女の子とラインを長くやりとりしたい。早く返信をもらうコツ付き

Boy.公式
< Boy.からのお知らせ >

なんとこの度、Boy.はYouTubeを始めました!

記事でも紹介してます!

YouTube記事一覧

ぜひYouTubeも見てください!

YouTubeチャンネル

彼女が欲しいと思うのであれば、女の子とのラインがどこまで続くかが最重要の課題となってきます。

なぜなら、女の子はラインのやりとりが大っっ好きだから。

ただし、彼氏や好きな人限定ですけどね。

それでも、男性がラインをする頻度に比べれば、圧倒的に女の子がラインをする頻度はかなり高いといえます。

自分自身の外見や性格に例え自信がなくても、女の子が好きなラインのコツや内容をおさえていれば、好きな女の子の彼氏になることも夢ではありません。

それほど、女の子にとっていかにラインが重要かおわかりいただけたでしょうか?

さて、ここで問題になってくるのが、どうしたら女の子とラインが続くかです。

マッチングアプリや、グループラインなどで気になる女の子はもちろん、女の子のラインを知るきっかけは比較的簡単にでもできるでしょう。

しかし、最初の「初めまして」or「これからよろしくね」のライン以降、どうすればそのまま女の子とラインのやりとりが長く続くのか悩んでいる男性は多いです。

ちなみに、実は女の子側も、挨拶の後のラインをどうするべきか悩んでいたりします。

ここでうまいメッセージを送れる男性は、彼氏になれる確率が高い…!

女の子とラインを続ける方法を紹介していきます。

\恋愛始めるならこのアプリ/

彼女を作るならマッチングアプリがおすすめ!

40%の人が登録直後に恋愛をはじめています!

女の子とラインするの楽しいのが男心

女の子の彼氏になる方法はとてもシンプル。好きな女の子とよく話すようになれば、自然と距離が縮まり、相手はあなたに対して心を開いて好きになってくれます。

彼氏になることができない、自分はモテない…と男性が悩んでしまうのは、この女の子と仲良くなる方法を知らないことが多いからです。

女の子と仲良くなるには、彼女と話すことが大切ですが、物理的に話すことだけが方法ではありません。高校生など学生であれば、同じ学校であるために相手のスケジュールも予測しやすく顔を合わす機会も多かったでしょうが、大学生や社会人にもなると、女の子のスケジュールや関わる人数も増えることで、アポイントメントをとらないと、偶然お互いに時間があるときに会う…なんてことは奇跡に近くなってきます。

そこで登場するのがラインのやりとりです。

女の子と直接顔を合わせて話さなくとも、距離を縮めることができるのがラインです。特に女性は常に誰かとつながっていたいと思う生き物です。どんなに忙しくても、携帯にラインが来ていることを生きがいにしています。そのため、男友達とラインをするよりも、本来女の子とのラインが長く続きやすいはずなのです。

基本的にはこちらが連絡すればマメにラインを返してくれます。しかし、そのラインの内容ややりとりの方法が女の子にとってカチンとくるものであれば、既読スルー、ひどければ即ブロされてしまいます。

ただし、女の子とラインが長く続くようになれば、その女の子を落としたも同然。

彼氏はもちろん、気になる男性枠に入ることが可能。それほどラインが長く続くことは女の子との恋愛にとって最重要な方法なんですよ。

ラインをする女の子と出会いたいならこのアプリ!

女の子と長くラインするコツ

メッセージの終わりに疑問文をいれる


女の子とラインを長く続けるには、内容にちょっとしたコツがいります。

基本中の基本ですが、メッセージの終わりに疑問文をいれれば、かなりの確率の高さで女の子は返信を返してくれます。

このとき、女の子側からの返信にも疑問文が入っていたら、喜んでいいですよ。彼女はあなたに脈ありか、現時点では好印象を抱いている証です。

しばらくあなたと今ラインをしていたい合図なので、ここは見逃さずにあなたからも返答をしつつ、さらに疑問文をいれてラリーを楽しみましょう。

しかし、時間がたてばラインの話題もネタがつきてくるでしょうが、相手の返信が遅くなるまでは、なんとかラインに疑問文をいれてやりとりを続けてください。

ここで、疑問文をいれずに返してしまうと、あなたの評価はさがります。疑問文をいれなくても良くなるのは、相手の女の子の返信が遅くなってきたときです。

あなたとのラインのやりとりに飽きてきたか、他に用事が入ってラインを返せなくなる可能性があるからです。ここが疑問文をいれなくするタイミング。かといって「また連絡するね」などさよなら系の文章は絶対にいれてはいけません。

彼女からきたラインの内容の感想を言う程度にして、そのまま彼女の返信を待つ、もしくはそのままラリーを終了させます。

あえて、ずっといれていた疑問文をいれないことで、女の子はまた自分の時間が空いたときに自ら違う話題のラインを送りやすくなるので、またラインが続く関係性に発展しやすくなります。

ラインの返信速度を女の子に合わせる

ラインの速度を女の子に合わせるのも、女の子とラインが続く方法です。しかし、すべてのラインを女の子の速度に合わせてはいけません。

彼女が10分後に返したからこちらも10分、20分後に返したからこちらも20分とその度にあわせての返信は女の子側にバレます。女の子はラインの時間をきちんと見ています。

気遣いなのかもしれませんが、すべて同じにされると駆け引きされているようで不快に感じるので、ラインの返信は遅くなり、その内来なくなってしまう可能性があります。

なので、基本的に女の子からその日の第一通目のラインが来たら、すぐに返信してあげましょう。あとはあなたの1日のスケジュールにそった返信具合でOK!既読にして、1時間後に返したって平気です。

なるべく自分のスケジュールを相手に知らせるかのように返していけば、相手側の女の子もあなたにラインするタイミングがわかりやすくなり、次第にあなたとのラインが義務化していくので、ラインが長く続くようになるのです。

ちなみに、女の子のラインが嬉しいからといって無理してすぐに返信することだけはやめましょうね。気が急いでいると文章にも急ぎ具合が出て、適当さが目立ってしまいます。

女の子がラインをしていて楽しいと感じるのは、返信の早さよりも返信の内容です。

相手の女の子が返信したくなるようなメッセージ内容になっているか、打ち間違いをしていないかどうかしっかりと確認してください!

特に、メッセージの打ち間違いは適当さを感じさせてしまうため、女の子とラインを長く続けるにはご法度です。

ラインのメッセージ量も女の子に合わせる

女の子とラインを長く続けるには、ラインのメッセージ量にも気を使いたいところです。

特に女の子はラインのメッセージ量で相手男性の誠意を測ってしまうところがあるからです。そして、往々にして長文のメッセージを送りがちなのが女の子です。

例えば、女の子からくるラインのメッセージ量が4行あった場合、1行で返すのは絶対に避けたいところ。せめて2行~3行内で返信メッセージを書くようにしましょう。

また、ここで気をつけたいのが、返信メッセージが長文過ぎても良くないことです。4行のメッセージ内容であれば、長くても4行まで。それ以上の行数があると今度は女の子が、「なんか気持ちが重過ぎて怖い…」とひいてしまう可能性があるからです。

正直女の子ってめんどくさいでのすが、ラインを長く続けて彼氏にまでなるのであれば、多少の我慢は恋愛に必要です。

基本的に、好きな女の子とラインを長く続けるのであれば、メッセージ内容は常に3行を意識しておくと良いでしょう。

また、1行ずつ送るライン方法もありますが、例え女の子がその方式をとってきても男性側が合わせることはありません。

1行ずつ送るラインは、送る側は楽なのかもしれませんが、送られる側としては次々となるラインに圧迫感があり、かつ内容が伝わりづらいからです。

気持ちはひとメッセージにまとめて送るのが、気遣いです。

スタンプだけは避けるのが無難

女の子とラインを長く続けるにあたって注意したいのがスタンプの使用方法

高校生であれば、スタンプだけのラリーで楽しむこともできますが、大学生や社会人となればスタンプのみのラリーはないと思いましょう。

特に女の子とそのままラインを長く続けるのであれば、なるべくスタンプは送らないことがベター。

なぜなら、大人のライン間では、

スタンプはラインを終わらせるサインとして受け取られるからです。

年齢が上にいけばいくほど、その常識は強くなっていきますので、ご注意くださいね。

メッセージに疑問文が入っていず、その後にスタンプを押しただでも、そのラインは完結されたとみなされます。逆に、スタンプを送られたのにメッセージを送ってしまうと「空気読めよこいつ」と思われてしまうので、気をつけてください。

また、女の子からのメッセージになんて返せば良いのかわからないからといって、とりあえず可愛いスタンプやウケ狙いのスタンプだけを送ってしまうと、多くの女の子はその男性への好感度を自動的にさげていきます。

なぜなら、送られてきたスタンプについて感想をこちらが送るしかなくなるので、単純にラインがつまらなくなるからです。

女の子があなたとラインしているのは、あなたのことを知りたいからであって、スタンプに対して批評をするためではありません。どんなにメッセージ性のあるスタンプでも、送るときは自分の言葉で書いたメッセージも後に添えるべきです。

たくさんの女の子と出会いたいならこのアプリ!

女の子から早くラインの返信をもらうコツ

女の子のスケジュールを予測してラインする

女の子から早くラインをもらうには、まずは相手のスケジュールをある程度予測する必要がでてきます。仕事や何の講義をとっているか、アルバイトや習い事はしているか、どこに住んでいるのかを知ることで、彼女が比較的空いていそうな時間を予測することができますよね。

しかも、最初にラインをし始めたときに、話題として自然に聞けることばかりのはずです。

ラインを始めたときは、女の子はマメに返信を返してくれるので、先に情報を聞き出しておきましょう。

そこから、女の子が携帯を見ていそうな時間を割り出しラインを送れば、返信は早く返ってくるだけでなく、しばらくラリーを続けることも可能になります。

平日の朝と夜にラインする

女の子の仕事内容にもよりますが、日本に住んでいる多くの女性の手が空く時間は一般的に決まっています。特に仕事先や学校に電車通勤している女の子であれば、行きの朝と帰りの夜の時間帯は狙い目です。

電車内ではできることが限られているため、暇潰しに記事を読んだりゲームをしている人が多いです。そのため、その手持ち無沙汰な時間にラインがくれば、優先的にラインを返そうとしてくれます。

共通の知人ネタを送る

共通の知人ネタも女の子から早く返信をもらうコツです。基本的に女の子は他人の噂話が大好き

正直あなた自身の話よりも興味がある可能性もあります。

そのため、共通の知人に何かがあったときは女の子とのラインを長く続けるチャンスかつ、いつもよりも早くに返信をもらうことができます。

時事ネタを送る

誰もがその日に知るニュースや芸能人のスキャンダルも、女の子から早くラインの返信をもらうことができます。特に、Yahoo!ニュースやラインニュースで話題にあがっているものは送りやすいのでおすすめですよ。

相手の女の子が好きな芸能人ネタは特にチェックしておくことも大事です。

女の子が知らなければ、詳しく内容を聞いてくるでしょうし、知っていれば感想を返信してくるでしょう。いずれにせよその話題でラインを続けることができるので、世間話でできるような時事ネタは送ってみてください。

ただし、天気や交通事情はNG。芸能人のスキャンダルの方がどうでも良いように見えますが、女の子にとって天気も交通事情も「で?それで?」くらいのネタなので、ラインが続かないばかりか未読スルーされる可能性が高いです。

女の子に似てる芸能人を送る

相手の女の子に似ていると思う芸能人を話題に出すのも、女の子から早くラインの返信をもらうことができます。

似てると思った写真もラインのやりとりの中で送ってあげるとよりベターです。

なぜなら、女の子はいつでも外見を褒められたい生き物だから。

直接「可愛い」と言われるよりも、間接的に褒め言葉を匂わせた方が喜びます。

そのため、嬉しいラインメッセージにはすぐに飛びつきますので、試してみてくださいね。

わかっていると思いますが、あまりにも似ていないアイドルを例にしたり、お笑い芸人を例にはしないでください。グラビアアイドルも印象が良くないのでNG。可愛いと褒められているモデルや女優を例に出してあげましょう。

女の子のライン別、ラインのやりとりで落としたケース

後輩の女の子との体験談

「アルバイトのグループラインで彼女のラインを知ったんですけど、バイトに関することで個人的に連絡をとったのがきっかけでした。もちろん、自分はその後輩の女の子が気になっていたので、下心ありで(笑)連絡したのもありますけど…。

そのままお互いバイトがあるたびに、その日のことを連絡するようになって。バイト終わりにご飯に行かないかって誘ってから、関係性に進展がありました。

今までバイト先のことしかラインしていなかったんですけど、ちょっとプライベートなことも話すようになって、

毎日ラインが続くようになったんです。

毎日ラインが続けば、相手のスケジュールもわかってくるじゃないですか、だからご飯に行く回数の多くなって、まぁそのまま告白かなとは思ってたんですけど、まさかの向こうから告白してきてくれたんです。

ラインが続けば、女の子は脈ありとは聞いてはいたんですが、本当にそうなりました。今でも、彼女とは毎日ラインしてますよ!」

(22歳・飲食店勤務)

同い年の女の子との体験談

「マッチングアプリで知り合った女の子何人かと連絡をとっていたんですが、会ってもそのまま自然消滅になることが多くて…。自分、そんなに外見が良いわけでもないし、会話力も自信ないしって感じで諦めつついたんですよね。

で、新しく同い年の女の子とアプリでマッチングしたんですけど、あえて会おうとは言わずにライン交換してもメッセージのやりとりだけを続けてたんです。会ってまた自然消滅するのも嫌だったってのもありますけど。

で、2ヶ月くらいほぼ毎日連絡とってたんですけど、彼女の方から会いたいって言われて、この間会ったんですよ。ラインをひたすらしてたおかげか、ラインで話したことも話題になって会話に困るってことはなかったです。

会ったときに彼女から『こんなにラインが続いた人は初めてだったから会ってみたかった』って言われて、その後もラインは続いてます。

女の子って会うことよりもラインの方が重要なんだってそのとき初めて気づきました。まだ付き合ってはいないけど、ずっとラインも続いてるし、告白は考えてますよ。」

(28歳・IT関係)

同僚のOL女子との体験談

飲み会でラインを交換してから、お礼ラインみたいな形で向こうからラインが来たんですよね。で、なんて返せばいいのかきょどったんですけど、とりあえずこっちもお礼と話した内容のくだりを『結構飲んでたみたいだけど覚えてる?』みたいな感じで軽く送ったんです。

そっから、覚えてますよ~みたいな返信がきて、ラインが盛り上がって…。次の日も『会社頑張ろ』みたいなラインを送りあったりするようになって、忙しかった日は『お疲れ様』とか。

僕も彼女もお互いのスケジュールわかってるんで、ラインを送るタイミングを調整しやすいんです。毎日何かしら連絡をとってるんで、会社に行くのもちょっと楽しくて。

ご飯に誘ってみようかとは思ってるんですけど、まだラインでタイミングを見てる感じです(笑)」

(30歳・営業)

以上が女の子とのラインをうまくやるコツでした。

恋愛のテクニックは数をこなしていくしかないので、女の子と積極的にラインをしてモテる男に近づいていってください。

\恋愛始めるならこのアプリ/

彼女を作るならマッチングアプリがおすすめ!

40%の人が登録直後に恋愛をはじめています!

この記事を書いた人

Boy.の公式アカウント

記事一覧

恋愛でお困りではありませんか?
悩みや不満を是非コメント欄にお願いします!

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ