【童貞目線】彼女にするなら結局、顔と性格、どっちで選ぶ!?

Boy.公式

男女がパートナーを選ぶときに大切なところ。顔なのか性格なのか。外面なのか内面なのか。
多分、永遠に解決されない問題かもしれないですよね。

もちろん、人それぞれの好みでしょう。彼女は美人ではないけど、性格が超良い。美人だけど、性格がキツイ。
一般的には、面食いの男女と内面重視の男女には、それぞれの特徴があるようです。顔で選ぶ人は、若くて本能的な特徴が強く、性格で選ぶ人は、熟成で理性的な特徴が強いようです。どちらも有るパートナーは少なく、希少価値が高いですね。

昔から問われてきたこと

昔から問われてきたこと

童貞がはじめての彼女を作るときには、顔と性格でどちらを重要視するべきかというのが、昔から問われてきた選択です。
男として本音を言うならば顔のいい女性を彼女にすることができれば友達や知人に自慢できるけど、これまで恋愛経験がない童貞がそういう女性と付き合えるのかというと現実は難しいです。
それにどれだけ美人でも性格が悪かったら、キツイ言葉を浴びせられたりお金を貢がされるかもしれないということも心配です。
もちろん、どちらもいいのが一番なのですが、どちらかだけを選ばなければいけないとなれば悩むところです。どちらが正解かということは簡単にいえないことですから、メリット・デメリットを整理して考えたほうがいいです。

女性を顔で選ぶ人!

女性を顔で選ぶ人!

女性を顔で選ぶという人は、理屈ではなく本能的な部分で彼女を作りたいと思っています。
女性の価値は、もちろん容姿だけではないですが、性格は深く付き合ってみないとわからない部分です。とりあえず、一緒にいることを考えればそばにいるのは美人でいて欲しいと思うのはそれほどおかしなことではありません。
傾向としては、人間性とかよりも見た目を気にするのは人生経験の少ない若い男性のほうが多いです。それに、付き合いを長続きさせたいなら、出会うたびに可愛い、綺麗と思えるほうがいいでしょう。
逆に全く好みのタイプではなく、むしろ生理的に無理だと思ってしまうと恋愛が苦痛になってしまいます。付き合っていく中でいろいろと衝突することもあるでしょうが、そんなときに好みの顔なら自分が譲歩しやすいので修復もしやすいです。

女性を性格で選ぶ人!

女性を性格で選ぶ人!

女性は性格で選んだほうがいいというのは、二人で付き合っていく中でお互いのことを大事に思う気持ちを重要視するからです。
どれだけ顔が良くても人間性に問題があると自分が傷つくことになりますし、相手のことを愛よりも軽蔑や嫌悪の感情でみてしまいます。性格で女性を選ぶことで、いい相手にめぐりあうことが出来れば一生を付き合えると思えるようになり、結婚までつながりやすいです。それに顔は好みのタイプではなくても、何週間、何ヶ月と見続けていれば慣れるという意見も多いです。
よほど生理的に嫌悪感を感じることでなければ、普段会っている人の顔を見てそこまで嫌うことはないでしょう。中身で魅力を感じていけば、むしろ自分の顔の好みが彼女に近づくことだってあります。

好きは人それぞれ

童貞が彼女を作りたいというとき、顔で選ぶのか性格で選ぶのか、というのは究極の選択のようで実はそれほど難しいことではありません。
女性は顔が良くなきゃ駄目という人もいれば性格が良くなければ駄目という人もいます。
結局の所はその人が何を好きだと思うのかによります。大事なのは、自分の好きが何かを考えて、そのタイプに合った女性を探すことです。

童貞を卒業したいならば、なによりも彼女を作ることが必要です。
自分の好みで彼女を作って関係をつくることができればそれでいいですし、顔や性格は良くても別れてしまったというならば、その経験を生かして次に進むことです。恋愛は1回きりの挑戦ではないのですから、上手くいくまで彼女探しをすればいいのです。

タグ一覧へ

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。