【童貞卒業へのアクションプラン】女子との雑談が上手になるためのちょっとしたコツ!

塩水

いい加減童貞を卒業したい。仲良くなるために一念発起して女性と話すことがあっても、何を話すのかチンプンカンプン。今まで男友達とばかり話していた人にとって、女性との会話は勝手も違いますし、一筋縄にはいきません。そんな男性はこの記事をご覧ください!こちらの記事では誰でも簡単に行える女性との会話術について解説していきますよ。

会話は笑顔で弾むもの

会話は笑顔で弾むもの

まず会話の基本の要素として、「笑顔」が挙げられます。笑顔の人と真顔の人、会話がしたくなるのはどちらかと聞かれたら笑顔の人だと答える人が大多数だと思われます。これは笑顔により、喋る前から親しみやすい雰囲気を相手に伝えることができるからです。

詐欺師は被害に遭った人からすると「良い人だった」という印象を持たれることが多いです。これは巧みな話術による結果でもありますが、被害者に取り入るために笑顔などの表情や仕草で相手に安心感を与えているケースが多々あります。詐欺師になれ、と言っているわけではありませんが、人心掌握術について学べることはあると思います。

女子ウケするウワサを集める

会話のときの表情を学んだあとは、いよいよ会話そのものについて見ていきましょう。女性との会話で困ることは会話のネタについてでしょう。この会話のネタというものはその場で考えて出てくるものではありません。これは男女で興味のある分野が異なる場合が多いからです。

普通に同性と話すときのように車やアイドルの話を持ち出したとしましょう。同じ趣味だと分かっているときは会話が繋がり盛り上がるでしょうが、大体の女性とは話がかみ合わないのではないでしょうか。
空気を読んであなたの話に相づちを打っている女性も、内心退屈しているはずです。退屈した記憶があると、女性は次の会話をする際に気構えます。これではいつになっても仲の進展は望めません。女性と話す際にはまず、あなたが自分の好きな話題を捨て、女性が興味ありそうな話題を振れるように下調べをしましょう。

これが鉄板トークネタ!

これが鉄板トークネタ!

女性受けする話題はテレビの特集や店頭などのポスター、女性同士の会話などから収集することができます。
女性同士の会話については、クラスメイトや同じ職場の女性たちが休み時間などに雑談しているのがなんとなく聞こえてきたらそれを覚えておいてください。気持ち悪いので聞こえなかった場合は、すぐに諦め無理に聞こうとはしないでください。とにかく自然に耳に入ってきたことだけを心にとめておきましょう。

そこで集めた内容が、次回の会話の中で生きてきます。集めた内容の中でも特に話している相手が好きそうな話題を出すのがコツです。「○○で聞いたんだけど」「○○で見たんだけど」など、自然に話題に出すようにすると、不自然さがなくて良いです。

オウム返しもアリ?

どうしても女性との会話が難しい!と言う方には「オウム返し」をオススメします。まず、女性は基本的にお喋りが好きな人が多いです。
普段聞き役になっている女性も、実は話すのが好きという人がけっこういます。この喋りたい欲を満たしつつ、会話が続く方法というのがオウム返しなのです。方法は簡単です。「そうなんだ」「へえ」などの普通の相づちの合間に、直前に女性が話していた内容から気になる単語をピックアップして聞き返すのです。

女性はその単語の説明をしてくれるはずなので、あなたが話していなくても会話は続いているという状況になります。ですがオウム返しもあんまりやり過ぎるとバカっぽい印象になってしまうので頻度に気をつけましょう。また相づちばかりでは「聞いていない」と勘違いされることもあるので、慣れてきたら受け身すぎず、自分の話をしていくことも大事です。話すことと聞くことのバランスが良いと、女性側からしても楽しい雑談をしていると感じ次もお喋りをしたいという気になります。ポイントを掴んで是非女子との雑談を楽しめるようになってくださいね!

タグ一覧へ