スポーツウェアはダサい?上手なコーデへの取り入れ方をご紹介!

Boy.公式

大流行のスポーツウェアは、全身スポーツブランドで揃えてしまうとダサいファッションになりがちです。同じブランドのアイテムを1つか2つだけ取り入れてコーデすることで、バランス良くおしゃれに決まります。ただのスポーツマンに見られないように、こなれ感を出してリラックスして着こなすことがポイントです。

スポーツウェアがめちゃ流行ってます!

スポーツウェアがめちゃ流行ってます!

今やスポーツウェアは非常に多くの人気ブランドが商品開発しており、おしゃれでカッコイイアイテムに溢れています。スポーツ用品店に並ぶこうしたウェアはスポーツをする人はもちろん、普段着としても着こなす人が増えています。アディダスをはじめ、ナイキやアシックス、アンダーアーマーなどは特に人気で、スポーツ店のレジはスポーツウェアを購入する人で長蛇の列ができています。ノースフェイスやパタゴニアといったアウトドアブランドの服も大人気ですよね。

スポーツウェアの魅力としては汗を吸い取りやすく、サラリとした肌触りで着心地が良い点がまず挙げられます。汗をかきやすい男性にとって速乾性に長けたウェアは助かるものです。冬場は、防寒性の高いジャケットなども多く見られます。さらにブランドマークもおしゃれで、身に付けることで自慢にもなりますよね。

おしゃれな男性はこうしたスポーツウェアに目を付けて、上手に日々のファッションに取り入れているのです。

コーデへの取り入れ方を間違えるとダサくなりがち…

コーデへの取り入れ方を間違えるとダサくなりがち…

スポーツウェアは本来、運動をするときに着用するものです。そのため、上から下まで全てスポーツウェアで揃えてデートに行ってしまうと、まるでトレーニングや試合に行くかのようでダサいと思われてしまいます。特にジャージの上下を着て運動靴を履いてデートというのは、おしゃれをする気がないと思われても仕方ありません。近くのコンビニにでも行くような普段の手抜きスタイルだと女性は感じてしまうのです。もしくは、空気が読めないスポーツマンだと思われるかもしれません。

シャツやジャケット、ズボンだけでなくシューズや帽子などもスポーツメーカーのアイテムは生地がしっかりしていて、デザインもおしゃれな物がたくさんあります。上手にコーディネートすれば、スポーツウェアは爽やかで男らしくカッコ良く決まります。カッコイイと思われるかダサいと思われるか、要は合わせ方次第なのです。

まず、全身全てをスポーツウェアで固めるのは避けましょう。スポーツウェアは運動着ではなく、おしゃれなファッションアイテムとして着こなすことがポイントです。

ダサくないコーデへの取り入れ方は?

ダサくないコーデへの取り入れ方は?

スポーツウェアをダサいと感じさせず、おしゃれに着こなすためにはいくつかのコツがあります。まず一つ目に挙げられるのは前述した通り、全身スポーツウェアにはしないことです。1アイテムか2アイテム程度、スポーツウェアを取り入れるのが良いでしょう。Tシャツと靴をアディダスで揃えたり、帽子とウィンドジャケットをノースフェイスで合わせるといった感じです。

二つ目に、取り入れるウェアはできるだけ同じブランドで揃えましょう。違うブランドで組み合わせるとどこか不自然でバランスが取れません。そもそも、同ブランドのウェアは色合いも似ています。同色を組み合わせるだけでもおしゃれに見えるでしょう。

特におしゃれ初心者の人は、ズボンはスポーツウェアにしないように心がけるだけでも違います。どうしてもスポーツブランドのズボンは見た目も運動用であるのが一目瞭然な場合が多いです。ズボンはジーンズやチノパンなどにするとおしゃれ感が出ます。どうしてもスポーツウェアのズボンを履きたいなら、春夏用の短パンからトライするのが良いでしょう。

こなれ感を出して自然なスポーツウェアコーデを楽しもう!

スポーツウェアは、こなれ感を出して着ることで自然な雰囲気に映ります。普段からスポーツウェアを着て、軽いジョグでも良いので何かしらスポーツをするとより似合う雰囲気になれるでしょう。靴に関しても、履き慣れた感じの方が見た目もおしゃれです。少し肌を露出したり、わざとダボッとした感じにジャケットを羽織ったりとリラックスしてスポーツウェアのおしゃれを楽しみましょう。

タグ一覧へ