【童貞卒業へのアクションプラン】Tシャツを極めてモテを勝ち取ろう!

amemiya

暑さが本格化し、薄着になっていく時期になりました。
Tシャツ1枚着ていれば良い時期だからといって気を抜いていませんか。
そんな時期だからこそ、いつも以上に気をつかえば、周りと差別化できる季節です。
今、気になる子がいる人は尚更、そうでない人も周りと差をつけ、女子にアピールしちゃいましょう。
今回はTシャツの種類についてお話ししていきたいと思います。
これを読んで今年の夏の参考にしてみて下さいね。

Tシャツの強さ

Tシャツの強さ

まず、最初にTシャツの強さについて話していきたいと思います。
Tシャツの強さは、生地の厚さで判断することができ、オンス(oz)という単位で表すことができます。
オンスは、もともとヤード・ポンド法で重量を表わす単位で、アメリカを中心に使われています。
一般的に、3~4オンスの生地は、学校で作るクラスTと同じような感じのとても薄い生地になり、普段洋服屋さんで見ているようはTシャツは、だいたい5~7オンスの生地で、肉厚で耐久性がある生地になっています。

このことからこのような生地はヘビーウェイトと言われ、夏場にTシャツ1枚で着ても透けないぐらいの薄さになっています。
これからの時期に着用する場合は、5〜7オンスの生地のTシャツを着るのがおすすめです。
しかし、一概に生地が薄いから悪い、厚いから良いということではなく、全体のバランスが大切です。

初夏などにサラッと羽織るシャツを着る時に、インナーに厚い生地のTシャツを着用してしまうと、羽織のインナーで着ているTシャツの生地感に負けしてしまい、バランスが悪くなってしまいます。
同じように、秋口などに少し生地が厚めのライトアウターを着用する場合は、インナーとして着用するTシャツは厚い生地の方がアウターとインナーの生地の厚さの差がなくなり、バランスが取れ、整ったシルエットになります。
このように、したい服装によって合わせやすい生地感があることを覚えておきましょう。

サイズ感

サイズ感

Tシャツのサイズ選びですが、やはりここがとても大切です。
ただ最近は、より個性が多様化した時代になり、一概にどのサイズ感がいいとは言えませんが、おすすめはオーバーサイズの着こなしです。

ここ2、3年は「VETEMENTS(ヴェトモン)」から始まったストリートトレンドの流れがあり、ゆったりとしたシルエットの着こなしが一般的になりました。普段のサイズから2サイズ大きめで着るという人も沢山いたと思います。
最近ではこの流れは少し落ち、普段のサイズよりも1サイズ大きく着るぐらいのやり過ぎないエレガントな着こなしが主流になりつつあります。

オーバーサイズのTシャツに合わせるパンツですが、細身のものを選んであげ、強弱のバランスをつけるよう心掛けることが大切です。
また、ジャストサイズのTシャツを着る場合はワイドパンツと合わせAラインのシルエットにしてバランスを取るなど、メリハリのあるシルエットになるよう心掛けるとバランスが取れた綺麗なシルエットを作る事ができます。

ネックの種類

ネックの種類

Tシャツには大きく分けてクルーネックとVネックがあります。
クルーネックは丸首のことで、街中で着ている人も沢山見かけるのではないでしょうか。
カジュアルで優しい雰囲気を与えてくれ、どんな洋服にも合わせやすいベーシックなタイプです。

Uネック

Uネック

クルーネックより首元が詰まっていなく、Vネックよりも広くない、ちょうどその間ぐらいのデザインのものです。
クルーネックでは首元がつまり過ぎて息苦しいと感じたり、Vネックでは胸元が空き過ぎていると感じる人にはちょうど良いタイプのデザインになります。
ただ、型はクルーネックに近いのでカジュアル要素が強く出るアイテムです。

ヘンリーネック

ヘンリーネック

胸元にボタンが付いているデザインのものをいいます。
ボタンがついている胸元の部分にデザインが入っているものが多く、1枚でも様になるカットソーです。
また、ボタンがついていることで、シャツ感覚で着用できる為、カジュアルながら大人っぽい着こなしをすることができます。

Vネック

Vネック

Vネックは、肌の露出部分が多くなり、キレイな感じの印象を与えてくれます。
自然と肌の見える部分が大きくなり、首回りがすっとし、小顔に見えるという効果があります。
少し胸元を見せてかっこいい感じを演出したい場合はVネックを選んであげるといいでしょう。

しかし、最近街中でVネックを着ている人は減ってきています。
その理由として、ここ最近のストリートのトレンドがありました。
一概にはいえませんが、ストリートテイストの洋服は、キレイめというよりはカジュアルに寄っている傾向があり、VネックのTシャツよりもクルーネックのTシャツを多くのブランドで採用しています。

また、ジェンダーレスなどに代表されるように等身大の自分といった、ありのままを表せる背伸びをしない服装を好んでいる人も多いように感じます。
Vネックはどうしてもカッコつけ過ぎ感が出てしまうので、最近では少し敬遠されている理由なのかもしれません。
とはいってもクルーネックとVネック、Uネック、ヘンリーネックでは、それぞれ違った良さがあるので、自分にあったタイプを選んでみて下さい。

色と柄

色と柄

Tシャツのベーシックな色は白、黒、グレーで、これらの色ならどんな洋服とも合わせやすく、着回し力抜群です。
しかし、これからの時期はカラーTシャツが映えやすく、ぜひ着てもらいたい季節です。
ここでは、それぞれのカラーTシャツの特徴についてお話ししていきたいと思います。

最近のトレンド色紫

最近のトレンド色紫

ここ最近ではジャケット、パンツなど紫の洋服を着用している人が一気に増えました。もちろん、それはTシャツにも同じことが言えます。
淡い色合いの紫ならいやらしくなく、優しい印象を与えてくれ、普段のコーディネートに取り入れ、トレンド感を出してみましょう。

オレンジ

オレンジ

オレンジもここ最近で着る人が多くなった色です。
秋や冬はベルトやロゴデザインなどワンポイントで取り入れる人が多いですが、夏場にオレンジを取り入れるならTシャツがオススメです。

白Tにデニムの組み合わせなどの服装がシンプルになりがちな夏は、白Tの変わりに鮮やかなオレンジを取り入れ、いつものワンパターンの服装から卒業しましょう。
デニム意外にも黒のパンツやカーゴパンツなどのアイテムとも合わせやすく取り入れやすいアイテムになります。

ピンク

ピンク

トレンド色として人気が広まってきているのがピンク。今年着るならミレニアムピンクと呼ばれる優しい色合いのパステルカラーのピンクがおすすめです。
淡い色合いのデニムなどと合わせ、暑い夏でも爽やかな着こなしをしてみましょう。

黄色

黄色

黄色は今、インスタなどのSNSで1番見かけることが多い色ではないでしょうか。
ここ数年のストリートブームとも相まって、インフルエンサーが着だしたことで一気にトレンド色になりました。
黄色は強い色合いのものを選んであげると一気に今っぽくなります。
太めの黒のスラックスなどと合わせてあげてると今時の着こなしになります。

次にTシャツの柄についてお話ししていきたいと思います。
こちらも全体の印象を決定ずける大事な要素になります。

無地T

無地T

シンプルで癖がないため、きれいめ、カジュアル、ストリートなど、どんなコーディネートにも取り入れることができ、夏場は1枚で、秋口は羽織のインナーとして活用使える万能アイテムです。
スキニー、スラックスと合わればきれいめコーデ、デニムと合わせればカジュアルなコーデ、ラインパンツと合わせればストリートコーデになります。

ボーダー

ボーダー

ボーダーのTシャツは、カジュアル要素、マリン要素が強く出るアイテムです。これからの時期おすすめなのは、白地に青のボーダーTシャツです。
この1枚とスラックスを合わせてあげれば爽やかな夏のマリンスタイルの完成です。

タイダイ柄

タイダイ柄

今年のトレンドになりそうなのがタイダイ柄です。
タイダイ柄とは縛るのTieと染めるのDyeという意味からなる縛り染めということです。
柄の特徴としては、カラフルだったりサイケデリックな柄だったりします。
もともとは、ヒッピー文化に馴染みがある柄ですが、最近ではヒップホップやストリートのシーンでも取り入れられています。

キャラクター、イラスト系

キャラクター、イラスト系

キャラクターやイラストといってももちろん沢山の種類があります。
最近では、「UNIQLO(ユニクロ)」と「KAWS(カウズ)」のコラボや藤原ヒロシとポケモンのコラボであるサンダーボルトプロジェクトなどが続々と発売されています。
また、個性派として、JUN INAGAWAがデザインした萌え系キャラクターのTシャツも人気です。
「VLONE(ヴィーロン)」などとコラボし、ストリート界隈を騒がせています。

ジェンダーレスファッションもそうですが、オタクなど以前はマイナスと捉えられていた部分がフォーカスされ、それぞれの個を表現しています。
圧倒的に流行るというものが少なく、多様性の時代になり、より個にフォーカスされるようになり、自分を表現できるという服がこれからのトレンドなのかもしれません。

プリントT

プリントT

昨年からTシャツの後ろにプリントされたデザインが入っているバックプリントのTシャツが大人気で今年も引き続き好調です。
しかし、今年は昨年よりもシンプルな感じのロゴが人気なようです。

ストリートへのカウンターとしてのエレガンスがトレンドになりつつあります。
少し大きめに入っていたデザインが小さくなるなど、その人気傾向も少しではありますが変わってきています。
全面プリントで人気なのは、supremeで代表とされるようなボックスロゴですね。それが流行ったこともあり、最近では様々なブランドでボックスロゴTが発売されています。
ボックスロゴはデザインが真ん中にあるということもあり、羽織を羽織った時にもデザインがワンポイントで出ます。

ブランドロゴを入れたTシャツの人気は根強く、supreme、パレス、アダムエロペ、コンバースなど、様々なブランドから出されています。
このように、ひと目でわかる定番デザイン、シンプルにブランドを象徴するデザインロゴがあるのものは、バレンシア、ディオール、オフホワイトなどのハイブランドからも出ており、ワンランク上のおしゃれを楽しむ事もできます。

ワンポイント

言葉の通りワンポイントのTシャツとはワンポイントでデザインが入ったTシャツです。
ベーシックな形としては、胸元にワンポイントのデザインが入ったものです。
このTシャツの特徴は、無地Tシャツと同じぐらいシンプルなので、どんな洋服にでも合わせやすい点です。
シャツやアウターなどを羽織ってしまうと、デザインが隠れてしまいますが、裏を返せば、そのデザインが邪魔になることなく、着やすいTシャツといえます。夏場1枚で着用すれば、やり過ぎないおしゃれを演出することができ、きれいめスタイルなど大人っぽいスタイルと相性抜群です。

ニュービンテージ

ニュービンテージ

最近では個が進み、メルカリの影響で古着に抵抗がなくなり、古着ブームがきています。
古着の良い点は、やはり値段にあるでしょう。

物にもよりますが、ハイブランドのTシャツでも古着だったら半値ほどの値段で購入することができます。
さらに古着には人と被りにくいというメリットもあり、古着を着ることでオンリーワンのおしゃれを楽しむことができます。

また、個性派という点で変形Tも人気です。自分でイラストを書いたり、ワッペンをつけたりすることができるTシャツが流行っています。
ここには、自分で作るという工程も入り体験型となり、人気になっています。

オーバーサイズ

オーバーサイズ

大きめで洋服を着こなすというオーバーサイズがトレンドでした。
最近では、少し収束してきた感もありますが、オーバーサイズのシルエットはまだまだトレンドです。

ここ2、3年は2サイズぐらいT大きいシャツを着るのがトレンドでしたが、最近のおすすめは1サイズ大きく着るぐらいのやり過ぎないシルエットを出すことです。
オーバーサイズの着こなしをするには、着丈と身幅、肩幅のバランスが重要です。着丈が短くても身幅が大きければ、オーバーサイズのシルエットを出すことが出来ます。
今年着るなら着丈は長すぎることなく、身幅があるデザインのTシャツがおすすめです。
また、肩が落ちるようにデザインされたドロップショルダーのシルエットは適度なリラックス感を演出することができ、ゆったりとしたスタイルにしたい時はおすすめです。

パックT

パックT

パックTとは、パックに入っているTシャツで、通常複数枚入っていてシンプルな無地Tなのが特徴です。
今回は代表的なパックTを紹介していきます。

フルーツオブザルーム

果物のマークでおなじみのこちらのTシャツは、肉厚でしっかりとした生地感なのが特徴です。
2枚入りや4枚入りもあれば、ボーダーと無地のセットも販売され、様々なバリエーションを楽しむことが出来ます。
1パック買えば、普段の着回しにプラスアルファを与えてくれること間違いなしです。

ヘルスニット

1900年代初頭に登場したアンダーウェアメーカーで、胸元の3つボタンヘンリーネックニットシャツが有名です。
こちらのTシャツの特徴は、生地がしっかりしているため、何度選択してもヨレヨレにならないという特徴があります。

ヘインズ

赤いロゴが有名なアパレルメーカーです。ヘインズはsupremeとコラボをし、パックTを販売しています。
Tシャツの右下にsupremeのロゴが入り、さりげないアクセントを与えてくれます。
supremeといえば、人気でなかなか手に入りづらい印象ですが、このパックTなら通年で店舗で取り扱うなど手に入りやすいので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。
一括りにTシャツといっても様々な種類があり、非常に奥が深いアイテムです。
服装がシンプルになる夏だからこそTシャツにこだわり、ワンランク上のおしゃれを楽しみ、気になっているあの子との距離を縮めてみましょう。

タグ一覧へ