ついに2期も後半戦。ハイキュー!!のあらすじ&裏設定

Boy.公式

まだハイキューを知らないあなたへ

名作のアニメや漫画と言われて考えるのはどんな作品だろうか…   空前のバスケブームを巻き起こしたスラムダンク、テニスの王子様、メジャーなどスポーツ系の作品はただ面白いだけじゃなく読者までなぜか熱くなってしまうような魅力がある。   今期、そんな作品の中から私が最もおすすめする作品が”ハイキュー‼︎”だ。   現在アニメの方ではセカンドシーズンも放送中。 その人気はスポーツ好きの男の子から女の子まで、どんな世代にも愛されるハイキューの魅力とは__。   まだ見たことがないあなたのために、簡単なストーリーのあらすじと作品の魅力を①②に分けてアニメ中心に紹介していこう。    

ハイキューのあらすじ

簡単に言えば、小柄な主人公、日向 翔陽が高校のバレーボール部で仲間と奮闘しながら優勝を目指していく話。   物語は、高校バレーの試合で小さいながらも最前線で活躍する”小さな巨人”に日向が憧れるところから始まる。   当時小学生だった日向はたまたまテレビで見た”小さな巨人”に憧れ、バレーを始めることを決意した。   そして中学に入ると期待していた男子バレー部は無く、女子バレー部やママさんバレーに混ざり一人練習する日々。   なんとか人数を集めて3年で試合に初出場するも、もちろん敗退。諦めきれず、”小さな巨人”のいた烏野高校へ進学を決める。   しかし、今の烏野バレー部に当時の勢いはなく、あまり注目もされていない高校だった。   ここから日向の本格的なバレー人生が始まる。日向や他の新入部員たちの熱意から烏野高校バレー部自体が再び活気を取り戻し始めていき、それぞれのスキルに磨きをかけていく。      

魅力①個性的なキャラクター

なぜそんなにハイキューが人気なのか?   ハイキューには個性が強いキャラクターが豊富! 応援したくなる熱い主人公、チームを支える縁の下の力持ちの先輩、どうしても勝てない実力派のライバル…   それぞれが本当に魅力的で遠い青春時代に戻りたくなるようなキャラクターばかりなのだ。  

*烏野高校のチームメイト

▼日向 翔陽  CV.村瀬 歩

【烏野高校1年 ミドルブロッカー】 バレーをするには低い身長がコンプレックスだが、自分とほとんど背が同じで活躍していた小さな巨人を目指している。運動神経が抜群で、日向の瞬発力を生かした速攻は他の強豪チームたちも一目を置いている。とにかく何事も諦めない性格で、見ている方も応援したくなる。  

▼影山 飛雄  CV.石川 界人

【烏野高校1年 セッター】 圧倒的な技術とセンスを持つ影山。自身の実力が高いだけに中学の時はそれと同等の実力をチームメイトに求める厳しい姿勢から、チームから孤立していた。チームメイトからは”コート上の王様”と呼ばれていた。日向とは真逆の冷静で実力派。  

▼澤村 大地  CV. 日野 聡

【烏野高校3年 ウイングスパイカー】 烏野高校の主将。落ち着いて冷静な澤村はチームを支える大黒柱であり、1年の不安定なプレーも難なくフォローするどんな時も頼れる存在。  

▼田中 龍之介 CV. 林 勇

【烏野高校2年 ウィングスパイカー】 見た目から完全に不良なのだが、実はとても熱く面倒見のいい先輩だったりする。単細胞な感じから日向とすごく気が合う。こういう感じの面白い先輩が欲しかった…(笑)    

*他校のライバル

▼及川 徹 CV. 浪川 大輔

【青葉城西高校3年 セッター】 青葉城西高校バレーボール部主将にして、影山の中学時代の先輩。当時は自分より実力のある影山に劣等感を感じていたが、今は反対に及川の方が圧倒的に優れている。自身の実力はもちろんチームを分析して個々の実力を引き出すのが上手い。イケメンで女子の人気がすごい。  

▼木兎 光太郎 CV. 木村 良平

【梟谷学園高校3年 ウィングスパイカー】 梟谷学園高校の主将で全国でも有名なスパイカー。髪型が特徴的。烏野高校の東京遠征で日向たちにプレーを教えることも。攻撃的で確実なプレーをする彼は日向も尊敬する存在。  

魅力②高揚感が隠せないOPとED

アニメで最初に見るのは、オープニングとエンディング。 つまり、そのクオリティー次第で作品を見たいかどうかがかなり左右する。   ハイキューのOPは特に疾走感があって一気に引き込まれてしまう。そのアーティストにも注目していきたい。  

*第1期

OP 『イマジネーション』 SPYAIR

銀魂でもお馴染みのSPYAIR。アニメの主題歌といえばSPYAIRと言えるほど彼らの曲に惹かれる。  

OP2 『Ah Yeah!!』 スキマスイッチ

スキマスイッチの安定した歌声がぴったりのこのOP。チームで協力しているサビの部分は映像と歌のハマり具合に特に注目すべき。

ED 『天地ガエシ』NICO Touches the Walls 

ここで人気バンドNICO Touches the WallsのED。OPとは違い落ち着いているが爽やかな曲。    

*第2期

OP 『アイム・ア・ビリーバー』 SPYAIR

セカンドシーズンもやっぱりSPYAIR!元気をもらえる勢いのある曲で聴くだけで何か新しいことを始めたくなる。  

OP2 FLY HIGH!!』BURNOUT SYNDROMES

セカンドシーズンは現在このOPに。FLY HIGH!!も爽やかでかっこいい曲、烏野高校の応援旗の”飛べ!”を連想させられる。  

ED 『クライマー』 Galileo Galilei

残念ながら今年解散を発表したGalileo Galilei。解散直前のクライマーも何度も聴きたくなる彼ららしい曲だった。   こんな素晴らしい曲ばかりだと本当にスタッフさんのセンスが感じられる…    

ハイキューを120%楽しむための裏設定解説

さて、あらすじやキャラ、OP、EDなどざっと説明したところでまだ魅力を感じれないあなた。 もっとハイキューを楽しむために少しだけ裏設定の説明を。   *まず烏野高校ってどこ? 烏野高校とは、ハイキューの作者古舘 春一さんの出身地岩手県軽米町にある軽米高校がモデルとなっている。 実際に原作とアニメにも登場する体育館の入り口。比較してみてもほとんど同じに見える。 体育館以外にもモデルとそっくりな場面はたくさん! アニメを見ながら探してみるのも楽しそうだ。     *キャラクターの名前に注目せよ   ①キャラの名前が対になっている 主人公の日向と、影山はライバル。 名前をよく見ると、日向↔︎影山 で対になっている。 他のキャラも実は…   ②名前に沿った髪色 烏野1年の名前は、 日向、影山、月島、山口。 キャラクターたちの髪色はそれぞれの名前に沿ったカラーである、オレンジ、紺、黄色、緑に。   ③名前に合ったポジション設定 派手なメインスパイカー:「日向」「旭」 スパイカーを支えるセッター:「影」 チーム全体の柱である主将:「大地」   誕生日や他の高校の部員名にも何かしら設定があるよう。 ここまで説明すればハイキューにはたくさんのこだわりがあるということが十分わかってもらえたかと思う。    

さあ今すぐ見てみよう

セカンドシーズンはまだまだ放送中。 何かに熱中したいと思っているそこのあなたに必ずおすすめしたい作品。   漫画とアニメ両方を制覇すると更に楽しめること間違いなし。   感動あり、涙あり、そんなスポーツアニメ、見ないわけにはいかない。    

関連記事

●Netflixで配信開始の話題作。バトルサスペンスが好きなあなたに。 Netflixの話題作アニメ『亜人』あらすじ/キャラ紹介   ●もちろん名作のスラムダンクのあらすじも。   ●不朽の名作と言ったらドラゴンボールしかない! 【不朽の名作】ドラゴンボールのあらすじをおさらい‼︎