【童貞あるある】女性の目を見て話せない原因と対策!

Boy.公式
< Boy.からのお知らせ >

なんとこの度、Boy.はYouTubeを始めました!

記事でも紹介してます!

YouTube記事一覧

ぜひYouTubeも見てください!

YouTubeチャンネル

女性とのコミュニケーションの取り方って難しいですよね?

女性に話しかけることも、馴染みないの人にはハードルが高いです。

筆者も、つい最近まで女性と目を合わせて話してもしどろもどろになっていましたし、そのせいで敬遠されたこともありました。

今ではイイ教訓です。

目を合わせられない若者は、童貞でなくても増加しているようです。

この記事は、そんなあなたに必見な情報を詰め込みました。

ここで自分を変えて、女の子をゲットしてみましょう!!

人見知りの解決方法!

童貞は他者とコミュニケーションを取る事が苦手なため、直接的に顔を合わせて会話をする時に目を見て話すという基本はもちろん、根本的に人と対面で話す事さえままならない方が多いです。

苦手意識を自覚している上に悪い印象を与えたくないといった考えにより、コミュニケーションを取る場自体から離れたり、必要性に迫られる環境には訪れないという選択をしてしまいがちですが、スポーツと同様に場数を踏み会話をするという環境や行ために慣れなければなりません。

人間の本能として苦手意識のある事から距離を置こうとするのは自然な事ではあります。

しかし、そこであえて意識的に他者と話をする機会を設け、人前で対等に話す事自体に慣れる必要があります。

緊張で目線を外してしまう

女性とお話をする機会に恵まれた時、経験があるの人の場合は意識的に目を合わせ、限られた時間でできるだけ相手に自分自身の事を印象付けようとします。

しかし童貞の場合は相手が目を合わせようとしても目線を外してしまい、自ら深い関係性になれるチャンスを逃しているのです。

目線を外してしまう理由としては、根本的に女性と顔を合わせて話す事に慣れていない事や、女性のメイクの目力に圧倒され緊張してしまうという問題があります。

つい視線を外してしまう場合には初めからしっかりと目を合わせようとはせずに、相手のおでこや眉間の辺りを眺めるようにすると目線を外しているように見えません。

下を向く事は暗い印象に感じられてしまうので、思わず視線を外したくなった時はさり気なく左右のどちらかを見ると自然です。

女性の目を見なくてもいい

女性と会話をする事に慣れていない場合は、常に相手と目を合わせ続けなければならないと考えてしまいがちになりますが、たとえ相手方は男性と話す事に慣れていてコミュニケーション能力にも長けているとしても、常に見つめ続けると違和感や疲れを感じてしまうものです。

つまり常に目を見続ける必要性は無く、しっかりとお話に耳を傾けていれば悪い印象を与えてしまう心配はありません。

そこで有効的なテクニックとして挙げられるのが、相手のお話をしっかりと聞きながら頷くという行ためです。

適材適所で頷いていると相手は自分の話に耳を傾け聞いてくれていると実感しますし、女性は自身の発言に共感してもらえる事で充足感を覚えるので、視線が合わせられなくても一歩踏み込んだ関係性に発展させることができます。

スムーズなコミュニケーションとは?

女性好意を寄せるのは、自分の事を特別な存在として扱ってくれる人、自分の考えに共感してくれる人、同じ意見を持っている人です。

コミュニケーションを取る時には相手の事を尊重し、同じ考えを持っているという事を伝えるようにしましょう。

一方、女性の発言への批判や否定するような意見を口にすると著しく距離感が遠くなってしまうので、相手方のペースに合わせるとスムーズです。

同じく相手のペースに合わせるという点では、必ずしも男性側がリードしようとは考える必要はありません。

相手に話して頂くようにして聞き役に徹しつつ、時折目を向けていればスムーズなコミュニケーションになります。

女性側は気持ちがすっきりする上、あなたにも好印象を持ってもらえます。

 

この記事を書いた人

Boy.の公式アカウント

記事一覧

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ