切ない失恋ソング*「indigo la end」のおすすめ名曲集

entertainment | 2015.10.31

失恋、切ない気持ちを歌にのせて

Boy.読者の皆さん、こんにちは。
秋もだんだんと深まり、1人になると、どこか切なさを感じる季節となってきました。

さて、あなたは「切ない気持ち」と聞くと何を連想しますか?
青春、初恋、、、答えはいろいろあると思います。

そこで僕が出した答えは失恋」です。
失恋したときって、気づいたら切ない曲を聴いたり、失恋ソングをカラオケで歌ったり、なんてことありますよね。

そこで今回は、切ない失恋ソングを歌う「ゲスの極み乙女。」のヴォーカルの別バンド、「indigo la End」を紹介します!!

「indigo la End」ってどんなバンド?

「indigo la End」は、あの人気バンド、「

」のVo. 川谷絵音が手がけるバンドです。
彼は([Champagne])の川上洋平さんとも仲が良かったり、SMAPに楽曲提供していることでも有名ですね。

そんな「indigo la End」の最近の曲は、恋愛、特に失恋をテーマとした曲が多く、共感できる歌詞が多いです。

魅力1:切なくキャッチーなメロディー&歌詞

彼らの音楽どれをとっても言えるのが、どこか切ないメロディーと歌詞です。特徴なのが歌うようなギター。キャッチーでありながら胸が締めつけられる。その絶妙なバランスが人気の秘訣です。

◆ダビングシーン(2014年 miniAL「あの街レコード」)

◆名もなきハッピーエンド(2014年miniAL 「あの街レコード」)

◆さよならベル(2015年 AL「幸せが溢れたら」)

魅力2:演奏技術

1度生で見ればわかります。メロウな曲からアグレッシブな曲まで、彼らにしかできないエモーショナルな表現でオーディエンスを惹きつけます。

◆悲しくなる前に(2015年 Sg「悲しくなる前に」)

◆夏夜のマジック(2015年 Sg「悲しくなる前に」)

◆夜明けの街でサヨナラを〜Live〜 (2014年 miniAL「あの街レコード」)

魅力3:ドラマチックなMV

失恋ソングにドラマチックなミュージックビデオ。たった4分前後の世界なのに、とても惹きつけられるものがあります。

◆瞳に映らない(2015年 AL「幸せが溢れたら」)

◆雫に恋して(2015 Sg「雫に恋して/忘れて花束」)

◆忘れて花束(2015 Sg「雫に恋して/忘れて花束」)

おしゃれも忘れない「indigo la End」

ここまで見ていただければわかる通り、このバンドとてもおしゃれなんです。
特に川谷絵音さんやベースの後鳥亮介さんはWEARもやっています。

切なさが溢れる「indigo la End」

「indigo la End」いかがでしたか?
「ゲスの極み乙女。」だけでなく、「indigo la End」でも精力的に活動を続ける川谷絵音さん。これからの活躍にも期待大です。