いつも着ているTシャツは大丈夫?ダサいTシャツの特徴を解説

Boy.公式

Tシャツは普段から使用頻度の最も高い服ですよね。だからこそモテるためには一番気を使いたい服でもあります。

ダサいと言われるTシャツの特徴をチェックし、いつも着ているTシャツをモテるアイテムにチェンジしてみましょう。インナーで使用するTシャツにもこだわっておしゃれをすることで、清潔感が高くなり女子からの印象もアップしますよ。
たかがTシャツ、されどTシャツ。ダサいTシャツから脱出し、失敗知らずのTシャツ選びをマスターしてください。

首がヨレヨレだと清潔感がなくなる

首がヨレヨレだと清潔感がなくなる

Tシャツのデザインや色の前に、ヨレヨレのTシャツは外では着ないように気を付けましょう。

特に首元がヨレヨレのTシャツは、ダサいだけでなくだらしない印象になってしまいます。清潔感も下がってしまい、女子からの目線も冷たくなってしまうかも。

長年着続けているTシャツは特に注意深くチェックし、首がヨレてこないようにケアすることも大切です。ヨレヨレを防ぐためには、洗濯時にネットに入れる・おしゃれ着洗いようの洗剤を使うなどの方法がおすすめ。

お気に入りのTシャツこそ着る頻度が高くなりますので、洗濯の回数も必然的に増えがち。
今一度Tシャツの首元を確認して、少しれもヨレているTシャツは着用頻度を減らしてみると長持ちさせることができますよ。

ピチピチやダボダボにならないようなサイズ感が重要

ピチピチやダボダボにならないようなサイズ感が重要

ダサいTシャツを避けるためには、サイズ選びも重要です。必ず自分に合ったサイズのTシャツを選ぶようにし、ピチピチ・ダボダボを防ぎましょう。

オーバーサイズのTシャツを着こなすためには高いコーデ力が必要で、初心者には難しいので避けた方が無難です。また、小さいサイズのTシャツを着た際のピチピチ感は、ダサさが際立つのでNG。Tシャツを購入するときにはできるだけ試着をし、丈感や胸周り、腕周りのサイズ感を確認してください。

丈感がピッタリでも胸周りがピチピチだと違和感がありますし、ボトムとのバランスもおかしくなってしまいます。
ジャケットなどの上着を着用する際にも、自分に合わないサイズのTシャツは着ぶくれやダサいコーデの原因となってしまうので気を抜かないように。

文字がデザインされたTシャツは要注意

文字がデザインされたTシャツは要注意

Tシャツにはさまざまなデザインのものがありますが、基本的には自分の好みで選んでOKです。

ただし、文字がデザインされているTシャツは要注意。よくあるデザインではありますが、カジュアルさが増してしまいダサいTシャツとして見られがちです。
また、どんな文字がデザインされているのか確認する必要もあります。さり気なくブランドの文字が入る程度ならまだしも、おしゃれとは言えない文字や、ブランド名が大きく刻まれたデザインは避けるのが賢明。

Tシャツのデザインは、シンプルで大きすぎず、程よく個性を演出できるものが使いやすいでしょう。女子ウケを想定しても、文字がデザインされたTシャツはあまりおすすめできません。

引き締まった体にシンプルなTシャツが最強

Tシャツは体の骨格がはっきり出やすいアイテムでもあるので、日ごろから鍛えて引き締まった体を演出するのもすすめです。

どんなにおしゃれなTシャツよりも、適度に引き締まった体にシンプルなデザインのTシャツを着こなすのが男らしさを演出できる組み合わせかもしれませんね。

Tシャツのデザインにこだわりすぎると、おしゃれの主張が目立ってしまいダサくなってしまう可能性もあります。鍛えた体でシンプルTシャツを着こなせる男を目指そう!

タグ一覧へ