【これは欲しい!】カメラ「GoPro」スペック比較とアクセサリーおすすめ

12,340 views


GoProの”凄さ”を知っていますか?

出典元 acthouse.net

現在史上最強レベルと呼ばれるウェアラブルカメラ、「GoPro」

その魅力は、超広角レンズが捉える圧倒的な高画質ビデオであり、そのレンズをどんな衝撃からも支えるハウジングであり、構図・アイデアを無限大に広げていくアクセサリーでもあります。

出典元 jp.gopro.com

そして何より、「GoPro」がいるだけで、今までにない旅を、体験をしたくなる。

スペックだけあって、高価な買い物になります。後悔はしたくないですよね。

購入を検討していると突き当たる各エディションのスペック比較と、目的別に必要になってくるアクセサリー(これが公式だとイマイチわかりづらい・・・)についてまとめました。

GoPro初心者のためのスペック比較

現在ラインナップされているカメラは全部で6種類。公式ホームページでそのスペックの詳細と比較が出来るが、これがカメラ初心者には少々難解です。

「で、実際どうなの?」を一緒に紐解いていきましょう。

1.HERO4 Black

出典元 shop.gopro.com

GoProシリーズの中でも最高スペックを誇るBlack Edition。

高品質動画/静止画の撮影、夜間の低速度撮影、そして40m防水を可能にしたハウジングはご存知の通り。

日本では「アドベンチャー」「サーフ」の2種展開。それぞれ車や自転車に装着するため、サーフボードに装着するためのマウントが付いているのが違いです。

●シリーズ最高のフレームレートを実現

Silver Editionと比較して優位に立つのが、ビデオ撮影時のフレームレート。

フレームレート(fps)とは、1秒間に何コマの静止画が記録されているかという数値であり、この値が大きければ大きいほど「ヌルヌル動く」動画が撮影できるというわけです。

出典元 facebook.com

超高画質(ウルトラHD)4K映像(最大30fps)と、秒間最大240fpsのスローモーション撮影(一般的な映画は24fps)を実現。

スローモーション撮影では、史上最高の没入感と迫力を味わうことができます。

商品名
GoPro HERO4 ブラック アドベンチャー/サーフ
品番
CHDHX-401-JP
価格
税込価格 69,120円 (本体価格 64,000円)
推しポイント
 世界最高水準の高画質動画

2.HERO4 Silver

出典元 shop.gopro.com

Blackよりも少し価格を抑えながらも、夜間撮影や40m防水、Wifi接続などの大事なところをしっかり押さえたこちらも最上級モデル。

●タッチスクリーン搭載

Black Editionと対を成す存在、Silver Editionの1番の特徴は、やはりタッチスクリーンでしょう。

これによって撮影時に被写体を確認できることと、撮影後に完成品をすぐ閲覧できるようになっています。また、SDの容量が満杯になった際に、手際よく不要なファイルを削除できるのも良いです。

出典元 facebook.com

●もちろん高画質。多くのユーザーが手に余すほどに。

もちろんSilver Editionでも4K動画(最大15fps)を撮影することが可能です。

正直言って一般ユーザーにはこのスペックで十二分。Black Editionを購入する層には、ツーリングや競輪競技者が多いのにも納得です。(筆者は主に旅行やお出かけに携帯したかったので、Silver Editionを選びました!)

商品名
GoPro HERO4 シルバー アドベンチャー/サーフ
品番
CHDHY-401-JP
価格
税込価格 53,990円 (本体価格 49,991円)
推しポイント
 初心者でも一生使える機能性、品質。

3.HERO4 Session(セッション)

出典元 283-japan.com

さらに洗練され、約50%軽量化されたボディーがGoProシリーズに新しい風を吹き込んだ。その小ささが成し遂げたのは、究極の搭載柔軟性。

[Advertisement]

一風変わったそのフォルムに、なんだこれ?とは言わせません。

●圧倒的耐久性。防水に別個のハウジングは不要。

GoProシリーズの耐久性は世界最高レベル。ゴルフクラブですっ飛ばしても壊れません。だから広い草原で、思いっきり天に向かってGoProを放り投げてみて。

出典元 mashable.com

そしてHERO4 Sessionは防水にハウジングも不要。そのコンパクトなボディそのままに、あらゆるスポーツ、アクティビティを様々な角度から記録します。

商品名
GoPro HERO4 セッション
品番
CHDHS-101-JP
価格
税込価格 45,144円 (本体価格 41,800円)
推しポイント
 究極の搭載柔軟性。

4.HERO+ LCD

出典元 www.californiakiteboarding.com

後述する初心者モデル、「HERO」にタッチスクリーンとWifiコントロールを搭載した機能性重視モデル。

4Kとまではいかずとも、一般的にフルハイビジョンと呼ばれる1080p(最大60fps)はもちろん実現。

40m防水も可能なので、画質よりもコスパを重視したい学生や初心者には嬉しいモデルです。

商品名
GoPro HERO+ LCD
品番
CHDHB-101-JP
価格
税込価格 42,120円 (本体価格 39,000円)
推しポイント
 タッチスクリーン搭載かつコスパなら。

5.HERO+

出典元 gopro.com

こちらは新製品。前述の「HERO+ LCD」からタッチスクリーンを取り除いたもの、と考えてください。

最安値の「HERO」よりもfpsの点で優位に立ちます。

商品名
GoPro HERO4 +
品番
価格
税込価格 29,800円 (本体価格 27,710円)
推しポイント
 少しだけ背伸び出来る初心者向け。

6.HERO

出典元 shop.gopro.com

可能な限り価格を落として、実現したGoPro入門モデル。シリーズ最高のコストパフォーマンスを誇ります。

出典元 facebook.com

1080p(最大30fps)の高画質、40m防水はそのままに、Wifi機能やタッチスクリーンなどのオプショナルな機能は徹底的に省かれています。

正直これだけも十分すぎるのが、GoProシリーズ。

商品名
GoPro HERO
品番
CHDHA-301-JP
価格
税込価格 21,060円 (本体価格 19,500円)
推しポイント
 圧倒的コストパフォーマンス。

さて、どのGoProを購入するか決めることはできましたか?

続いては、購入時に揃えたいアクセサリーを確認しましょう。

この記事も気になるはず・・・?編集部からのオススメ記事

●かっこいいメンズは肌のケアを徹底している♪
男性のために開発されたバルクオム?常識をくつがえすスキンケア

[Advertisement]

The following two tabs change content below.
YUMA

YUMA

ミーハーとオタクのはざまで うさぎになりました