【徹底紹介】コーチジャケットのお洒落な着こなし!幅広コーデ集

シュン

新しいアウターが、欲しぃぃぃ…!

  気温も寒くなり、シャツの上にも一枚欲しくなってくる今日この頃。 新しいアウターが欲しいと思いコーチジャケットを買ったものの、どう着たらいいか分からない。 もしくは、新しいアウターが欲しいけどコートは持っているから異なるタイプのアウターに挑戦してみたい。 その際のコーディネートも参考にして買うか決めたい。今回はそんな方達へ向けて、今期のトレンドである『コーチジャケット』をテーマに、その着こなしを含め紹介したいと思います!      

そもそもコーチジャケットとは?

    コーチジャケットとは、襟がついており袖口はゴムで絞っていて、裾は紐が通されていて絞れるようになっているナイロン製のジャケットのことです。 基本的にはアメカジに使われるイメージが強いですが、中に何を合わせるかによって印象が変わってくる一着。     今回は、Boy.読者の方に向けてシティーボーイ系の綺麗目なテイストのコーディネートを多くご紹介していきたいと思います!      

コーチジャケットを徹底的に活かす。幅広い着こなし方、カラー別紹介◎

 

①BLACK

コーチジャケット×ノーカラーシャツ

    まずはベーシックなのがこのスタイル。このコーチジャケットはストリートブランドで有名なSTUSSYの物です。 中にトレンドであるノーカラーシャツ、ボトムスには綺麗目なパンツを持ってくることでまとまりのある清潔感あるスタイリング。    

コーチジャケット×プルオーバーパーカー

    中にオーバーサイズの白のプルオーバーパーカーを持ってきてスキニーで引き締めたのがグッド。赤のスニーカーも色味がでて良いアクセントです。    

コーチジャケット×レイヤードスタイル

    上だけ閉める。レイヤードする。なんていうこじゃれたこともやってみるとお洒落度アップです。    

コーチジャケット×オールブラックスタイル

    こちらはオールブラックコーデ。ジャケットのナイロン生地のおかげで野暮ったい印象になりません。    

    こちらはちょっと番外編になってしまいますが、コーチジャケットは女性にもよく似合う。カップルでペアルックなんてしてみるのも素敵です。

  次はネイビー系、ホワイト系のコーデです!  

②NAVY

コーチジャケット×グレーT

    ネイビーとグレーはいつでも合いますね。グレー系のポンプフューリーを使うのもトレンド感があります。    

コーチジャケット×ホワイトタートルネック

    白のタートルネックにハットとか王道です。あ、やっぱりグレーは入るんですか。笑    

コーチジャケット×アイスウォッシュデニム

出典元 us.topman.com

  アイスブルーのパンツを合わせると爽やかな印象。春先にもこのアイテムは使えます。  

コーチジャケット×肩掛け

なんでこんなお洒落に見えるのだろう。。。    

③WHITE

コーチジャケット×チェックロングシャツレイヤード

    白いコーチジャケットはどう使うかによって印象が大きく変わってしまいますが、このようにトーンを合わせてチェックロングシャツを使うことでまとまった印象になります。    

コーチジャケット×モノトーンコーデ

    全体的にモノトーンで、スポーティーな合わせ方。 白は爽やかなのでアウターで使うと人を選びますがコーチジャケットだとぐっと取り入れやすくなります。    

コーチジャケット×フード付きデザイン

    フードがついていると可愛らしいですよね。    

コーチジャケット×同色バケットハット

    後ろ姿なのが残念ですが、、やっぱりレイヤードにはトップスとボトムスの中間色が合いますね。ホワイトのトップスにホワイトのバケットハットは個人的にツボです。笑    

コーチジャケット×オーバーサイズ

    上をダボッと、下で締める。全体的に白で統一。綺麗にまとまってます。     最後はべージュ系のコーデです!    

④BEIGE

コーチジャケット×黒パンツ&スニーカー

    シンプルにベージュと黒パン、かっこいい。    

コーチジャケット×遊び心のあるシャツ

    中に遊び心のあるシャツを持ってきて、ボトムスで抜け感をだす。 ストリート感なく、楽に着られますよね。    

コーチジャケット、意外と使いやすい。

  いかがでしたでしょうか。コーチジャケットはチェスターコートやノーカラージャケット、MA-1が流行するなか、それと一線を画す異質な存在であり、ファッションの幅を広げてくれる貴重なアウターです。さあ、コーチジャケットを着て街へ繰り出しましょう!