ダサい髪型を卒業!美容室での注文とヘアセットの仕方

Boy.公式

20代男性の40%以上は一度も彼女がいないと言われています。彼女を作るためには、ステップを踏まなければいけません。女子と会話が続かないことも彼女ができない原因として大きいですが、それよりも重要なのが髪型です。髪型がダサい男は第一印象が最悪、今回はダサい髪型を卒業し、負の状況を脱出する方法を紹介しましょう。

典型的なダサいヘアスタイルとは?

典型的なダサいヘアスタイルとは?

人の印象を決めるのは髪型が8割と言われることもあります。第一印象が悪ければ、その後どんなに頑張っても挽回するのが難しくなってしまうでしょう。髪型というのはいくら自分がカッコいいと思っても、相手の女性から好感を得られなければモテることはありません。自分では気づかないうちに、長年女性から好感を得られないようなダサいヘアスタイルをしている可能性があります。

典型的なダサいヘアスタイルとは、まず、「アシンメトリー」という髪型です。男性的には「オシャレでカッコいい」と思ってこの髪型にしている人も多いですが、女性からは人気がありません。アシンメトリーとは、左右非対称という意味で、左右の髪の長さやスタイルが異なる髪型です。人によってはオシャレで新鮮な印象を相手に与えることもありますが、人によってはナルシストやチャラいという印象を持たれることもあります。

他には、「キノコヘアー」「モヒカン」などもあまり女性から人気がありません。また、あまり髪型にこだわりがない人は、髪の毛を切るのがめんどくさくて「長髪」にしていることがあります。男性アイドルの中には似合っている人もいますが、一般人がロングヘアーをしていると、「清潔感がない」「髪が長くて気持ち悪い」と、女性から人気が高くないようです。

こういう美容室がオススメ!

こういう美容室がオススメ!

「美容室は女性が通うもの」、「モテない自分なんかが美容室に行くなんて」などと思っていませんか。美容室に行けば、プロの美容師の手によって髪型をカッコよく仕上げてもらえます。恥ずかしい気持ちや、自分の好きな髪型で自由に楽しみたいという気持ちは捨てて、美容室に通ってモテる男になりましょう。

ただし、美容室というのはたくさんあります。「美容室ならどこでもいいや」ということは、どんな髪型でもいいやと言っているのと同じです。美容室を選ぶ時は、まず、理想のヘアスタイルにしてくれる美容室を選びましょう。髪型を美容師に全て任せると、自分の髪型に愛着がわかなかったり、「こんなの本当にカッコいいの?ダサい」と思ってしまったりすることもあります。美容師によって得意なヘアスタイルも変わってくるので、お店のサイトや、ヘアカタログを見て、自分の理想の髪型にしてくれる美容室を探しましょう。

その他に大事なのが、値段と場所です。美容室のカットはそんなに安いものではありません。お金に余裕がない時は、美容室に通えなくなってしまうので、自分の予算に合ったお店を選びましょう。場所も、自分が通いやすい場所を選ぶことが大切です。また、都会にいけばいくほど競争率が高くなり、オシャレで良い美容室が見つけやすくなります。本気でオシャレな髪形を目指したい場合は、そういう所に足を運んでみましょう。

髪型のイメージはハッキリ伝えよう

髪型のイメージはハッキリ伝えよう

髪型というのは、その男性の性格やイメージによって似あう髪型も違ってきます。仕上がった時に「自分に似合わない、ダサい」「思っていたイメージと違う」ということにならないように、理想の髪型がある場合は髪型のイメージを美容師にハッキリ伝えましょう。

美容室では、どういう髪型にしたいか細かく聞かれることがあります。その時に、どういう髪型にしたいか伝えられないとお互いに困ってしまうでしょう。デザインはどうしたいのか、イメージになるような写真や画像があれば見せることも大切です。カラーリングはどうするか、髪の毛の長さはどうするかなど、意思疎通、コミュニケーションがしっかりとれれば、美容師が理想の髪型に仕上げてくれる可能性が高くなります。

ヘアスタイルの名前や、ヘアカラーの名前などを覚えておくと、髪型のイメージを美容師に伝えやすくなるでしょう。美容師から専門的な用語が使われると、何が何だかわからなくなることがあります。ヘアスタイルに関して色々事前に調べておくことが、自分の求める理想の髪型を手に入れる近道です。

簡単なセットアップの方法!

これまで説明してきた通り、ダサい髪型を卒業するためには美容室に通うのが一番ですが、男性は簡単にできるセットアップの方法を覚えておくと便利です。セットアップに最も大切なのはドライヤー。まずはしっかりとドライヤーで髪の毛を乾かし、ヘアスタイルの下地を作ります。ヘアスプレーを使えば、強風が吹いてもヘアスタイルをキープできます。ドライヤーを使いながらトップを立ち上げたり、ヘアスタイルを整えたりしましょう。

タグ一覧へ