【童貞卒業】普通の学生がEDを乗り越えナンパ師になり27歳で童貞卒業するまでの体験談

まっきー

ごくごく普通の学生が苦難を乗り越え27歳で童貞を卒業するまでの体験談を赤裸々に告白。
EDを克服しナンパ師となって自分に自信を持つようになったいきさつがとても興味深いです。
童貞を卒業できずにコンプレックスを持っている男子にぜひ読んでもらいたい体験談となっています。

体験談を語ってくれる “まっきー” の自己紹介

体験談を語ってくれる

27歳まで心因性ED(緊張からセックス直前などでできなくなる心の病)のため童貞。
ストリートナンパを始めわざわざ渋谷に引っ越す。元々は真面目な地方の銀行員。現在東京在住のフリーランス。

まっきー

まっきー

留学、放浪後東京へ。バイトから始め、民泊運営なども経験。現在はインターネット物販やっています。元銀行員。27歳まで童貞。元ナンパ師。HIU54期(2019/01)

野球部の中で雑に扱われるいじられキャラで全くモテなかった中学〜高校時代

野球部の中で雑に扱われるいじられキャラで全くモテなかった中学〜高校時代

昔はいじめられたり不登校だったけれど、今は社長でイケイケに!そんな人もいますが、私は普通の学生でした。
いじられキャラという以外は。

野球部って何人か必ずいじられキャラ要員っていますよね。私は完全にそれでした。
気がついたらいじられキャラで中学からの友達も同じ高校へ進学することもありキャラは変えれませんでしたね。
田舎だと世界が狭いのでキャラを変えてもすぐにバレますからね(笑)
だから意を決して高校の時に2人くらいに告白したのですが全くダメ。余計にいじられました(笑)
いじられキャラって本当に損だったなと今では思います。
彼女がいるやつが本当に羨ましかったし、一緒に下校とかしたかったですね。

塾とかで駅前に行くと他校の女子高生とすれ違ったりして、この時期から「声かけたい、仲良くなりたい」と思ってました(笑)
まあこれは健全な男子高校生ならそう思いますよね。
しかし当然そんな勇気もなく現実は彼女と自転車で二人乗りしてる友達に「ヒューヒュー」とかいう雑魚キャラでした。

あっという間に2年ちょっとが過ぎ、高校3年の夏からは進学校だったので受験勉強しかできませんでした。
もうこの時期には県外に出て大学デビューをすることしか考えてませんでした。
彼女はできなかったし野球部でも最後の大会をスタンドで応援。
ここで受験にも失敗したら俺の高校時代ってクソだなと思い必死に勉強してました。
要領はよくないので量でカバーしようと直前期には1日12時間勉強してなんとか志望大学へ行くことが決まりました。

地元の友達に会わないタイミングで茶髪にして関西の大学へ進学しました。
そういえば文化祭の時クラスの女子と揉めて一部の女子から干された思い出もあります。
マジで二度と高校時代には戻りたくないですね(笑)そんなイケてない中学高校時代でした。

大学デビューに成功し彼女ができるも緊張してうまくいかない

大学デビューに成功し彼女ができるも緊張してうまくいかない

大学は京都市内の大学へと進学しました。京都といえど当時の私からしたら大都会。
おまけに厳しかった親にも何も言われないので生活がすさんでましたね。

中学高校6年間無遅刻無欠席という気持ち悪い記録が嘘のように授業をサボってました。
本当に意味のない4年間を過ごしてしまったと思います。
下宿代と大学の授業料があれば18歳からもっと違うことができたのではと思います。

それはさておき、恋愛面では入学直後から幸先の良いスタート切りました。
真面目な学部だったので茶髪の人がいなくて目立っていたのかすぐに彼女ができました。
スクールカーストが一気に上になっていて、自分じゃない気がしてそわそわしてました(笑)

しかし人生の試練が待ち構えてました。彼女といざ・・・となった時、直前でうまくできなくなりました。
結局「やっぱり好きじゃないわ」って感じで別れてしまいました。
今思うと本当に申し訳ないと思います。原因は予習不足やAVのえが刺激的で、ハードルが上がっていたことなどがあると思います。
昔違う場所でこの話をしたときに同じ症状の若い人が結構いて共感を呼んだことにびっくりしました。

話を戻して、大学の時にもう2人ほど童貞を卒業できるチャンスがありました。が両方ともダメでかなりメンタルをやられました。
結局大学卒業までに童貞は卒業できないという入学時に想定していた最悪のシナリオになってしまい、今思い返しても相当辛かったですね。
友達にも相談できず、見栄っ張りなので童貞じゃない感じで装ってました(笑)
童貞のプライドって死ぬほど高くなりがちですからね。
例えば「俺はチューまでしてるしまだマシな方」「あの子は俺に気があるからいつでもいける」など。
どんぐりの背比べ状態ですね。気持ちはわかりますが今すぐやめましょう(笑)
そんなこんなで再び田舎で銀行員としてUターンする話へ続きます。

社会人でひっそりと素人童貞に

社会人でひっそりと素人童貞に

この時は会社もつまらなくて、一人暮らしから実家に戻ったこともあり自由がなくかなりストレスでした。
会社では怒られすぎて胃潰瘍になってました。

そんな時期に飲み会の後、みんなで風俗行くぞ!ってなり、しれっと素人童貞に成り上がりました。
いやこれは成り下がったですね(笑)
多分23歳の時でしょうか。そこからハマりはしませんでしたが友達と飲んだ後とかにたまに風俗に行ってましたね。

今ならナンパしますが、会社で怒られまくってた時期にそんなエネルギーや発想がなかったです。
結局その時の会社は高校の時から行きたかった東京へ行くことだけを決めて2年でやめました。
次の進路を決めずに銀行を辞めるとか頭おかしいですが、一度ゆっくり決めたかったので強引に辞めました。

旅をしていざ上京!27歳でナンパした女子と童貞卒業!

旅をしていざ上京!27歳でナンパした女子と童貞卒業!

会社を辞めてホリエモンこと堀江貴文さんの「ゼロ」という本を読んでヒッチハイクの旅に出たりフィリピンに英語留学という名の息抜きに行ってました。
このころから徐々に真面目さが良い意味で抜けてきました。

ヒッチハイクでは食堂にいる人やトイレから出てきた人に片っ端から声をかけるスタイルでやっていたので少しの成功体験から自信がつき、フィリピンの留学中は現地の人の底なしの明るさに「あ、人生って自由なんだ」と25歳ながら気づきました。
今思えばナンパのきっかけとなっていましたね。留学が終わり25歳のフリーターおまけに童貞の状態で上京しました。
しかし気持ちはかなり前向きでしたね。やはり前向きじゃないと童貞は卒業できませんからね(多分)

シェアハウスに住みながらがっつりバイトや派遣で働き、時折旅に出る。
そんな生活を半年していて当時流行っていた民泊を「楽しそうだから」という理由で初めてみました。
2軒運営してもあまり稼げず途中で気がつきました。「俺東京で遊んでないし、そういえば童貞だったわ」26歳の時でした。
ひとまず月収50万を目指し、ウーバーイーツやせどりを開始。
東京の女子と遊ぶにはお金が必要と田舎者は思ってしまいました。

ある程度稼げてきた時に、以前から読んでいたナンパブログから飲み会の案内がきてました。
死ぬほどビビりながら安くない金額を払って行ってみました。
ちなみになぜナンパが魅力的だったかというと以下のとおりです。
・東京の男友達がいないしいても遊んでなさそう
・27歳で童貞の彼氏とか女子からしたら重い
・EDを治すために経験値を積む
・相席屋とかあるけどコスパ悪そう
・ナンパができるようになったら旅先などでもできる

その飲み会で仲良くなった人と後日池袋でナンパをしてみることになり前日からそわそわしてました。
ちなみにナンパをしている仲間を見渡すとモテない時期とかを乗り越えて懸命に努力しているパターンが多いです。
昔からモテていた人もやってますがおそらくイケメンでも無視されることが多いし普段から出会いもあるのでナンパのような過酷な競技(笑)は割に合わないと思ってしまうのでしょう。

話を戻して初めてナンパをした時の相方は40歳手前のおじさんに近い見た目でした。
しかしその方が一人でガンガン声をかけて、無視されてもその姿がかっこいいと感じました。
そして私も行ってみよう!と思ったときに一瞬ためらいましたが、「こんな年齢の人でも行ってるんだ」という失礼な後押しもありなんとか声をかけました。

一人で初ナンパをした時は緊張して心臓が飛び出るかと思いました。呼吸困難寸前でしたね(笑)
しかし収穫もありました。その日10人くらいに声をかけることができてほとんど無視されましたが、一人かわいい女子が話してくれました。
高校にいたら学年でトップレベルの可愛さです。こんな俺でもいけるんだと大興奮したのを鮮明に覚えてます。
ちなみに緊張しすぎてLINE聞くの忘れてました。どんだけモテない体質になってんだ俺、って感じですがこの小さな成功体験でかなりモチベーションが上がりましたね。

声をかけようとしてもかけれないしんどい時期を乗り越えて、ナンパした女子と初体験に成功しました。
ちなみにその時はクリニックからもらった薬を飲みました。
おそらく300人くらいに声をかけた後じゃないですかね。ナンパで卒業とかほんと絶滅種ですよね。

そこからはどんどんハマっていき、週5日でナンパしていてついには渋谷に引っ越すことを決めました。
カレーを極めたい人がインドへ修行に行くノリですかね。
渋谷の家賃の高さに引きましたがそれが逆に良いハードルになり仕事も頑張れました。
渋谷に引っ越してからは毎日ナンパをしてました。多分1ヶ月でに500人とかに声かけしてました。
ナンパの話しは尽きませんね。女性経験が増えると徐々に自信がつき薬なしでもできるようになりました。

ナンパの世界に飛び込んで得たもの

ナンパの世界に飛び込んで得たもの

正確ではないもののナンパをしている人は8千人ほどいるそうです。
ネットで検索してみると有名人ともなると数万人に声をかけていたりします。
彼らがサッカーでいう日本代表だとすると私はJリーガーくらいでしょうか。
それでも得られたものはたくさんありました。

見た目を意識して美容院からファッションまで網羅的に研究したり、女子がどういうリアクションが欲しいのかを考えたり。
特にコミュニケーションスキルはかなり上達します。
コミュニケーション能力を向上したいからという理由でナンパしてる意識高い系もいるくらいですからね。

ちなみにあの福山雅治さんも若いころは渋谷でナンパしてまくっていて、無視もされていたそうです。
そして福山さんはナンパを推奨されてます。私は「福山雅治の顔でも無視されてたんだから」と無視されまくっていた時、勇気をもらっていました。

また私の場合はナンパをし始めて女子が何を考えているのかを生まれて始めて考えました。
多分モテない男子はこの辺がそもそもできていないのだと思います。
トップクラスのナンパ師が「詰将棋」に似てるというようにナンパは相当頭を使います。
逆に軽いノリも必要なのでかなり難しいのです。

また美味しい思いもありますが当然辛かったこともたくさんあります。
マジなトーンで「お前鏡みて来いよ」と言われたこともあります。罵倒されたり罵声も浴びます。
ナンパ師=ゴミクズと思っている女子も一定数います。
ナンパを続けているうちに話かけた瞬間の表情やリアクションでわかるようになりました。

しかし最初の時期は変に粘りすぎてたまに罵声を浴びるたびにかなり落ち込みました。
女子も例えば会社の同僚の男と食事をしてつまらなくても我慢すると思いますがナンパ師が相手だと後腐れないので全力でディすられますから(笑)
その逆でうまくいけば持ち帰ることもありますがそううまくはいきません。
自分の実力がない悔しさから路上で半泣きになることもありましたね(笑)
ボイスレコーダーで女の子との会話を録音して復習して研究してました。
それをナンパ仲間に聴いてもらってめちゃくちゃダメ出しされて自己嫌悪になったこともあります。
※こんなことしてるナンパ師はまずいないので女性の皆さんは安心してナンパされてください。

自分を変えたい童貞の皆さんに伝えたいこと

私の場合はEDの克服や、女子と遊びには行けるものの最後のひと押しができない自分を変えたくてナンパをしていました。
その過程で不特定多数の女子と関係を持ちましたが別にそのことを自慢したくてこんなことを書いているわけではありません。
一人の女性とずっと一緒にいることも当然ありだし私にはその経験がないのでちょっと羨ましくもあります。

ただナンパしていたことを言うと「え、いいな」「すごっ」などと言われます。
それは会社を辞めてフリーランスになったことや、英語留学に行ったことを言った時も同様です。
毎回「じゃあみんなやりたいことやればいいじゃん」と思うので男性のほとんどがしたいと思っているストリートナンパをやってたと言っているだけです。

私もコンプレックスが多くて自信がなかったので踏み出せない人の気持ちも痛いほどわかります。
やや大それた話にもなりますが、現在草食系男子や高齢童貞が叫ばれている社会です。
たかがナンパですしそれだけで変われる保証もありません。
しかし別にナンパに拘らなくてもナンパ以外でも何か変わるきっかけを掴み、思ったような恋愛をしたり人生を歩めるように私も応援してます。

タグ一覧へ

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。