Boy.[ボーイ] | カッコイイが集まるメンズファッション

  1. Boy.[ボーイ]
  2. グルメ
  3. 【普段のデートにスパイスを】エスニック料理のお店9選《都内編》

【普段のデートにスパイスを】エスニック料理のお店9選《都内編》

  • 目次

 エスニック料理はミーハーカップルデートの新定番

おしゃれカフェ巡りに新しいハンバーガーショップ、そろそろ色々やり尽くしてませんか?


 

新たに二人でできることを見つけたい、そんなカップルにお勧めしたいのがエスニックレストラン巡り!都内には、おしゃれで美味しいエスニック料理が味わえるお店が沢山あります。

今回は、その中でもデートにおすすめなお店を9店舗、初心者・中級者・上級者向けに分けて厳選しました。二人で全店舗を制覇して、エスニック料理マスターを目指しましょう!


 

初心者カップル向け都内エスニック料理

【かわいいもの好きな彼女のために】グルガオン|インド料理|銀座

まずは定番インド料理。インド料理はカレーのお店があちこちにあるので食べた事がある人も多いはず。それでもチャレンジして欲しいのがこのお店、クルガオン。銀座付近のデートの際、ぜひ足を運んで欲しいお店です。

●タンドリーチキンをミントソースで食す新感覚

食べた事のある人も多いはずなタンドリーチキンですが、クルガオンのタンドリーチキンは一味違います。ガーリックで香ばしく焼かれている為そのままでも十分美味しいのですが、付属のミントソースをつけて食べるとより一層美味しい!ガーリックとミントの刺激が鼻を駆け抜けます。

●おすすめは三色カレー

辛口、普通、甘口のカレーの内容が日替わりで、いつ行っても違う味のカレーを楽しめるのがクルガオン。初めて行くから全部試したい、欲張りなカップルにおすすめなのは三色カレー

●名物のインド風ピザ「チーズクルチャ」も忘れずに

少しガーリックの効いたもっちりナンにとろとろチーズがたっぷり、クルガオンの名物メニュー。足を運ぶ際は絶対に食べて欲しい一品です。

●内装もかわいいから彼女もハッピー


 

メニュー以外にもおすすめなポイントがもう一つ。インドのサトウキビ畑をイメージして造られている明るい店内はかわいらしく、清潔感も保たれているので、本格的なエスニックなお店の雰囲気に慣れない女子達のウケも抜群◎かわいいもの好きな彼女ならお店の雰囲気まで楽しんでくれることでしょう。

アクセス 銀座一丁目駅から徒歩1分
営業時間 [月~金]
11:30〜15:00 LO14:30
17:00〜23:00 LO22:00
[土・日・祝]
12:00〜22:00 LO21:00
住所 東京都中央区銀座1-6-13銀座106ビルB1
電話 03-3563-0623
予算 ランチ 1500円
ディナー 3000円

引用元 Retty

【ビール好きカップルに】バンタイ|タイ料理|新宿

お次はタイ料理。こちらも食べたことがある人は多いかもしれません。それでもおすすめしたいお店がここ、バンタイ。タイ料理を提供し続けて27年のこのお店は見つけずらいビルの三階にあり、更に入り口には入りずらい雰囲気すらあるのにも関わらず、平日でも少し待たなくては入れないほど人気ぶり。在日タイ人の方たちもお墨付きだと言うのだから本場の味が保証されています。

●本場宛らなお店の雰囲気

広々とした店内はどこまでもタイ風の内装とタイ人の店員さん達とで、どこまでもタイの現地らしい雰囲気が漂っています。

●人気メニューはグリーンカレー

グリーンカレーは定番かもしれませんが、それでも食べて欲しいのがバンタイのグリーンカレー。チキンやナス、パプリカが贅沢にゴロゴロと入っていて、甘めでコクのあるココナッツ風味のスープを後から追いかけてくる辛さがやみつきになります。

ちなみに通常ライスは日本米が出てくるのですが、注文時にお願いをすればタイ米で出してもらうこともできます。とことん本場の味を味わいたいこだわり派カップルは是非タイ米でチャレンジしてみては?

●変わったものにチャレンジしたいなら

ピザにパイナップル、酢豚にパイナップル、、しょっぱい食べ物に合わせられがちなパイナップル。タイではチャーハンにもパイナップルを入れるようです。具沢山なパイナップルチャーハンはパイナップルの味がアクセントになっていてとっても美味しい!ライターもお気に入りの一品です。

[Advertisement]

●料理と合わせて飲んで欲しい

辛いものを食べるとビールが進みますよね。せっかくタイ料理を食べるなら品揃え豊富なバンタイのタイビールを一緒に飲むことをおすすめ。お酒好きカップルなら楽しめること間違いなしです◎

とってもボリューミーな上に味もバッチリ。ランチはかなりの破格でコスパも最強。お金をかけたくない普段のデートにもってこいなお店です。

アクセス 新宿駅から徒歩3分
新宿西口駅から徒歩3分
西武新宿駅から徒歩4分
営業時間 [月~金]
ランチ:11:30〜15:00
[月~金・祝前]
ディナー:17:00〜23:45 LO23:00
[土・日・祝]
11:30〜23:45 LO23:00
[祝前]
ランチ:11:30〜15:30 LO15:00
住所 東京都新宿区歌舞伎町1丁目23番地14 第1メトロビル 3F
電話 03-3207-0068
予算 ランチ 1000円
ディナー 3000円

引用元 retty.me

【カレー以外を知ってほしい】ネパリコ|ネパール料理|渋谷

ネパール料理と聞いてカレーとナンを思い浮かべていませんか?
そんなあなたはまだ甘い。ネパールにはカレー以外にも美味しい食べ物が沢山あります。これを聞いて気になったあなたに絶対行って欲しいお店がここ、渋谷の桜丘にあるネパリコというお店。

ネパール料理はインド料理と比べてお酒に合う印象。

夜はしっかりお酒に合うような料理をラインナップする(インド料理よりネパール料理の方がお酒に合う料理が多い)、ドリンク類も充実しており、お酒もビールの他、ワインに力を入れておられる(と見受けられる)など比較的夜営業が弱いとされるインド系料理店の弱点をカバーしている。

ネパール料理が初めての方に対しては、その食べ方など説明する必要がある(これが大切)が、若い女性のスタッフ(ネパール人)がしっかり説明しておられた。

●ネパール風蒸し餃子、モモ

写真はモモ 600円

『モモ(Momo)』はゴマの香りの効いたオリジナルソースでお召し上がりいただくネパール風蒸し餃子。
ネパールでは定番の一品です。

皮はモッチリ、中は肉汁が零れ落ちるようなジューシー&肉々しさと、まさにモモのお手本のような感じ。
そのままでも十分に美味しいですが、胡麻の風味が効いた酸味ベースのソースに付けると、より味わいが楽しめて良かったです

中の餡はほんの少し苦味を感じて、ややしょっぱめの味付けでした。
ソースはトマトとクリームを合わせた甘めのものでした。

トマトと胡麻が効いたオリジナルソースはやさしい味。
私の場合、チリペーストを加え辛味増しで。
生地は固めで若干粉っぽく、お腹に溜まります。
餡は挽肉中心。
べジモモにすればよかったかな。

●マトンシェクワ

出典元 tabelog.com

マトンの串焼き

香ばしいながらにお肉はジューシーで旨味がいっぱい

味は濃いめで、ビールに合います。

880円と高目ですが、本日、一番美味しかったのがこれ!
固すぎず柔らか過ぎずの肉質、適度な肉臭さ(もちろん良い意味で)、
これは美味しい!赤ワインのお供にピッタリでした♪

●ネパールの味噌汁とご飯、ダルバートを食べなきゃ帰れない

写真はダルバート ノンベジ(930円 外税)

ダルバートと言うのはネパール料理の定食のことで、ダル(豆スープ)+バート(ごはん)という意味。和食でいうところの味噌汁ごはんセットのようなものです。

セットの内容は、日本米のライスにお代わり自由のダルスープ、タルカリ(野菜のスパイス炒め)、チキンカレー、アチャール(漬物)、サグ(青菜の炒め物)、チャツネと超豪華。

全部の料理をちょっとずつライスにかけ、混ぜてから頂きます。

ぱくり。
うわぁー。凄く上品な味わい!

ダルスープはとろーっとしています。塩分はかなり控え目で豆本来の甘みが強く感じられる優しい味わい。辛味は全くありません。
チキンカレーはスパイス感も十分で適度に刺激的。だけど油分が少ないので胃に負担をかけずにサラッと頂けます。
タルカリはジャガイモやインゲンなどの野菜の甘みが生かされていて、スパイシーながら素材の旨みを楽しめる優しい味わい。
アチャールやサグを箸休めに、あっという間に完食してしまいました。
全体的に油分はほとんどなく、薄味で野菜本来の旨みを前面に押し出した上品で優しい仕上がり。

同僚の男性陣は、凄く美味しいとダルスープのお代わりをしていました。(ダルとライスはお代わり可)

胃腸への負担が少なく、栄養たっぷりでしかも美味しいなんて恐るべしダルバート!

ネパール人の気質・おおらかさが、食事にも現れているかのようです。

食後のチャイで、ほっとひといき。
あたたかい雰囲気の内装とあいまって、心もおだやかに♪

アクセス 渋谷駅から6分
営業時間 [月~金・土]ランチ:11:30〜15:00 LO14:30ディナー:18:00〜23:00 LO22:30
住所 東京都渋谷区桜丘町30丁目18番地 メイサ南平台 1F
電話 03-6416-1827
予算 ランチ 1000円 
ディナー2000円

引用元 retty.me

1 2