イケてると思って送ったLINEスタンプが女子から見るとダサいキモいはよくあること

Boy.公式

LINEなどのトークアプリにおいて、自分ではイケてると思って使ったスタンプも送られた相手からは「なにこのダサいスタンプ」と思われていることが少なからずあるようです。男女ではかわいいの基準が異なる上、スタンプのチョイスや使用タイミングによってはさらに印象を落としかねず、注意が必要と言えます。

男子と女子では「かわいい」の基準が違う

男子と女子では「かわいい」の基準が違う

女子ウケしそうなイケてると思ったスタンプが、実は相手からすこぶる不評だったとしたらショックですよね。人それぞれ好き嫌いがありますので、相手の好みのデザインではなかったと考えることもできますが、実際はそんな単純なことが理由ではないかもしれません。というのも、男女ではかわいいの基準がそもそも違っているからです。

男子が持つかわいいの基準として分かりやすいところで言えば、アイドル的なかわいさが挙げられます。要は顔が良いことに大きな魅力を感じ、ルックスの良し悪しでかわいいのかどうかを判断する傾向があるのです。一方の女性のかわいいの基準は見た目で判断をするというよりも、全体の雰囲気を重視する傾向が強いです。例えば、顔がイマイチなアイドルがいるとして、男子からすればかわいらしさを感じなくても、女性からは「かわいい」と思われていることがあります。女子は雰囲気で感じ取っているため、顔がイマイチでも全体の感じが良いとかわいいと感じるのです。

スタンプの好みもそのような感じ方の違いが関係してきます。男子の場合は整った分かりやすいかわいさを求める一方、女子は全体の雰囲気が良ければかわいいと感じてくれます。意外とブサカワのようなスタンプの方が好まれるような面もあり、感受性の違いを踏まえてチョイスを行えばダサいと思われずに済むかもしれません。

女子が思うダサいスタンプとは

女子が思うダサいスタンプとは

具体的にどんなスタンプを女子はダサいと感じるのでしょうか。まず、全体の雰囲気にかわいらしさの欠片もないデザインは間違いなくアウトです。例えば、犬猫がモチーフになった妙にリアルなスタンプがあった場合、男子からすれば女子は動物も好きだろうと得意気にチョイスしてしまうかもしれません。しかし、女子にはそのようなスタンプはあまり好まれない傾向が見られます。露骨にデフォルメされたブサカワの、男子からすればどこがかわいいのか分からないようなデザインの方を好むことも多いです。それは何故かと言うと雰囲気がかわいいからで、全体にキュートさを見出しているのです。

アニメチックなスタンプもダサいと思われやすいと言えます。いわゆるオタクっぽいデザインのスタンプは、ダサいを通り越してキモいと感じられることが多いです。特に男子向けの女の子がデザインされたスタンプは生理的に受け付けない女子もいますし、「こういうのが好きな人なのか」と引かれてしまうこともあるでしょう。

気持ち悪さを感じるスタンプもウケが悪いです。その中にかわいらしいテイストが少しでも含まれていれば、キモかわいいと見てくれることもありますが、単に気持ちが悪いのは厳禁です。下品なチョイスと判断されてしまい、人間性までも疑われてしまうかもしれませんよ。

スタンプを使う最悪のタイミングとは

スタンプを使う最悪のタイミングとは

スタンプは使うタイミングも大切です。絶対に使わない方が良いと言えるタイミングとしては、真面目な会話をしている時が挙げられます。例えば、相手が怒っている時に謝罪の気持ちを伝えようとごめんなさい系のスタンプを使いたくなることがあるかもしれません。しかし、スタンプを使うと気持ちが軽く見えてしまうため、全然反省をしていないと火に油を注ぐ状態にもなりかねないのです。

相手が悲しい心理の時もスタンプはふさわしくありません。例えば、慰めてあげるニュアンスのスタンプを使った場合、男子としては親身になっている気持ちを表現したつもりかもしれませんが、悲しみを他人事にしか捉えていないように感じさせる恐れがあります。本当に悲しい時にはスタンプなど使う余裕はないものですし、それを平気で送ってくるということは全然痛みを分かってくれていないと相手も嫌な気持ちになってしまうでしょう。

返信が来ない最中のスタンプにも注意しましょう。相手からのリアクションがないとどうしたのかと気になってしまい、ついついスタンプを送ってしまう人もいるはずです。しかし、リアクションがないのは今は相手にしたくないという気持ちになっている可能性があります。そんな中、お気楽感満載のスタンプが来るとイラっとしてしまう女子もいるでしょう。連続してメッセージが来るだけでも嫌がる人もいるため、相手のペースを大切にしたいものです。

一方通行にならずトークが盛り上がるスタンプを使おう

LINEのスタンプを使うことで楽しくトークを繰り広げることができます。ですが、相手の心理を無視したスタンプの使い方には注意が必要です。自分が良いと思ったスタンプでも、女子からすれば拒絶したくなるほど嫌に感じているかもしれないからです。気持ちを無視した一方通行のスタンプの送り付けは嫌われる原因にもなりかねないため、女子の心理を踏まえながらトークを楽しむようにしましょう。

タグ一覧へ