【閲覧注意】こわいもの見たさなあなたに贈る、《ホラーゲーム》入門3選

Boy.公式

「ホラーゲーム」は好きですか!?

  このゾクゾク感がたまらない。 一人で耐え抜くもよし、仲間と騒ぎながら攻略するもよし。 ちょっと刺激的で中毒的な新しい世界を覗いてみたいあなたへ贈る、絶対にハズさない《ホラーゲーム》入門3選。 気になるあなたは、今すぐチェック。  

最恐ホラーの金字塔『サイレントヒル』シリーズ

  「絶望の雨が降る___。 囚われの街が、すべてを呑みこんでいく。」   人気映画がもとになったコナミの『サイレントヒル』シリーズ。   バイオハザードが「化け物」ホラーならば、 サイレントヒルは「雰囲気」ホラー   特段グロテスクなわけでも、 クリーチャーが恐ろしく強いわけでもない。 プレイヤーがすごい武器を手に戦うわけでもない。 音・振動・グラフィック、全てが重なり合って醸し出される「なんとなく」だけれども全感覚的に《とてつもなく》恐ろしい世界。     『サイレントヒル』シリーズは全部で11作品。 『サイレントヒル』〜『サイレントヒル 4 〜The Room〜』まではストーリーが繋がっています◎ 物語が進むにつれ、血縁関係や物語の舞台となる「サイレントヒル」の謎が解き明かされていきます。   最新作は(宣伝用に作られたゲームですが) 「Silent Hills Playable Teaser(P.T.)」   主人公目線(FPS)での操作を取り入れたことで グラフィックはますます美しく、 ストーリーはより深く完成度の高い作品になっていきます。     「ホラーがやりたいけど、ただの殺戮ゲームじゃ物足りない!」な人にはとびっきりオススメしたい作品です。  

鉄板アクションホラー『バイオハザード』シリーズ

    「そこを歩く、という恐怖、再び。」   言わずと知れた超人気アクションホラー、『バイオハザード』シリーズ。 関連作品は約30作品‼︎と、長い歴史も誇る名作です。     目を引くのはそのグラフィック。 古い作品もリマスターとして綺麗に復活しています◎  
やはり空気感というのが一番大事なんですよね。単に怖い映像というのではなく、『バイオ』の持つ空気感、世界観を大切にしています。 引用元:『バイオハザード』 開発スタッフ ロングインタビュー
  他の作品に比べて「武器」「キャラクター」のバリエーションが豊富なのが特徴。 マルチプレイにも高いレベルで対応しているので、友達と一緒のホームパーティにはもってこいかも!?   (リマスターを除くと)最新作は、『バイオハザード 6』     数多くのキャラクターから一人を選択し、それぞれ独自のストーリー展開を楽しむことができる。 さらにそのキャラクター同士がストーリー内で衝突するので、物語を多方面から味わうことができるのだ。   アクションホラーを楽しみたいなら『バイオハザード』ならはずれはない!!  

閲覧注意のグロテスクホラー‼︎『OUTLAST』

  カナダで大旋風を巻き起こしたホラーゲーム『Outlast』が日本にも上陸。 FPSの逃走型ホラーゲームで、その恐ろしさはケタ違い‼︎     主人公が迷い込んだ廃病院に無数に住み着くゾンビに見つからないように(見つかったら逃げて‼︎)ストーリーを進めるゲーム。 ゾンビのヴィジュアルからサウンドエフェクトまで、 すべてが最恐超刺激的‼︎こわすぎ‼︎    
主人公は敵に対する攻撃手段を何一つ持たないため、ドアを閉める事で時間を稼いだり、ロッカーやベッドの下などに隠れて、 敵が去るのを待つことしか出来ない。 また、所持しているビデオカメラで惨劇を撮影する事で、事件の真相に迫る事が出来るほか、暗視モードを使用する事でバッテリーが続く限り、暗闇の中を探索する事が出来る。 (ただし、バッテリーは数分しか持たない為、節電しつつ適時バッテリーを補給せねば進行は困難になる) 引用元:PS4の超怖いホラーゲー『アウトラスト』北米版が、アップデートで日本語化!!もうすぐ日本配信くる!?  
  PS4版の日本配信は未だ実現していませんが、 バイオやサイレントヒルではちょっぴり物足りない、 一味違う最恐ホラーをやってみたいあなたには、 是非ともおすすめしたいです‼︎ (自分は実況動画みるので精一杯です)  

春休みは「ホラーゲーム」をやってみよう!

いかがでしたか? 友達を家に呼んでギャーギャーするならホラーゲーム‼︎ ぜひともその禁断の扉を開けてみて‼︎     (※『サイレントヒル』シリーズお馴染みのうさぎちゃん)