ある程度会話をして距離が縮まったらキスをしたり相手の体を触ってその気にさせます。

今ここでしたい!という気にして自然な流れで青姦しましょう。

相手の様子をよく見て行うことが大事です。

おすすめの誘い方3:青姦目的の子と出会う

確実に青姦したいのであれば、青姦目的の子を探して誘いましょう。

SNSや出会い系アプリなどで青姦相手を探している女性は沢山います。

「PSMAX」というアプリでは、特に体の関係を求める女性が多く登録しているのでおすすめ。

簡単に登録できますのですぐにセックスしたい方は、ぜひ登録してみてください。

青姦を実際にしてみよう!青姦するときに必要なおすすめの物を解説!

青姦 必要な物

青姦をする前は、必要な物を準備しておきましょう。

ここからは、青姦する上で必要になる6つを紹介していきます。

室内ではなく外でするからこそ必要になる物もあるので、チェクしておきましょう。

青姦に必要な物1:コンドーム

コンドームを着用しないと、中で出さなくても相手を妊娠させるリスクがあります。

相手を尊重してこそのセックスですので必ず忘れないようにしましょう。

青姦では公共の場所を利用することが多いため、掃除の後処理のことを考えても着用するのがマナーです。

青姦に必要な物2:虫除けスプレー

青姦で意外とやっかいなのが虫さされです。

特にセックス中は汗をかくため、蚊がよってきやすくなります。

蚊にさされると痒いだけでなく、感染症のリスクもありデメリットだらけ。

夏場はスプレーだけでなく、蚊取り線香も持っていくとより万全です。

青姦に必要な物3:レジャーシート

公園などの屋外で立ったままセックスするのは中々大変です。

レジャーシートを持っていけば何処でも横になってセックスすることができます。

家と違い屋外では地面がかなり固いことが多いため、レジャーシートは厚手のものを買いましょう。

体が汚れるのを防いだり、虫を防止するのにも役に立ちます。

青姦に必要な物4:ウェットティッシュ

屋外でセックスをすると思った以上に体が汚れます。

風に交じって多くのチリや砂が舞いますのでセックスが終わった後にはウェットティッシュで体をふきましょう。

汗や体液も綺麗にふき取れますし何かと重宝します。

青姦に必要な物5:ハンドタオル

ウェットティッシュに合わせて持っておきたいのがハンドタオル。

大量に汗をかいた時にはウェットティッシュよりタオルの方が便利です。

公園の水道などで手や体を洗った時にも拭くことも可能。

気温が低い時はセックスをすると風邪をひきやすいので、さっと汗を拭えるハンドタオルが必須になります。

青姦に必要な物6:ブランケット

セックス中は汗をかくため急速に体が冷えやすいです。

体温の低下を防ぐためにも暖をとれるものを持っていきましょう。

特に、女性は男性よりも体が気温の変化に敏感で体調を崩しやすいです。

相手への気遣いとしても常備しておくようにしましょう。

青姦を実際にしてみよう!青姦をするときの注意点を解説!

ここからは、実際に青姦をするときの注意点を紹介していきます。

開放感が強く、興奮度も高い青姦ですが、注意点がいくつかあります。

実際に青姦をするときに失敗しないように、しっかりとここで把握しておきましょう。

周囲にバレないかを気をつける

青姦でもっとも注意しなくてはいけないのは周囲にバレないようにすること。

見られても平気!という方も中にはいるかもしれませんが警察に通報されるリスクがあります。

公共の場でセックスをすることは公然猥褻罪にあたることも……。

なので、ドキドキ感を楽しみつつも周囲への注意は忘れないようにして下さい。

全裸にならず、すぐに服を着れる格好でする

万が一、人がやってきた時にはすぐに着替えられるようにしましょう。

人気がない場所は、警察のパトロール巡回ルートに入っていることもあります。

見つかってもすぐに着替えることができれば、行為を見られることを回避できます。

女性は、ワンピースやスカートなら全裸にならなくてもセックスできるのでおすすめ。

男性は、すぐに着用できるスウェットなどにしましょう。

性病に気をつける

青姦は屋外ですので衛生環境はあまり良いとは言えません。

爪や指が汚れますので、そのままセックスをすると感染症のリスクがあります。

なので、こまめに体や手を拭いて清潔に保つことを忘れないようにしましょう。

もし、青姦の後に何か不調を感じたらすぐに最寄りの病院へ相談してください。

盗撮されていないかを確認する

公園などには、青姦の盗撮目的の人が訪れている場合があります。

特に、大きな公園や青姦の有名スポットと言われている場所には多く出没しているので注意しましょう。

最近では盗撮カメラが仕掛けられていることも多いです。

カメラが隠せそうな物陰が多い場所では、特に周囲へのチェックを怠らないでください。

万が一、盗撮動画がネットに流出した場合は二度と消すことができません。

なるべく小さな公園や、地元民以外通らないような場所をセレクトすることが大事です。

青姦をするにはアプリがおすすめ!PCMAXで青姦したい相手と出会おう!

いかがだったでしょうか。

姦は解放感があり普段よりも刺激的なセックスを楽しむことができます。

しかし、デメリットも多々ありますので女性からは敬遠されがち。

中々青姦まで漕ぎつけられない人も多いでしょう。

そんな時は、出会い系アプリで青姦目的の女性を誘うのが一番手っ取り早いです。

数多く存在するアプリの中でもエッチな女性が集まりやすいアプリを使用するのが大事。

おすすめのアプリは、体目的の女性が多く登録している「PCMAX」です

PCMAXは、会員数は1500万人を超えており、掲示板には毎月85万件を超える出会い募集の書き込みがされています。

会員登録は無料で掲示板への書き込みも50円ほどで可能なので、かなり良心的な値段設定。

掲示板を利用して青姦に興味のある女性を募集してみましょう。

PCMAX」を利用して約束を取り付ければ女性を青姦に乗り気にさせる手間が一切必要ありません。

とにかく早く青姦したいという方には一番オススメのアプリです。

女の子と場所を決めたら前述の「青姦に必要なもの」を持って会いにいくだけ。

この記事が快適な青姦の手助けになれば幸いです。

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ