伊藤沙莉のヌードが見れる作品3選!ヌードシーンに対する口コミ・評判も徹底解説

boy-menber-03

幅広い役柄をこなす天才子役から天才女優へと成長した伊藤沙莉。デビュー当時から、天才の片鱗をのぞかせ世間から大きな注目を浴びました。

可愛らしいイメージも持ったまま、体を張る演技もできる天才女優として活躍を見せています。人気もうなぎ登りであり、このまま成長をしていくと国民的女優の仲間入りをする日が来るかもしれません。

今回の記事では、伊藤沙莉のヌードや濡れ場が見れる作品3選をご紹介!濡れ場シーンの口コミ・評判も紹介していますので、ぜひあなた好みの作品を見つけてみてはいかがでしょうか。

PCMAXに無料登録 >

伊藤沙莉のヌードの前にプロフィール紹介

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊藤沙莉(@itosairi)がシェアした投稿

タレント名(本名)

伊藤沙莉

生年月日 1994年9月4日

出身地

千葉県

所属先  アルファエージェンシー

2003年、「All Japan Dance Contest」の東京予選と「サンリオダンスコンテスト」のキッズ部門で優勝。同年、ドラマ『14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜』で芸能界デビューを果たします。

当時、わずか9歳で演技未経験でありながら、身体が少女に若返ってしまった女性研究員という非常に難しい役柄を見事をこなしたことで、話題の子役となりました。

2005年には「女王の教室」、「みんな昔は子供だった」に出演し、再び注目の存在となり、女優として飛躍を予感させます。

以降、清純な少女から陰のある女性など高い演技力で幅広く演じ、2017年公開の映画「獣道」ではヌードを披露。また、近年は実兄であるお笑いコンビ・オズワルド伊藤との兄妹関係が注目され、バラエティ番組への出演機会も多くなっています。

【比較一覧表】伊藤沙莉のヌードが見れる作品3選!

女性

作品名 見どころ 過激さ

『ボクたちはみんな大人になれなかった』

セックスシーン ★★★★★

映画『獣道』

AV撮影・乱れた性

★★★☆☆

『北斗~ある殺人者の回心~』

胸が露わになる瞬間

★☆☆☆☆

伊藤沙莉は、役のためならば体を張ることを厭わないスタイルを取っています。そのため、ヌードシーンや静的描写を連想させる作品にも出演しています。非常に高いプロフェッショナル意識を持っている女優と言えるでしょう。

失礼ではありますが、特別美人、特別スタイルが良いという女優ではありません。その中で、確実に実力が世間一般からも評価され、人気がうなぎ登りなのは、彼女の努力が実っているということを意味しています。

今後も幅広い活躍が期待される女優の一人です。

伊藤沙莉のヌードが見れる作品①:映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』

この作品は、インターネット動画配信サービスNETFLIX映画として配信。作家の燃え殻が2016年に発表したデビュー作『ボクたちはみんな大人になれなかった』を映画化したものです。

主人公は、彼女(演:伊藤沙莉)のために人生を初めて頑張る決意をするものの、何も言わずに彼女は去ってしまいます。

2020年になり、社会と折り合いをつけながら生きてきた46歳の主人公は、いくつかの再会をきっかけに彼女との“あの頃”を思い出すというストーリーです。

伊藤沙莉がヌードを披露しているシーン

下着の女性

伊藤沙莉演じる彼女が主人公とのセックスシーンは、バストトップを露わにして濃厚な濡れ場となっています。乳首出し全裸ヌード濡れ場がエロいとネット上でも話題となっています。

主人公・森山未來におっぱいを吸われるシーンが特に、エロくてたまりません。

特別、スタイルが良いというわけではありませんが、表情や息の使い方などが生々しくて興奮すること間違いありません。これも演技力の高さからとなると非常に、恐ろしい女優です。

伊藤沙莉のヌードシーンに対する口コミ・評判

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』における、伊藤沙莉のヌードシーンに関しての口コミや評判について紹介をしていきます。この作品に関しては、以下のような口コミ・評判がされています。

演技力の高さ

ヌードや濡れ場であるにもかかわらず、演技力と存在感の高さを証明するピースにすぎないのは、伊藤沙莉という女優が映画ファンから認められている証拠かもしれません。

女優魂

エロいシーンでありながら、エロというよりも演劇を見ていることを感じさせてくれるのが伊藤沙莉です。表情や吐息などどれも素晴らしいものを感じます。

日本を代表する女優への道を確実に歩んでいるといえるでしょう。

存在感の高さ

主人公は2020年の姿まで描かれていますが、伊藤沙莉演じる彼女は1995年に消えたままです。そのため、主人公よりも登場は少ないです。

しかし、ヌードシーンを含めて伊藤沙莉の熱演で、映画を見終えると彼女の言葉や姿や強く印象として残る作品でもあります。

ヌードに衝撃

伊藤沙莉は、月9ドラマのヒロインを務めることもありますし、バラエティでの活躍もチラホラ見られるようになっています。そのため、コアに追い続けていなかった人たちからすると、ヌードや濡れ場を演じる女優というのは衝撃かもしれませんね。

伊藤沙莉のヌードが見れる作品②:映画『獣道』

出典:映画.com

ポップなポスターである映画『獣道』ですが、内容は過激なブラックコメディになっています。この作品は、地方都市で周囲の大人たちに翻弄されながら生きる場所を探す若い男女の姿を、実話をベースにして作られています。

物語としては、ある地方都市で生まれた伊藤沙莉演じる愛衣は、信仰ジャンキーであった母親によって、宗教施設に入れられ、7年間世間から隔離された生活を送っているという設定から始まります。

入信していた教団が警察に摘発されたことにより物語は動き始めるのです。保護された愛衣は中学に通い始めるが、社会と隔離した生活を送っていた彼女は居場所を見つけられません。

その結果、中学に行かない選択をした愛衣は、万引きと生活保護で生きるヤンキー一家や、サラリーマン家庭などを場所を転々としながら、自分の居場所を必死に探すというストーリーです。

伊藤沙莉がヌードを披露しているシーン

抱き合う男女

劇中で伊藤沙莉は、AV嬢として生きる道を選ぶのですが、当然撮影シーンが描かれています。そこで見せる乳首見せヌードや手マンシーンが話題となりました。また、別のシーンでは駐車場で胸を丸出しにするシーンも見ることが可能です。

伊藤沙莉のヌードシーンに対する口コミ・評判

映画『獣道』における、伊藤沙莉のヌードシーンに関しての口コミや評判について紹介をしていきます。この作品に関しては、以下のような口コミ・評判がされています。

伊藤沙莉という女優が詰まっている

口コミツイートにもあるように、さまざまな伊藤沙莉を見ることができる作品です。もちろんエロい伊藤沙莉は、見るものを興奮させてくれますので、ファン必見となります。

重要なシーン

伊藤沙莉という女優は、物語で重要であれば脱ぐことも厭わないというスタンスを強く感じる女優です。まさにプロ魂、女優魂です。『獣道』を見れば、伊藤沙莉ファンになること間違いなしといえるでしょう。

人気が出ることが理解できる

2017年の段階で、これだけ体を張って高い評価を得る女優であったのです。『獣道』は伊藤沙莉という女優の知名度を一気にあげた作品でもあります。子役時代とつながったという人も多いでしょう。

圧巻としか言えない状態です。

天才子役同士のキス

この作品で、伊藤沙莉の相手役を務めるのでは、ドラマ『人にやさしく』で注目された天才子役・須賀健太でした。まさに天才子役が大人になっての共演であることも当時は話題でした。

この二人のキスシーンもあるため、順調な成長を喜ぶファンもいたでしょう。

伊藤沙莉のヌードが見れる作品③:ドラマ『北斗~ある殺人者の回心~』

no image

2017年にWOWOWで放送されたドラマW「北斗~ある殺人者の回心~」では、主人公の姉的存在の看護師役で出演しています。

主演を演じるのは、ジャニーズの中山優馬で原作は、人気作家・石田衣良。ドラマの内容としては、殺人者の心理と司法の限界をするどく描いており、少し重いストーリーです。

伊藤沙莉がヌードを披露しているシーン

この作品では、伊藤沙莉のおっぱいが映るシーンがあります。

残念ながら、アップではないですし、明るいシーンでもなく、薄暗くて少々わかりにくいです。伊藤沙莉が上半身を脱いでいておっぱいがうっすら見えるという程度ですが、確実にバストトップまで出ています。

当時は、初めてのヌードということで、勇気ある一歩を踏み出したのかもしれません。

この作品が現在の伊藤沙莉を作り上げるために、重要な分岐点になった作品と言えるかもしれません。

伊藤沙莉のヌードシーンに対する口コミ・評判

ドラマW『北斗~ある殺人者の回心~』における、伊藤沙莉のヌードシーンに関しての口コミや評判について紹介をしていきます。

この作品でのワンシーンのみで、ヌードということや作品の重さからか、ほとんどヌードに関する口コミはされていません。逆にいうと、作品のワンシーンとしてエロいではなく、必要なシーンとして視聴者の記憶に整理されているのかもしれません

。では、この作品に関しての口コミ・評判を紹介します。

伊藤沙莉ら出演者の技量の高さ

2017年のドラマですが、既に伊藤沙莉の実力は認められていたということですね。劇中では脇役ではありますが、ここから月9ヒロインまで出世するのですから、シンデレラストーリーの始まりと言えるかもしれません。

人におすすめしたくなる

見終えて、人のおすすめできる作品に出会えることって非常に稀と言えるかもしれませんね。ヒット作ならば、おすすめしなくても見ている人は多いですが、これはWOWOWドラマですので、有料です。

現在は、配信やDVDレンタルなどで簡単に見ることは可能です。

考えさせられるドラマ

テーマが虐待や殺人など重い作品ですので、見終えたら心に残るものがあるはずです。その作品を支え、体当たり演技をしているのが伊藤沙莉なのです。

ヌードに驚き

驚きはしますよね。当時は、ヌードになったこともない訳で、ここまで体を張ることに驚かれた方は多かったでしょう。女優・伊藤沙莉の覚悟が見れる作品と言えます。

伊藤沙莉のヌードに近いシーンは多くある

肩にキスをする男性

ヌードにこそなっていないものの、ヌードや濡れ場がある作品に多く出演している伊藤沙莉。リアリティのある作品の出演することを女優業では求めているのではないかと感じるほどです。

作品を具体的にあげていくと、ドラマ『全裸監督』シリーズではセクシー女優のヘアメイクを担当しています。劇中では、途中からAV監督へと変わっていきます。

『全裸監督』シリーズがセクシー女優と監督の物語ですので、ヌードや濡れ場が多い作品です。

また、伊藤沙莉主演作品で言うと、映画『タイトル、拒絶』はヌードではないものの下着姿の伊藤沙莉を見ることができます。この作品では、デリヘル嬢を演じており、客に迫られるシーンもあります。

伊藤沙莉が今後ヌードになる期待は?

今後に関しても、十分ヌードや濡れ場を見せてくれる可能性はあります。伊藤沙莉は前述したように、物語で必要であれば、体を張ることができる女優です。その点を含めて、プロフェッショナルであると評価されています。

作品や監督にもよりますが、伊藤沙莉自身が必要と感じる場合には、挑戦してくれるはずです。

エロすぎる伊藤沙莉のヌードや濡れ場を堪能しよう

今回は、国民的女優への道を歩み出している女優・伊藤沙莉のヌードや濡れ場について紹介してきました。

天才子役として世間一般に定着した可愛らしいイメージから現在は、ヌードや濡れ場までこなすスーパーな女優へと転身。

ドラマや映画で、今後も見せてくれるであろう演技力と高い表現力で我々を楽しませてくれるでしょう!!

PCMAXに無料登録 >

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。