【大人の婚活】マッチングアプリを30代から開始するべき4つの理由。

YUUDAI

マッチングアプリを使う層として一番多いのは、男性の場合30~36歳あたりであるといわれます。
仕事である程度の地位につき、周りを見る余裕が出てくるので、そろそろ結婚を考えても良いと感じるのがこの年代です。
30代になると、合コンに参加するには似つかわしくない落ち着きが出てきていることを自覚するため、出会いのチャンスが必然的に少なくなります。
そうしたときに需要を満たしてくれるのが、マッチングアプリであるといえます。

結婚を視野に入れた出会いに限定できる

結婚を視野に入れた出会いに限定できる

マッチングアプリであれば、必ずプロフィールを入れることが必要となります。そこに自分の自己紹介や、どんな相手を求めるのか、どんな恋愛をしたいのかということを記載することになります。つまり恋愛に対して前向きな気持ちがある人ほど、自己紹介文に力を入れます。
暇潰しでしている女性はそこを充実させることはありませんし、逆に真剣な出会いを望む人は、必ずその旨を書いています。
そのため、将来結婚を視野に入れた付き合いをしたい場合、マッチングアプリであれば簡単に相手を見つけることが出来るのです。

コンパ・合コンより本気の女性に出会える

コンパ・合コンより本気の女性に出会える

コンパや合コンにくる女性は、本気の恋愛をしたいという人がほとんどいないといえます。
基本的には飲み代が安かったり、話のネタになるという理由でその後の女子会を目的にする女性が多い傾向にあるのです。
対してマッチングアプリでつながった女性は、最初からその相手と恋愛関係になる可能性があることを前提として会うことになるので、初対面で会う時にも変な探り合いをする必要が無くなります。そのため、最初に会ってからも関係の進み方がスムーズになるといえます。

年齢・職業・性格など条件を絞って探せる

年齢・職業・性格など条件を絞って探せる

マッチングアプリにおいて最も重要なのはプロフィールです。
年齢・住所・職業等、サイトによって入力項目は様々ですが、そうしたキーワードから活動範囲や年齢が近い人、同じ趣味を持っている人というように条件を絞り込んで相手を探すことが出来ます。そのため偶然の出会いを待ち続けたり、顔を合わせて初めてその人のことを知る事になるようなお見合いをしたりするよりも、確実に最短ルートでマッチングすることが出来ます。
たとえば自分よりも年下の女性が良いという場合でも、初めて会った女性に年齢を訊くのはエチケットとして憚れるものです。住んでいる地域も分かっていれば、デートの約束を取り付ける際にどこへ行くのかということも決めやすくなります。
もちろん、そのためには自分のプロフィールも、一目見て分かりやすいような情報を載せておかなければ、ユーザー検索に引っかかってくれないので、マッチング率が下がってしまいます。

「そろそろ婚活」なら迷わずマッチングアプリを

30代ともなれば、周りにも家庭を持つ人が増えてきて、知り合いの結婚式にも出席したり、親からの質問攻めに合ったりと、嫌でも結婚を意識するようになるものです。同年代の女性であれば、男性よりも更にそういったことを意識するようにもなりますが、半面婚活をしているところを見られるのが、焦りを感じている様で恥ずかしいと思っている女性も大多数います。
そのため、真剣な出会いを求めている真面目な女性ほど、自分と相性の良い男性を見つけられるマッチングアプリを使っている傾向にあります。そのため、結婚を考えている30代であれば、女性と同じくマッチングアプリを使ってみることをおススメします。

タグ一覧へ