太宰治を読むならまずこれを読め!おすすめ作品4選

Boy.公式

言わずと知れた作家、太宰治

日本人なら誰もが知っているあの人、太宰治。 でもみなさん、彼の作品読んだことありますか? なんとなく敬遠している人が多いのではないかと思います。 おすすめの名作、生い立ち、小話、ご紹介致します。 この機会に日本文学に触れてみては。
太宰治,おすすめ,作品,名作,あらすじ,まとめ,画像

出典元 wikipedia.org

太宰治はどんな人?

まずは、彼のプロフィールから紹介しようかと思います。 ・太宰治:1909年-1948年(満38歳没) ・本名:津島修治(つしましゅうじ) ・生い立ち:貴族院議員の父を持つ六男坊として、青森県の津軽に生まれます。 ・最終学歴:東京帝国大学(現東大)仏文科中退 それからは井伏鱒二に師事し、小説活動をします。 美知子と結婚しますが、最後は愛人と入水心中で幕を閉じます。

太宰治のおすすめ作品

 ●『晩年』(1936年)

これは太宰の処女作であり、短編集です。 15作がこの1冊に詰まっており、一つ一つが短めなので、普段小説を読まない方でも読みやすくなっています。 【太宰治の名言】 ”死のうと思っていた。” 1作目の『葉』という物語。 この1文から始まります。とても衝撃的。 【晩年に関する小話】 当時27歳であった彼は、この『晩年』を、「遺書」として10年かかって作り上げました。 ”まる十箇年、市民と同じさわやかな朝めしを食わなかった。” と言っているほどです。 文字通り「命を懸けた作品」と言っても過言ではないでしょう。

『ヴィヨンの妻』(1947年)

戦後の日本を舞台に、ダメな夫を、たくましい妻の視点から描きます。 戦後間も無く食糧や酒に不足している中、金を払わず飲み食いをする夫。 その妻の元へ、居酒屋の店主がお金を返してくれと、訪ねてきます。 【太宰治の名言】 ”私たちは、生きていさえすればいいのよ。” 妻の最後の一言です。 夫がダメでも、妻は強い女性であることを表しています。 時代背景も伺えます。 【ヴィヨンの妻に関する小話】 「ヴィヨン」とは、15世紀の詩人フランソワ・ヴィヨンから来ており、彼もまた、放蕩詩人という点で夫と共通しています。 戦後、疎開先であった津軽から三鷹の家に戻ってきて作り上げた作品。 ちなみに映画化もされてます。

斜陽(1947年)

没落貴族となったうえ、父を亡くしたかず子と母のお話。 生活苦のため伊豆で暮らす中、戦時行方不明となっていた弟の直治が帰ってきますが、麻薬中毒でした。 彼は家の金を持って東京の男と遊びます。 かず子はその男に熱烈な想いを抱きます。 【太宰治の名言】 ”人間は恋と革命のために生まれてきたのだ。” この1文に、太宰の社会に対する思いや、この作品の意図が込められています。 【斜陽に関する小話】 当時、「斜陽族」という言葉が流行りました。 没落していく上流階級の人を表した言葉です。 辞典にも、斜陽の意味に「没落」という言葉が入るほど この作品は世の中に影響を与えました。

人間失格(1948年)

おそらく一番有名な名作です。 名が通り過ぎて何も感じないかもしれませんが、「人間失格」という題名が常軌を逸しています。 ある男の子を主人公に、幼少期から青年にかけての物語です。 三部で構成されており、だんだん年を重ねていきますが、同時に退廃していきます。 【太宰治の名言】 ”恥の多い生涯を送ってきました。” 生の苦しみを描いたこの作品の文学としてのテーマの深さは、 どうにかなるものではありません…。 【人間失格に関する小話】 『人間失格』→『グッド・バイ』→自殺 彼は晩年をこのような順で作ります。 だから「遺書」として捉えられることもできます。 また、太宰自身をモデルにした作品という説もあります。 映画化だけではんく、漫画化、アニメ化など幅広いです。

永遠不朽?

太宰治の代表作を取り上げました。 彼がどのような人生を辿ってきたか、 興味が湧いたらどれか手にとって読んでみてください。 これで少しでも日本文学に親しめたら良いかと思います。 人間失格は特に評価が高く、 あの又吉も絶賛してます。