【禁断の女子部屋】デートで「マジないわ」と思う瞬間

love | 2016.2.7

デートでの「マジないわ瞬間」を聞いてみた

Boy.読者のみなさん、

女子のリアルすぎる声を集めてしまった禁断シリーズへようこそ。

今宵も女子の赤裸々トークをご紹介します。

 

今回のテーマは、デートで「マジないわ」と思った瞬間。

デートの時系列に沿って「マジないわ!」な瞬間をご紹介していきます。

 

 

 

 

デートへ出かけるまでの「マジないわ瞬間」

デートの予定を立ててから、待ち合わせ場所にて会うまでの間、つまりデート本番前にも「マジないわ瞬間」が生まれてしまっているのです。さっそくご紹介していきましょう。

 

【1.デートの予定を立てる】

デートは、予定を立てるときから始まっています。

 

 

・プランをたてるのが私ばっかり(21歳・大学生)

➤美味しいご飯に詳しい私に、デートプラン全てを委ねてくる彼。せめて、ググろうか?ググってますアピールだけはしようか?

 

・流れまくる予定(22歳・大学生)

➤デートの1週間前になり、「ごめん、リスケしてもらっていい?」の連絡。×5回。リスケってなに?この関係ビジネスなの?私と会うモチベーションを保てないのでしょうか?

 

 

【2.待ち合わせ】

時間は間に合う?待ち合わせ場所はベスト?

最初の待ち合わせが、このデートの命運を決めます。

 

 

・3回連続の遅刻(21歳・大学生)

➤遅刻キャラ確定!!!おしゃれ男子に多い?という個人的見解あり。洋服選んでいるの?髪型決まらなかったの?

 

・連絡なしの遅刻常習犯(19歳・大学生)

➤遅刻常習犯かつ連絡しないやつ。待ち合わせ時間から5分ほどたち、私から連絡をすると「あと少しで着く!ごめん!」。というやり取りから15分「もうちょい!」。というやり取りから3分「お待たせ~!!!」(遅刻キャラ彼、反省の色なく現れる)。

遅刻するなら何時に確実に着くのか連絡しましょう。

 

・誕生日に、7時間の遅刻(21歳・OL)

➤私の誕生日前日に、地元で飲み明かしていた彼。7時間の遅刻をかましてくれた。

 

 

【3.一瞬で全身のファッションチェック】

彼が現れた、その一瞬で女子がするのは全身のファッションチェック。あなたのファッションで彼女のテンションは左右されると言っても過言ではありません。

 

 

・おしゃれ大好きな人なのに、前回と同じ服装で現れる(20歳・専門学生)

➤おしゃれなのに・・なんでいつも同じ格好?制服なの?いや、でももうそのファッション“あなたブランド”と化しています、許します。(※盲目レベルで好きな人に限る)

 

・個性的すぎるファッション(22歳・大学生)

➤特にサルエル男子とか。隣を歩く私とのフィット感を考えてほしい。あ、私があわせるべきなのかな???

 

 

デート中の「マジないわ瞬間」

さあさあデートが始まります。

女子の目は絶対です。「マジないわ瞬間」を量産してしまわないように細心の注意が必要です。

 

【4.デートスポットにて】

さあ、目的地へ向かいましょう。ファッションチェックC判定以下だったあなたは、ここで彼女のテンションを持ち上げましょう。まだ巻き返しはできます。

 

 

@街中

 

・思い出巡りツアー???(20歳・大学生)

➤歩いているときにいちいち「ここでよくデートしてたんだよね」とか「ここのラブホ常連だったわ~」とか話してくる彼。絶対それらには足を運びたくない。

 

・苦痛すぎるさまよい時間(21歳。大学生)

➤全然会話が続かない彼。当てもなく街中をさまよっている時って、会話のネタに困るから本当に苦痛。自然と早足になり、自然と帰宅ルートに導いている私がいました。

 

 

@カラオケ

 

・カラオケジャイアン現象(20歳・OL)

➤「私、歌苦手なんだあ」って言ったら一曲も歌わせてもらえなかった。「一緒に歌おうよ」くらい言うのがお決まりじゃないの???

 

・知らない曲ばかり歌われる(20歳・大学生)

➤肩ゆらして、必死でリズムにのって、「上手だねえ!!」とか言うこっちの身になれ。接待か?

 

・密室空間を利用するやつ(21歳・大学生)

➤カラオケに入った瞬間ものすごく距離が近くなって、ボディタッチも激化。そのためにカラオケ誘ったの?

 

・寝た?え、寝たの?(21歳・OL)

➤カラオケ入った瞬間にソファに寝そべり始めた彼。そのまま就寝。

 

 

@ディズニーリゾート

 

・オール明けディズニー(21歳・大学生)

➤まさかの飲みオール明けでディズニーデートに訪れた彼。朝は異様なまでのハイテンションをかまし、気持ち悪くてジェットコースターには乗れず、ついにはレストランで寝た。ベストコンディションで来ようよ。

 

・不十分すぎる所持金(22歳・大学生)

➤パスポート代と交通費含めて1万円札しか持ってこなかった彼。ポップコーンとかチュロスとか買う時にいちいち残金チェック。

 

・「ダッフィー買ってあげるよ」(21歳・大学生)

➤と言った彼が値札を見て一言。「あ、お金足りない」。

 

 

【5.レストランにて】

さあ、会話が弾む(はずの)食事は、デートの中でも超・重要タイム!であるのと同時に、多くの「マジないわ瞬間」を生み出す時間でもあるのです。

 

 

・私じゃないよ、それ(21歳・OL)

➤「ほらほら、前にも来たじゃんここのレストラン!」って言う彼。それ、私じゃない。

 

・なんかすごくバカ(20歳・大学生)

➤お好み焼き屋さんにて、店員さんが説明してくれた焼き方を理解できずに、何度も聞き直す彼。わかった、わかったから黙っとけ。私がやる。

 

・ただただ声がでかい(21歳・大学生)

➤恥ずかしいからやめて。むしろささやくレベルの人がミステリアスで素敵。

 

・クチャラーな彼(22歳・大学生)

➤くっちゃくっちゃ音をたてながら食べるクチャラーな彼。不快和音でしかない。

 

 

・ご丁寧に写真まで(21歳・大学生)

➤食事中の会話が、ほぼ元カノ自慢。ご丁寧に写真まで見せながら、この彼女はどうだったとか話してくださいました。興味ありません。

 

・それ、ママのお金でしょう?(21歳・大学生)

➤「俺、あんまりバイト入れてないからお母さんにお小遣いおねだりするんだよね~」という発言をかましてからの、「奢るよ!今日お金持ってるから心配しないで!」発言。待って、それママのお金だよね?いやああああ、割り勘にしよう、割り勘にさせてください。

 

・「お金貸して」(20歳・専門学生)

➤毎回食事を奢ってくれる彼が、ある日突然「お金貸して」発言。どうやら、奢りすぎて生活費がなくなった模様。もう少し計算しようよ。

 

 

【6.お別れの時間】

最後の印象が、デートの思い出を決めます。「今日はありがとう」爽やかな笑顔で、彼女とバイバイしましょう。

 

 

・まさかまさかの現地解散(19歳・大学生)

➤「じゃっお疲れ!(爽やかすぎる笑顔)」と颯爽と帰って行った彼。おい!おいおいおいおい!おい!いや~路線違くてもさあ、改札前くらいまで来てほしいなあああああ。

 

・女友達と夜の街に消えていく彼(22歳・大学生)

➤解散地に女友達数名を呼び出した彼。私と別れた後に遊ぶ予定をたてていたらしいのだけど、なぜここに呼び出した?!なぜ?!夜の街に消えていく彼と女の子たちを見送りました。

 

 

「マジないわ瞬間」量産型男子

みなさん、「マジないわ瞬間」量産型男子ではありませんでしたか?

 

個人的見解ですが、やらかす男子は大いにやらかし、やらかさない男子は全くやらかさない、「マジないわ瞬間」は0か100かの世界だと言えます。

 

 

「マジないわ瞬間」量産型男子に足を踏み入れないように、どうぞ細心の注意を払ってデートに挑んでください。

 

関連記事

●女子の下着事情も赤裸々に明かされている記事がこちら!

 

●「マジないわ」ではなく「マジ最高」なデートを計画してみよう!