セルフカットは怖くない!メンズ向け前髪の切り方

hair | 2015.11.1

セルフカットの恐怖、、

セルフカットしたことある男子、いますか?

 

美容院代を節約しようとしたり、自分のイメージ通りに仕上げたい思いが強かったり、一度はチャレンジをしたことがあるかもしれません。

ただ、男の場合、女子の前髪パッツンとはわけが違います。

セルフカットの失敗しない方法、お教えいたしましょう。

 

あると便利!セルフカット道具TOP5

実際にセルフカットをする前に、セルフカットの成功率の最大化を図るべく、道具を揃えたいところ!

全部とは言わず、いくつかあると心強い。

 

●スキバサミ

 

セルフカットといえば!なハサミ。

バッサリと切れることがないので、成功確率がぐんっとアップします!

 

●眉毛用のカットハサミ

出典元 www.amazon.co.jp

眉毛をカットするための小さなハサミ。

スキバサミよりもさらに慎重に切りたい男子にはオススメ。

前髪の繊細な部分も、時間をかけて確実に!

 

●バリカン

 

出典元 www.amazon.co.jp

美容院でせっかくおしゃれに剃ってくれた部分をキープしたい!

そんな時ように持っておくと便利です。急なデートの前にセルフでちょっと整えたり♭

 

●コーム

 

出典元 www.amazon.co.jp

侮ってはいけないセルフカットアイテム。しっかりと切る前、切った後にコームをいれて、整えながらセルフカットを行いましょう!

 

●助っ人


道具ではないですが、後頭部や襟までしっかりセルフカットしたい時には、いてくれるととっても助かります!笑

 

セルフカット(前髪編)

最もセルフカットされることが多いであろう前髪。

前髪セルフカット失敗率は96%!くらいだと思います。

そんな前髪のセルフカット方法&注意点がコチラ。

 

完璧なんてない!

まずは心構えから。自分がド素人だということをもう一度思い出しましょう。ハードルを低くし、無謀な賭けにはでない。攻めすぎない。慎重に堅実にやることで、失敗のリスクをなるべく減らします。

 

髪の毛は濡らさない!

 

美容院では必ずと言っていいほど、髪を濡らした状態で散髪を行っていると思います。ですが、この状態で素人が前髪にハサミを入れると思わぬ事故につながります。

濡れた髪の束が乾くと、想像以上に広がり、変な段差が前髪に出現してしまったり。必ず乾いた状態で行いましょう。

 

ハサミは縦に!

前髪の場合は特にハサミを縦に使いましょう。前髪に対して垂直に切ると高確率でパッツンに。スキバサミといえども、前髪に沿うように、ハサミは縦にいれていきましょう。

 

マメに全体確認!

石橋は叩いて渡る。1、2回ハサミを入れたら、鏡から少し距離をとり、軽く髪をなじませて出来栄えを確認するのが大事。思わず没頭して、切りすぎちゃった!なんてことにならないように。

 

セルフカット(ツーブロ編)

さらにおまけで。

髪型のロングテールといえばツーブロック。

程度の差はあれ、街行く男の人の大多数を占めるツーブロックですが、中途半端に伸びてくるとなんとだらしないことか。

ツーブロック部分は常にすっきりさせておきたい男子必見!

 

髪をしっかり上げる!

刈り上げ部分がしっかりと露出するように、ヘアバンドなどでしっかりと髪をあげましょう。手で持ち上げながらやると、失敗しやすいので注意!

 

左右のバランスが命!

セルフカットで難しいのが、全体のバランスをとること。ここでも、石橋を叩いて渡っていきましょう。

特にバリカンをしようする際は注意が必要です。

 

アタッチメントをつけるべし!

出典元 www.amazon.co.jp

 

バリカンは、長さを均一に指定できるようになっています。オススメは6mmくらい。それ以上短くすると、青々しくなりやすいので気をつけましょう。

 

後ろは一人でやらない!!

たとえ三面鏡で後ろが比較的見えやすいとしても、無謀なチャレンジはしないこと。

思い通りにできる確率が低すぎます。やるのならば、友達や家族に手伝ってもらいましょう。

 

セルフカットにチャレンジ!

セルフカットに挑む時は慎重さが何より重要。

しっかりと環境を整えて、失敗のないようにしたいですね。