COMOLIとは?最新ルックをもとに魅力に迫る。

fashion | 2016.11.27

 

COMOLIとは

 

COMOLIとは、小森啓次郎が2011年に立ち上げた日本のブランドです。

すべての洋服の原型は欧米から生まれた物という考えのもと、上質なマテリアルを用いて日本人に合った日常着を展開するブランドです。

 

 

ブランドがスタートして以来、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気、知名度を上げているCOMOLI。今回はそんなCOMOLIの最新ルックと魅力を伝えていきます。

 

 

COMOLIのメンズ向け最新ルック

 

●COMOLI 2016AUTUMN&WINTER

 

フェルトとメルトンの間のようなフェルトンという生地を使用したセットアップです。
COMOLI特有のシルエットがとても心地良さそう。

 

 

リネンウールを使用したセットアップ。サラリとした質感が特徴です。

 

 

13.5ozのセルヴィッチデニムを使用したデニムジャケット。襟はシープスエードの切り替えで、ライニングはウールのフラノ素材を使用しているため、真冬でも活躍してくれそうです。

 

 

COMOLIの定番として出ているショールカラーコートの新素材、ヤクメルトンを使用した物です。
ヤクとは牛の一種で、カシミヤと同等、もしくはそれ以上の保温力と言われています。

 

 

ワークジャケットがベースで作られたコットンツイルジャケット。春先まで着れそうです。

 

 

薄く、張りのあるウールフラノを使用したジャケットとパンツ。デザインのベースはオールインワンから来ています。

 

 

ラコンという羊の革を使用したコーチジャケット。いわゆるムートンです。
通常、毛の部分を内側に使うのですが、あえて外側に使用しているのが面白いです。

 

 

COMOLIの魅力

 

COMOLIがなぜここまで人気が出たのか、二つの定番アイテムを参考に紐解いていきます。

 

一つ目はシャツです。一見、普通のシャツですが、番手の高い糸を旧式の織機で編み上げ、その素材の良さを最大限にだすために、仕上げ工程を極力省いています。

 

 

二つ目は、タイロッケンコート。トレンチコートの原型とも言われていて、COMOLIではライニングをナッピング加工したウールを使用しています。日本の冬では充分な保温力です。

 

こちらもCOMOLIらしく、ゆとりのあるシルエットです。

COMOLIの服には、オーラがあります。それは、上質な素材で無駄が削ぎ落された、シンプルなものを作るからこそ生まれるのかもしれません。

それが、最大の魅力だと思います。

 

 

あなたのライフスタイルにそっと寄り添う

 

 

いかがでしたでしょうか、最新ルックを見てもわかるように、COMOLIには誰でも似合うようなシンプルなものしかありません。

 

上質な素材感とシルエットにどんな方もCOMOLIに魅了されるはず、ぜひ、着てみてください。