断られない!女友達をデートに誘う賢い方法3選

くの氏

女友達はいるけど、二人で遊びに誘うのはちょっと意識してしまうものです。
でも、たまには大勢じゃなくて二人でデート気分で遊んでみたい気持ちになりませんか?

もちろん友達なので、二人で遊んでも全然問題ないわけですが、恋人同士のデートっぽい誘いをしてしまうと女友達に変に意識されてしまうので難しいところです。

友達関係をキープしながらも、女友達にOKしてもらいやすいデートに誘う方法を紹介します。

母や姉のプレゼント選びに付き合ってもらう

これは定番の誘い文句でしょう。下心は隠せますし、何より女友達に協力してもらいやすい方法です。女性の家族や親戚に向けたプレゼントを選ぶので、チョイスを女友達にしてもらう、というのは理にかなっていますよね。

女友達とデート感覚でショッピングしたいならばオススメなのはこの方法です。

プラスアルファとして、「親戚にプレゼントあげるなんて、いいやつじゃん」と女友達に思ってもらえる効果も期待できます。ちょっとあざといですけどね。

飲み会やイベントの下見に付き合ってもらう

女友達と二人っきりで飲みに行きたい時には、「飲み会やイベントの下見に協力してほしい」と言って彼女を飲みに誘ってみましょう。

飲み会の会場などは、インターネットで調べたり、インスタに投稿された写真を眺めているだけだと現場の雰囲気までわかりません。

店員さんに「20人で予約した場合はどんな席のレイアウトになりますか?」などと、それっぽい聞き込みをして、デキる男をさりげなく女友達にアピールできます。

インスタで話題のスポットに付き合ってもらう

インスタを眺めていて、行ってみたくなる場所ってありますよね。ただ、インスタスポットは大抵カップルが集まっているので、男一人で行くのはハードルが高いです。

そんな時こそ女友達にお願いして、インスタスポット巡りに付き合ってもらうのがちょうどいいですよね。

行ってみたいスポットは一箇所だけではなく、複数ある方がいいです。さらに言えば、スポットは同じエリアに固まっているとなおさら誘いやすいです。

女友達さえ同行してくれれば、インスタスポットにも浮かずに楽しめますし、彼女にインスタの投稿ネタを提供できるので一石二鳥と言えます。

【まとめ】デートだと意識されない理由が大事

女友達に「これってもしかして口説かれてる?」と思われてしまうと、バツの悪い雰囲気になってしまいます。そうならないためのテクニックを紹介しました。

要するに「君を口説いているわけじゃない」という言い訳が成立すればOKなのです。言い訳が成立してしまえば、もうあとは思いっきり遊ぶだけです。

タグ一覧へ