【お洒落にはおろう】開襟シャツの着こなしとコツ。*メンズ

fashion | 2016.4.30

春夏の気分は、ゆったり感。

 

『ゆったりと、着る___。』

 

そんな空気を感じる、今季のメンズファッション。

かっちりと着こなす服もカッコいいけれど、今の気分は少しゆるく、という貴方へ。

 

今回紹介するアイテムは、そんな今の気分にぴったりの開襟シャツです。またの名をオープンシャツともいいます。

各ブランドが我が先にと、細部にまで徹底的にこだわり抜いた開襟シャツを発表。

 

今回の記事では、

 

1.開襟シャツとはまず何か

2.Boy.編集部による、各ブランドが提案する開襟シャツの中からピックアップしたおすすめ

3.開襟シャツを用いた様々な着こなし

 

についてご紹介していきます。

 

開襟シャツとは

出典元 shutterstock.com

 

 

開襟シャツって聞いたことはあるけどどんなアイテムなの?という疑問を持ちながらこの記事を読んでいる読者の方は多いかと思います。

 

 

実際には、開襟シャツの定義自体は割と曖昧なもので、襟が開かれているシャツ全般を指す総称で、開襟シャツと呼びます。まさに名前通りのアイテムですね。

 

 

日本の高温多湿な気候にうってつけといえるアイテムで、高度経済成長期以前から、ビジネスマンの間ではクールビズ用に用いられることが多かったという意外にも歴史のあるアイテム。

ただ、エアコンなどの家電製品の発達で夏場も快適な環境が整えられたことにより、一時的に姿を消すことになってしまうという苦い過去も併せ持っています。

 

 

そんな開襟シャツですが、今日のゆるいシルエットの流行により、現代版にアップデートされたうえで再び脚光を浴びているというわけです。

それでは早速、各ブランドのオススメする開襟シャツを、Boy.的セレクトで3つご紹介していきます。

 

 

 

Boy.的開襟シャツのおすすめブランド

 

●COMOLI – Open color shirt

¥19,000 + tax

開襟シャツの着こなし

出典元 amazonaws.com

商品詳細はこちら

 

1つ目はこちら、『COMOLI(コモリ)』から色味が抜群に素晴らしいオープンカラーシャツが登場。

旧式の織機で織り上げられた素材。仕上げ工程が極端に省かれることで、原料が本来持つ匂いや色の雰囲気を重視した一着です。

COMOLIお得意のゆるいパターンはそのままに。デザインがシンプルなため、シルエットで遊びたい。

 

 

●AURALEE – Selvedge weather cloth open collared half sleeved shirt

¥21,600 + tax

開襟シャツの着こなし

出典元 img15.shop-pro.jp

商品詳細はこちら

 

2つ目はこちら、『AURALEE(オーラリー)』のSelvedge weather cloth open collared half sleeved shirtです。

Auraleeらしいシャツ本来の品の良さ。それに加えたリラックス感。

ブランドの持つ個性が開襟シャツの持つ雰囲気と上手く調和されたアイテムです。

 

 

●Phingerin – CONER SHIRT SS

¥22,680 + tax

開襟シャツの着こなし

出典元 zozo.jp

商品詳細はこちら

 

3つ目はこちら、Phingerin(フィンガリン)』のCONER SHIRT SSです。

襟の剣先やポケットの角が切り替えになっている遊び心あふれる一着。

パジャマ地のパリッとした素材感が病み付きになりそうです。

 

 

 

開襟シャツを使った着こなしのコツ

 

開襟シャツを使った着こなしにはポイントが3つあります。

 

 

①少し緩めのサイズ感を選ぶ。

→ジャストサイズすぎるものを買わない。ぴったりしすぎるとおしゃれ感が半減してしまいます。今季らしく”ゆるめ”で勝負しましょう。

 

②ボトムスにもゆるめのものを持ってきて気取らないおしゃれを。

→スキニーパンツなどボトムスを引き締めて全体のバランスを整えるのも無難にカッコいいですが、ここは1つ全体をゆるくまとめてみましょう。ただし、9分丈にしたりサンダルを履いて抜け感をだすなど、細部にも注意が必要です。

 

③タックインして着こなすなど、趣向を凝らしてみる。

→一歩上のコーデをしてみたい方はタックインをしたり、小物で外したり、ノームコア隆盛な今だからこそ、そうした部分で勝負してみましょう。

 

 

それでは、コツを活かしたコーディネートをいくつかご紹介します。

 

 

 

開襟シャツを使ったコーディネート

 

開襟シャツの着こなし

出典元 i7.wimg.jp

 

ロングスリーブの開襟シャツは目に新鮮。

ボトムスとのシルエットのライン(今回はAライン)に気をつけましょう。

パンツの裾にかけて線が広がっていく、そこを革靴でキュッと閉め、足元でバランスを取っています。

 

 

開襟シャツの着こなし

出典元 amazonaws.com

 

こちらもAラインを意識した組み合わせ。

足元にサンダルを持ってくることで抜け感を演出しています。

夏に最適なおしゃれなコーディネートですね。

 

 

開襟シャツの着こなし

出典元 img15.shop-pro.jp

 

2つ目のAuraleeの開襟シャツを使ったコーディネート。

ステッチが省かれたことによりスッキリとシンプルなデザインになっています。

肩が落ちていくデザイン性溢れる一着。ストンと落ちるシルエットがカッコいい。

 

 

開襟シャツの着こなし

出典元 i7.wimg.jp

 

レーヨンと綿が半々の割合で織られたこちらのシャツはインパクト大。肌触りはとても柔らかく、着心地も抜群。

タックインして着こなすのが今季らしいです。

去年に引き続きスポーツサンダルにソックスは流行るそう。

 

 

 

タックインしてウエストを高く見せ、ロングスリーブの開襟シャツ、袖を捲ることでこなれ感をプラス。

上品なおしゃれです。

 

 

開襟シャツの着こなし

出典元 i7.wimg.jp

 

COMME des GARCONS HOMME PLUSのシャツをさらりと羽織って。

襟元がいい感じに開いてくれるのも開襟シャツのポイント。

基本はボタンを閉めて着る開襟シャツ、開いて着るのもまた魅力。

今回はスキニーパンツで引き締めて着ていますが、ワイドパンツを履いて綺麗なAラインを作ってみても面白いです。

開襟シャツの着こなし

出典元 i7.wimg.jp

 

ワイドなウォッシュドデニムに合わせるのも気取らないオシャレを楽しむ今の気分にはぴったり。

足元はハイテクスニーカーや、ローテクなコンバースなどを入れても上品なアメカジ感を演出できます。

 

 

開襟シャツの着こなし

出典元 i7.wimg.jp

 

ホワイトのロングカットソーでレイヤードすることで安直なコーディネートになることを回避。

ウォッシュドデニムが9部丈なことで足元のスッキリ感がコーディネート全体を軽快にしています。

キャップをかぶることでスポーツミックスを上手く取り入れることにも成功。お見事です。

 

 

 

夏のおしゃれは開襟シャツを着て始まる。

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

これから暑くなる季節。

格好がシンプルになっていくだけに、一枚で主役になってくれる開襟シャツは非常に重宝すること請け負いです。

 

 

上品に、おしゃれに、これから来る夏を楽しましょう!

こちらの記事もおすすめ