【激レアスニーカー特集】AIR JORDAN 1

あっきー

こんにちは!

今回はスニーカー好きでなくても1度は耳にしたことがあるであろう、AIR JORDAN1についての記事です!

AIR JORDAN 1 は世代を超えて人気が高く、発売されれば即プレミア価格が確実なスニーカーです。
筆者自身まだ1足のみしか抽選に当たらないありさまです笑

― AIR JORDAN 1の歴史

80年代ランニングシューズのブランドとして地位を築いていたNIKEはバスケットシューズへの参入を目指しており、数々の記録を打ち立てていたマイケルジョーダンとのシグネイチャーモデルの製作へと舵を切りました。

マイケルジョーダンとは年間50万ドル(日本円にして5,000万円)の5年契約を結び、ピータームーア、エアフォース1のデザイナーとしても知られるブルースキルゴアの2名のデザインにより、1985年 初代AIR JORDAN 1(BREDS)が誕生しました。

裏話として、当時のマイケルジョーダンは初代のAIR JORDAN 1が学生時代のライバル校のチームカラーであったため嫌っていたようです笑

また当時のNBAコミッショナーがユニフォームの色にそぐわないという理由から毎試合5,000ドル(約62万円)の罰金を科していました。
ですが、NIKEが罰金を肩代わりすることでマイケルジョーダンは試合で履き続け、それが宣伝効果を呼び人気に火がつくことになります。

当時の価格は65ドル(現在価格18,000円相当)で売られていましたが、現在と同じくプレミア価格がついており、この事態を防ぐべくNIKEが流通量を増やしたために在庫が残り、セールでは1足20ドル(2,500円)で売られていたらしいです。

今のスニーカーヘッズからしたら羨ましい状況ですね笑

ちなみにジョーダンブランドの象徴ともいえるウイングロゴ(上の写真の翼のロゴ部分)は、先述のピータームーアが飛行機での移動中、子供が身につけていたアメリカ空軍のパイロットウイングのレプリカにインスピレーションを受けて出来たデザインだそうです。

忘れないようにその場でナプキンに描いた事が起源といわれています。

―現在のAIR JORDAN 1

発売されれば抽選により即完売し、定価は約17,000円程ですが、常に3万円から6万円はプレミア価格がついています。
コラボだったり、AIR JORDAN 1 の中でもとりわけ人気の高いモデルだとさらに値段が上がります!

そのため転売屋さんが暗躍しています笑

中でもラグジュアリーストリートブランドであるOFF WHITE とのコラボでは30万円を超える値段がついています。(上の写真)
場合によってはなかなか抽選では当選しにくいかもしれませんが、このAIR JORDAN 1 さえ手に入れれば学校でスニーカー好きの知り合いに絡まれるかもしれませんし、世代を超えて話のネタにもなります。

ぜひ読者のみなさまも挑戦してみませんか?