セックスに関するデータで紐解く、大学生の童貞卒業のヒント

くの氏

童貞を卒業するために服を買ったり髪型を変えたり、ガムシャラに行動することも大事ですが、一度立ち止まって自分の現状を冷静に分析してみてはどうでしょう。

童貞に関するデータを見ていくと、現状打開のヒントがあるかもしれません。詳しくは後述しますが、20代男性の約4割が童貞というデータもあります。

データを読み解いて、童貞卒業の糸口を見つけて見ましょう。

学校でセックスの相手を探すのは非効率

コンドームでおなじみの相模ゴムが『ニッポンのセックス』と題して日本の性事情について大規模な統計を取っています。これによると、20代男性の40%はセックスをしたことがない、つまり童貞だそうです。

大学に100人男子がいると仮定すると、40人は童貞ということになります。むしろ、年齢は二十歳前後に偏っているので、もっと童貞率が高いと考えた方が良さそうです。

そして、童貞の70%は「セックスがしたいと思う」と答えています。ザックリ見積もって、100人中30人は「セックスがしたい童貞」なのです。

参考までに、処女の中で「セックスがしたいと思う」と答えたのは33%です。童貞は70%セックスがしたい、でも処女は33%しかセックスがしたいと思っていない。セックスに対する男女のスタンスがかなり違うことがわかります。

大学という狭いコミュニティで童貞を卒業しようとすれば、大勢いる「セックスがしたい童貞」と、「もっともっとセックスがしたい非童貞」の中から勝ち残らなければいけません。競争が激しいコミュニティで争うのは得策とは言えませんね。

「セクシーなお姉さんでワンチャン」は幻想

大学での童貞卒業は見込み薄…となると、つい考えてしまうのは、「ヤれそうなお姉さんにワンチャン卒業させてもらう」というプランです。

ここでもデータを見てみましょう。20代男性が童貞を卒業した相手のうち「付き合っていない年上」は12%しかありません。

「付き合っていた同い年」44%、「付き合っていた年下」17%、「付き合っていた年上」17%、となっていて、付き合っている人と初めてセックスをした割合は80%近くあります。どう考えても「まずは彼女を作る」のが最善の策だと言えますね。

最適なのはバイト先?地元の仲間?

大学は激戦、ワンチャンも期待できない。それって万事休す?と思うかもしれませんが、自分の環境を見渡してみれば、意外とチャンスはあるものです。

人によってはバイト先の出会いがきっかけになるかもしれないですし、かつては意識していなかった地元の友達が良いパートナーになる可能性もあります。

“大学で”彼女作って童貞を捨てなければ!という考えに陥ってしまいがちですが、効率の悪い勝負は避けるのが吉です。人間関係なのでデータだけでは語れない部分ももちろんありますが、一度状況を整理して、童貞卒業までの作戦を立て直してみてはどうでしょう。

参照URL:
http://sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/experience_sex.html