安達祐実の濡れ場が見れる作品!濡れ場シーンの口コミ・評判も紹介!

boy-menber-03

ドラマ「家なき子」で天才子役の座を手に入れて以来、国民的女優としての地位を確立してきた安達祐実

私生活では母親がAV出演、さらに自身も子連れ離婚や再婚を経験するなど波瀾万丈な人生を歩んでいます。

そんな安達祐実は40代の淑女となった今、芸能生活30周年を記念して大胆な濡れ場に挑戦しました!

しかも、騎乗位やバックで突かれるAVレベルのエロシーンに挑戦しているんです。

「あのシーンは本当にヤッてるの?」という噂も高い、安達祐実の出演作品はドラマなのか映画なのか気になりますよね。

そこで今回は、安達祐実のエロい濡れ場が見れる作品をご紹介します!

安達祐実の濡れ場を見る前に!基本プロフィールを紹介

女優名 安達祐実(あだちゆみ)
生年月日 1981年9月14日
身長 152cm
所属事務所 IMILIMI

芸能界デビューは2歳、長い芸能生活を渡り歩いて来た女優・タレントの安達祐実

代表作である「家なき子」で主人公を演じたのは当時12歳の頃ですが、大人顔負けの演技で社会現象を巻き起こしています。

安達祐実といえば身長152cmという小柄で華奢な体型と、老けることを知らない童顔が特徴。

離婚と再婚を経て二児の母となり40代に突入した今も、「奇跡の童顔」と呼ばれるほどキュートなままです。

波瀾万丈な私生活もすっかり落ち着き再ブレイク中の今、安達祐実が2014年の映画で大胆ヌードで濡れ場に挑戦しています

それも、とんでもなくエロいセックスシーンを演じているんです!

【比較一覧表】安達祐実の濡れ場が見れる作品!

安達祐実の濡れ場が見れる作品は以下のものがあります。

作品名 花宵道中
見どころ 想い人に見られながらバックから挿入されるシーン、もう1つは結ばれた2人がねっとり騎乗位でヤリまくる2つの濡れ場!
過激さ ★★★★★

濡れ場シーンがあるのは1作品のみですが、露出度も過激度もハイレベルな内容です。

ここからは、安達祐実が濡れ場を演じた作品とセックスシーンについて解説していきます。

安達祐実の濡れ場が見れる作品:『花宵道中』

花宵道中

2014年11月公開の「花宵道中」は、江戸時代末期に生きる過酷な女の恋愛を描いた宮木あや子によるベストセラー小説や漫画を元に映画化されました。

遊女としての宿命を持つ主人公・朝霧を演じたのが安達祐実です。

吉原炎上後の”新吉原”で遊女として働く朝霧は、”身体が火照ると花びらのようなあざが出る”という特殊な体質からお客に人気があります。

そんなある日、朝霧は淵上泰史が演じる半次郎と出会うのですが、遊郭の上客の手前2人の恋路は厳しく……。

過酷な運命を背負いながらも女として目覚めていき、まさに花が咲くように開花していく、女の人生を描くストーリーです。

『花宵道中』で見れる安達祐実の濡れ場①:想い人の目の前でヤラれてしまう

花宵道中では2度の濡れ場シーンがあり、どちらもAVさながらの脱ぎ&プレイを演じています。

1つ目の濡れ場は、遊郭の上客・吉田屋を演じる津田寛治が、想い人の半次郎・淵上泰史の目の前で嫌がりながらもヤラれてしまうシーン。

見せつけるように着物を開けて生おっぱいを揉んだり乳首をいじくりまわし、挙げ句の果てにバックから突かれてしまう!という過激な内容です。

安達祐実の手のひらサイズの生おっぱいが露出されただけでなく、人前で見せられ、後ろから思い切り揺さぶられている時の表情は「AVを見ているのか?」と錯覚してしまうほどのエロさ!

『花宵道中』で見れる安達祐実の濡れ場②:本当に挿れてルト錯覚するほどの騎乗位

さらに、半次郎・淵上泰史との濃厚な濡れ場もあるんです。

ようやく2人が結ばれる……という感動的なシーンなはずですが、即脱ぎでセックス開始。

暗闇で仰向けになる安達祐実の乳首をねっとりと舐めるシーンは、思わず”ゴクリ”としてしまうほどのエロさです!

お互いたっぷりと愛撫をしながら絡み合い、まずはバックから挿入を。

続いては騎乗位で2人がユサユサし合うのですが、ここで視聴者の多くは「本当に挿れているはずだ」と錯覚しています。

安達祐実の濡れ場と聞いて「たいしたことない」と軽視した人ほど度肝を抜かれてしまい、すっかり熟した大人の女性を見せつけられる映画です。

『花宵道中』で見れる安達祐実の濡れ場シーンの口コミ・評判

セクキャバ 本番

ここからは『作品名』での安達祐実の濡れ場を観たユーザーのリアルな口コミを紹介していきます。

実際の映像を見て、どんな風にエロいと感じたのか、安達祐実の濡れ場を見た人たちの感想をSNSからピックアップしました。

安達祐実の濡れ場が迫真すぎる

まずみんなが驚くのが、「安達祐実の濡れ場が想像以上のエロ具合である」ということ。

「ぼんやりとした濡れ場なんだろう」「安達祐実だし、それほどでもないはず」と期待をしていなかった人ほど、リアリティさに度肝を抜かされます!

津田寛治から犯される安達祐実の抵抗する姿、後ろから突かれながら見せる表情は、これまで見たことがない安達祐実です。

安達祐実のスタイルが素晴らしい

過激な濡れ場シーンに「AVか!」とツッコミを入れたくなるほどエロいのですが、どんどんストーリーに引き込まれてしまう魅力がある映画です。

吉原モノが好きな人はもちろん、エロい時代ものを好む人にもおすすめします。

芸人・友近の「股開かざる者食うべからず」のセリフも聞けますよ。

安達祐実の濡れ場はAV並!

何度も見たくなるのはやっぱり安達祐実の濡れ場です。

どう考えてもAV並のエロさであり、最後の騎乗位のシーンは本当に挿入しているとしか思えないんですよね。

ピン!と立ちっぱなしの乳首はとても敏感そうで、監督から「濡れ場が上手」と褒められるほどの演技です。

後ろから犯されるように突かれている最中のとろんとした目は、子役のイメージを払拭してしまうほどの破壊力があります。

エロすぎる安達祐実の濡れ場を堪能しよう!

安達祐実が渾身の演技に挑んだ「花宵道中」という作品は、エロい濡れ場シーンを堪能できる、期待以上の内容となっています。

子役時代の可愛い安達祐実ではなく、遊女になり開花した安達祐実がいました。

濡れ場が見れる作品は色々ありますが、とにかくエロさで選ぶなら絶対見るべき作品です。

エロすぎる安達祐実の2つの濡れ場、どちらが好みかぜひ見比べて見てください!

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ