【童貞と包茎】2つの包茎にはリスクあり!

なかいで
< Boy.からのお知らせ >

なんとこの度、Boy.はYouTubeを始めました!

記事でも紹介してます!

YouTube記事一覧

ぜひYouTubeも見てください!

YouTubeチャンネル

童貞の皆さんは、包茎ですか?

日本人男性の多くが悩んでいる包茎は、意外とリスクがあるかもしれません。

ここではその種類とリスク、どうやって治すかをご紹介!!

包茎の種類は4種類!

ここではまず、包茎についての基礎知識をご覧いただきましょう。

包茎という言葉はもちろん知っているけど、一体なんぞや?

詳しく調べることもないし、そもそも病気なのかもわからない。

そういう人にはうってつけの情報です!!

包茎とは、ペニスの亀頭が薄い包皮に包まれていることです。

包茎の人にはコンプレックスが強く、童貞卒業にも抵抗のある人が多いです。

包茎の種類は、包皮の先が狭くて剥けない真性包茎・いつも包皮に包まれ、勃起で露出する仮性包茎・真性包茎を無理に剥き、元に戻らない嵌頓(かんとん)包茎・肥満のお腹にペニスが埋もれる埋没包茎の4つあります。

思春期の剥くべき時に放置していたことで、包皮が固くなってめくれなくなったことが元凶です。

真性包茎

真性包茎のリスクは、不潔で感染症になることや、性行為で痛くなることにあります。

包皮を被ったままの亀頭は不衛生で、病気やニオイの原因になります。

性行為では、挿し入れで先が強引に引っ張られ、激しい痛みを伴います。

仮性包茎

仮性包茎のリスクは、真性包茎と一緒です。

ただ、日頃から入浴中に剥いて洗浄することで、衛生的になります。

包茎の中ではリスクが低いとされ、病院での保険治療がありません。

泌尿器科クリニックや病院での自由診療で、脱包茎手術を施します。

嵌頓包茎

嵌頓包茎のリスクは高く、ペニスが皮で締め付けられている状態です。

亀頭に血液が行かないことで、細胞が死んでしまうこともあります。

一刻も早く病院に行き、手当を受ける必要があります。

埋没包茎

埋没包茎は、リスクはそんなに高くありません。

しかしペニスが小さく観え、コンプレックスになることもあります。

自力で何とか出させることは無理で、クリニックでの自由診療が対策になります。

皮かぶりはEDになりやすい!

包茎の人は、EDになるケースがままあります。

物理的な原因と心理的な原因があり、複雑に絡み合っています。

包茎の中でも、真性包茎と嵌頓包茎はEDになりやすいです。

真性包茎は、皮が邪魔して挿入がうまくいかないこともあり、ペニスが萎えてしまうのです。

嵌頓包茎は、挿入時に包皮が剥けてしまい、亀頭が締め付けられて痛みます。

その痛みに萎えてしまい、中折れするのです。

心理的原因では、自分のペニスが包茎であることや、小さいことや短いことにコンプレックスを感じ、興奮しないことがあります。

女性が「ペニスに満足しないかもしれない」「ペニスをおかしく思っているかもしれない」「バカにされるかもしれない」という杞憂で、その不安がEDを勃発します。

EDの人が治療薬を飲むように、包茎の人にも効果はあります。

どうしても治療前にセックスする時は、治療薬で強制勃起させましょう。

ペニスが大きくなると、男としての自信も取り戻せます。

今日は薬を飲んだし、大丈夫という安心感も手に入れられます。

包茎手術はどうするの?

包茎手術とは、ペニスの包皮を切除または切開し、亀頭を露出させます。

手術は局所麻酔を打たれ、日帰りで実施されます。

種類は大きく2つに分けられ、環状切除術と背面切開術になります。

ここでは乳幼児の包茎手術については省略します。

環状切除術

環状切除術は、包皮の先をハサミのような器材で引っ張り、亀頭を根元側にバックさせます。

余った皮をコッヘル2本で挟み、その間を切除します。

環状切除術は、包皮の先をハサミのような器材で引っ張り、亀頭を根元側にバックさせます。

余った皮をコッヘル2本で挟み、その間を切除します。

背面切開術

背面切開術では、包皮の尿道口から切れるハサミを突っ込み、包皮の表裏を切開し、蝶のように広げ、余った皮を環状に切除します。

前者は包皮を多く切除するので、快楽が減ることもあるそうです。

彼氏が包茎ってどうなの?

「彼のペニスが大きくなっても皮を被っていて、なんだかブサイクな餃子みたい。口で舐めてあげようにも、ちょっと変なニオイがする」(22歳女性)

「包茎のペニスにはコンドームがまともにはまらない。妊娠してしまいそうで恐い」(25歳女性)

包茎はやはり、女性に不安感や嫌悪感を抱かせるようです。筆者も20歳の時に手術をして、きれいなペニスをゲットしました。

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ