2017年秋冬メンズコレクションレポート〜ミラノファッションウィーク編〜

fashion | 2017.12.2

2017年秋冬メンズコレクション

普段からファッションの情報に俊敏な人も、そうでない人も、トレンドは、今年のメンズコレクションから探るべし。
コーディネートから普段のコーディネートに取り入れられるものがないか、要チェックです。

MARNI

 

今シーズンからブランドの創設者であるコンスエロ・カスティリオーニが退任し、後任にPRADA出身のフランチェスコ・リッソが就任してから初のシーズンとなりました。
コレクションを通してシルエットはMARNIらしいリラックス感のある雰囲気。コート、帽子、またジャケットにも配されたモコモコしたファーがその雰囲気を助長させています。
また、チェック、ストライプ等定番柄の他にも多々柄ものが登場。これらにはボックスシルエット、ボートネックが採用され、肩肘の張らないスタイルが目につきます。
また、ジャケットやコートの上からベルトを合わせるなど、東京のストリートでも少しずつ目にするようになってきているスタイリングも見られました。

PRADA

 

17年秋冬のPRADAのコレクションテーマは70年代。春夏のスポーツ&アウトドア的なテイストとは一気に打って変わってレトロアイテムが勢ぞろいしました。
素材にはコーデュロイ、レザーが多用され、それらは主にブラウン、オレンジ、バーガンディ、グレー等と秋冬色の強い印象。 そのレトロ感が強く押し出されている中、抽象画が落とし込まれたニットもあり、アート要素もレトロスタイルの中に取り入れられています。
また貝のモチーフのネックレスをセットアップスタイルに合わせたり、流木のようにも見えるネックレスなども登場し、スタイリングにアクセントを加えています。
シューズにおいては、毎シーズンのようにアイコニックなものが数多く、スタッズが施されたレースアップシューズやサンダル、ファーのついたものまでと多種多様に渡りました。
レトロなスタイルが中心ながらも古臭くない、レトロ感とブランドのアイデンティティとの融合が見られる、ミウッチャの手腕を十分に体感することのできたコレクションでした。

MSGM

 

 

 

今シーズンのMSGMのコレクションにはニット帽やパーカー、キルティングのジャケットにパンツ、ジャージのセットアップなどスポーツテイストを持つアイテムが多く提案されました。今回登場したピースの中にはDIADORAとコラボしたアイテムも。

足元はホワイトのソックスで統一され、クリーンさかつ、スポーティさを演出。スカーフは多くのルックに使われましたが、それらは首に巻かれることなく頭に巻かれるといった目新しい付け方。今後ストリートで目にすること機会が多くなることを予感させます。
また、キャメル系の秋冬感あるアイテムにも注目。ローブコートにウールのジップアップブルゾン、首元にボアを施した温かみを感じるコートやジャケットは冬に活躍しそうです。
後半に登場したブラック、ブラウン、ホワイトが使われたアイテムも今回のコレクションのハイライトといったところでしょうか。
私たちがリアルに着ることが想像できるようなアイテムが多く登場した今回。次の秋冬はMSGMのアイテムで寒さをしのいでみては?

1 2