彼女に門限がある場合の対処法。ルールがあっても付き合える?

塩水

彼女に門限があった!「そんな今時…破っちゃおうよ」なんて言う悪い男にはなってはいけません。なぜならその門限破りたった1回でも、彼女との交際に亀裂が入る危険があるからです。

門限を守る=ご両親からの信頼

門限を守る=ご両親からの信頼

古くさい・昭和のようと思う人もいるかもしれませんが、学生さんや中には社会人になってからも家族に門限を設けられている女性が存在します。これはなにか緊急のとき以外は破ることはできません。例えばあなたが彼女と遅くまでどこかに出かけたいと連れ出すことは、緊急ではありません。なので彼女が家族に連絡を入れたとしても、家族からのあなたの印象は「娘を遅くまで連れ出した男」です。つまり、最悪の印象をつけてしまうということです。これは親の庇護下にある学生さんの場合だと特に今後のお付き合いに支障が出てきます。なぜなら彼女との交際には送り迎えやお金の問題など、どうしても自分たちだけで全てまかなえるものではありません。つまりご家族の協力が必要と言うことです。ご両親の印象がとても良いのであれば、「彼氏と出かけるから」と言ったときに多少の門限を破ることを承知してもらえることもあるかもしれませんが、逆にあなたの印象が最悪だった場合、ちょっとしたお出かけでも「友達と出かけてくる」と彼女が嘘をつかなくてはいけない状態になってしまうかもしれません。こうなるとお互いが好き合ってたとしても、窮屈なお付き合いを続けていくことになってしまいます。

10分前には彼女を家まで送ろう

10分前には彼女を家まで送ろう

彼女の門限を守れる恋人になる第一歩は、彼女の門限よりも早めに彼女を家に送ることです。なぜ早めが良いのかと言うと、門限も待ち合わせと同じだからです。待ち合わせのときに、待ち合わせの時刻ぴったりに来るよりも、待ち合わせの時刻よりも少し早めに着いて待っているほうがスマートできちんとしている印象があります。なので門限も同じ、できればギリギリではない10分前には家に送り届けてあげましょう。早めに送り届けた際に、ご家族が出てくることもあります。そのときに笑顔できちんと挨拶をすることができると、ご家族の印象がぐっと上がります。

ルールを守れば門限が解禁されるかも?

ルールを守れば門限が解禁されるかも?

門限のルールを守り、ご家族への挨拶などもしっかりとできる男性になると、ご家族もあなたへの印象がかなり良くなります。彼女があなたと出かけると言えば送り迎えをしてくれるかもしれませんし、どうしてもイルミネーションが見たいなど、夜のイベントに行きたいときには、そのときにだけ門限を緩めてくれるかもしれません。ですが、そこに甘えてはいけません。門限を緩めてくれた=いつまでも夜遊びをさせていい、ではありません。彼女がご家族に伝えた事柄が済んだのであれば、いつまでもダラダラとせず早めに家に送り届けてあげましょう。帰る際には、先に彼女に今から帰る旨を伝えてもらっておき、家に送り届けた際には、門限を緩めてくれたお礼と彼女を夜に連れ出した謝罪などを伝えましょう。「門限を緩めたのは、彼女の家族なのに」と思う人がいるかもしれませんが、門限を決めているということは、それだけ彼女はご家族に大事にされているということです。その大事な娘をあなたと遊ぶために連れ出す許可を出してくれたのです。すなわちあなたのことを信頼しているということです。なのであなたはその信頼を失わないような行動を心がけなくてはいけないのです。

彼女のためにも門限は必ず守ろう

周りの友達にはない門限が自分だけある状況に窮屈さを覚えた彼女が自発的に門限を破りたいと言うこともあるかと思います。ですがあなたはその要望には応えてはいけません。門限は約束です。約束は破ると信用がなくなるもの。いくら彼女から言い出したことと言っても、約束を破れば、あなたは約束も守れない人間です。そんなこととなれば、彼女とのお付き合いも続けていくことが困難になってしまうかもしれません。門限は、彼女だけのものではなく、いっしょにいるあなたのものでもあるということを覚えておいてください。

タグ一覧へ