イメチェンしたいメンズに!ピアスの開け方をレクチャー◎

Boy.公式

イメチェンにピアスはいかが?

  そろそろ新学期も終わり中盤に差し掛かるころ。 マンネリ気味になってきた学生生活を送っていることでしょう・・・     そこで! イメチェンを兼ねてピアスを開けるのはいかがでしょうか?   でも、ピアスって左右どっちの耳に開けたらいいのか?開け方は?等々、開けてみたいけど、このような不安がある人は多いのでは??     そんなあなたに向けて! ファーストピアスを開けるにあたって、ピアス経験者の私がレクチャーしていきます!      

左右どっちの耳に開けたらいい?

    ズバリ、左耳です。     街行くピアスを付けている男性を見てみると、半数ぐらいの人が左耳に1つしているかと思います。 これにはちゃんとした意味があるということを知っていましたか?     西洋から伝わった名残りで、本来は、     『左耳=守る人=男性』 『右耳=守られる人=女性』     という意味があるそう。   男性が右耳だけにピアスをすることはゲイを表すことになっているようです。 これは世界共通の意味らしく、これからピアスを開ける人は注意が必要ですね笑    

    また、両耳に1つずつピアスをしている人も多く見られますよね。 これに関しては特に特別な意味はないようで、ファッションの一環でバランスを兼ねて1つずつつけているケースが多いようです。    

 

どんな素材のファーストピアスが安全?

  おそらく男性だと半数以上の人がピアッサーを使ってファーストピアスを開けると思いますが、ピアッサーに入っているピアスの種類も色々なものがあることは知っていますか? まず、ホールが金属アレルギーになりにくい素材のポストを選ぶことが大切です。  

●ファーストピアスとして適している素材

 

①チタン

 

②サージカルステンレス

    プラスチック製の樹脂ポストのものが金属アレルギーになりにくいのではないかと思う人もいるかと思います。 しかし、樹脂ポストは傷口が傷つきやすく清潔に保つことができないという点から、ファーストピアスに向いていません。     ピアッサーの値段はものによりますが、約800~1500円程度です。 また、両耳にピアッシングする人はピアッサーが2つ必要になるので気を付けてくださいね!    

●ファーストピアスに適している太さや長さ

  一般的なファッションピアスの太さは20G~18G(0.8~1.0mm)なので、基本的にファーストピアスの太さは16G(1.2mm)が良いとされています。 それは、最初は太めのポストで開けたほうがトラブルが少ないからです。 実際、私は病院で開けてもらったのですが、16Gのもので開けてもらいました!    

●ファーストピアスをつけっぱなしにする期間

  2ヶ月以上が良いとされています。 ですが、バイトや何らかの理由で外さなければいけないなんてこともあると思います。 これは個人差や季節などにもよるので、ハッキリとは言い切れませんが、最低1ヶ月は付けたままで過ごしてください! また、早く自分好みのセカンドピアスに差し替えたい気持ちもあると思いますが、後々化膿したりとトラブルの原因になります!  

 

あとは開けるだけ!

  ピアッサーも用意できたとなればあとは開けるだけです! ここから手順を説明します。   ①保冷剤などで耳を冷やす …耳たぶの感覚がなくなって、個人差もありますが、開けた後の多少の痛みが和らぎます!   ②耳たぶを消毒する(マキロンなどでもOK) …念のため消毒することをおすすめします!   ③マジックなどで開けたいところに点を打つ …これをしないと開ける位置がずれたり、特に両耳を開ける人は、左右のバランスが悪くなったりするので、きちんとマーキングしてください!   ④ピアッサーで穴を開ける …耳たぶに対して垂直にして開けるのがマスト。少しずつ開けようとすると逆に痛いので、一気に行きましょう!一気です!!また、自分で開けるのは抵抗があるって人は友達などに手伝って開けてもらうのも◎     以上でピアッシング完了。 ファーストピアスはこんな感じになります!    

   

 
KENTさん(@kent.qtoq)が投稿した写真

    ファーストピアスは長い期間つけっぱなしにするので、毎日のシャワーでよくすすいで下さいね! 消毒もしてあげるとより安心ですよ!      

安全に開けてファッションを楽しもう!

  ここまでファーストピアスについてのことをお伝えしてきましたが、いかがでしたか・・・? 新学期も終わり、中盤になってきました。   ピアスを安全に開けてファッションの一環として取り入れてみてください!