童貞だからこそ知っておきたい、女性が妊娠しやすいタイミングって?

塩水

突然ですが、女性の生理について、どのくらいご存知ですか?生理という存在は知っているかと思いますが、男性は保健体育の授業で習いませんし詳しくは知らないかと思います。ですが「知らない」では済まされません。女性との経験が無い童貞の皆さんも、無関係ではありません。生理についての知識は、男性にも必要不可欠なんですよ。

女性の生理は周期的にやって来る!

女性の生理は周期的にやって来る!

女性の生理というのは、一回来たら終わりではありません。初めて生理を迎えたときから毎月毎月、だいたい25日から38日くらいの周期でやって来ます。そしてその都度3日から7日くらいまでの生理期間を迎えるわけですが、これには個人差があります。短い人もいれば長い人もいます。

そして毎月同じ期間というわけではなく、そのときのホルモンバランスの乱れ方やストレスのかかり方によって、予想していた週と違う週に来たり、また全然来なかったりします。

生理は本当に大変

生理は本当に大変

生理は本当に大変です。いろいろな記事で生理痛による体調不良と言うものは取り上げられていますが、真に大変なのは生理痛による苦しみを理解されないということです。
生理の際の腹痛や頭痛などの痛みを生理痛と言います。この生理痛には個人差があり、全く痛くない人もいればものすごく重たくて布団から起き上がるのも困難な人まで様々です。
この個人差により、同じ女性同士でも痛くない人は痛い人の気持ちが察することができず「生理痛なんて甘え」と切り捨ててしまわれることがあります。
これはそもそも生理という現象を体験していない男性にとっては、気持ちを分かることは難しいと思います。むしろ不可能だと思います。

現に「ピル飲んでるってことは避妊してる、ヤリマンじゃん」「学生が婦人科行くとは何事だ」など気持ちを分かるどころか、生理についての正しい知識すら持ち合わせていないのに女性を軽視している男性がネットにはよくいます。ピルはなにも避妊のためだけのものではなく、生理痛がものすごく重い人の症状を軽くする効果もあります。
学生さんの中にも生理痛が重く悩んでいる人が婦人科に相談に行くこともあります。そのことを知らないからといって、勝手な憶測で言葉の暴力を振るうのはやめたほうがいいかもしれません。生理痛で悩んでいるのは女性自身なのですから、それ以上ストレスを増やさないでください。

排卵と着床まで

保健の教科書のような話をしますが、排卵とは生理から14日後くらいに卵巣の中から卵子が出てくることを言います。その卵子と男性の精子が受精し、子宮内に入って安定することが着床です。
排卵から着床までは7日ぐらい、着床が終わるまでは12日くらいを要します。

つまり俗にいう「危険日」というのがこの期間なのです。危険日は計算をすればおおよその日付は分かりますが、女性の体調によって変わります。
「絶対この日は大丈夫」などということはありえません。性行為は常に妊娠のリスクがあることを忘れないようにしましょう。

母体の体質で赤ちゃんの男女が選ばれる?

母体の体質で赤ちゃんの性別がどちらか決められている、とはよく言われますが、これはうそとも本当とも言えません。まず赤ちゃんそのものの性別を決めるのは男性側の精子であるという意見があります。この意見は女性側はX遺伝子しか持たないので、男性側が持っているX遺伝子かY遺伝子のどちらが着床するかによって性別が決まるということです。

もう一つ、母体の精神状況や生活環境によって中の状態が変わるので、「産み分け法」などに書かれていることをしたところで、必ずしも選びたかった性別の子が生まれるとは限りません。つまり言えることというのは、子どもを授かるということは、どちらかの責任や役割ではなく、性行為をした男性と女性、二人による協力の結果だということです。いかがでしたか?童貞だったとしても女性と接する時にリスクを与えないよう、体の仕組みについて知っておくことは重要です。

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ