2017年秋冬メンズコレクションレポート〜ミラノファッションウィーク編〜

fashion | 2017.12.2

yoshiokubo

 

Amazing collection Thanks for having me YOSHIO KUBO💥 #blackmodel #modellife #menmodel #yoshiokubo #fashionweek #fashionweek Yannick Bandora 🇧🇪さん(@yannickbandora)が投稿した写真 –

2017FW Collection #yoshiokubo

yoshio kuboさん(@yoshiokubo_official)が投稿した写真 –

2017FW Collection #yoshiokubo yoshio kuboさん(@yoshiokubo_official)が投稿した写真 –

2017FW Collection #yoshiokubo

yoshio kuboさん(@yoshiokubo_official)が投稿した写真 –

2017FW Collection #yoshiokubo yoshio kuboさん(@yoshiokubo_official)が投稿した写真 –

 

Kai walks for Yoshio Kubo, first trip in Milano done #yoshiokubo #milanfashionweek #activemodels #activechina #ilovemodels Louis@ACTIVE MODLESさん(@louis5)が投稿した写真 –

Yoshio Kubo FW17 #mfw #milaanfashionweek #yoshiokubo

Tom Van Hauwaertさん(@tom_van_hauwaert)が投稿した写真 –

Yoshio Kubo FW17 Milan 📍 #yoshiokubo #milanfashionweek #mfw #menscollection #fw17 #aw17 #fashion Sinclair Male Modelさん(@sinclairdotcom)が投稿した写真 –


今回ジョルジオ・アルマーニの支援プログラムに選ばれ、初めてミラノファッションウィークに参加したyoshio kubo。今季のyoshio kuboは、ショーの序盤から黒を多用。またシャツにブルゾンやレザージャケットの襟部分に至るまで、スカーフ柄が用いられたアイテムが数多く登場しました。
今回のルックの中で特に目を引いたものといえば、馬をモチーフにしたアイテム。特に白地に馬が描かれているボンバージャケットは、光沢感がありインパクトは抜群。

他にも袖の部分がジップで開閉することができ、着方を変えることができるジャケットであったり、チェスターコートとボンバージャケットを合わせたようなハイブリッドなデザインのコートなどデザイン性の高いアイテムが並びました。

また、ショーの終盤には、ビビッドな赤のレザーやニットやブルゾンが登場し、ダークトーンが続いた中で、転調として赤がより印象深く映ります。

初めてミラノファッションウィークに参加したyoshio kubo、今後さらに海外からも注目されるブランドになっていくことに期待の持てるコレクションでした。

 

FENDI

 

今シーズン、FENDIのコレクションテーマは”楽しさと色、実用的でリアルな安心感と心地よさ”。このテーマをまさに体現した”LOVE”、”TRY”、”FANTASTIC”、”THINK”などのメッセージがポップな字体で描かれたニット帽やバッグ、サンダルやセーター等の「カワイイ」アイテムが終始登場しました。

しかし、そういったポップなアイテムが数多くある中、ラグジュアリー感は損なわれておらず、レオパード柄のアイテムやファーのアイテムがその役割を果たしています。

”楽しさと色”という面ではパステル系のピンクやグリーン、また鮮やかなレッド、オレンジ、イエローのようなポップなカラーが多く使われ、一歩間違えば目にうるさく感じるカラーリングのアイテムもダークトーンのアイテムを要所要所に入れることでスタイリングをうまくまとめてます。

ダークトーンで単調になりがちな秋冬の洋服事情もFENDIにかかれば無縁といったところでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。次のトレンドを作るブランドのコレクションを見て、普段の着こなしの参考にして見るのも面白いですよ。

 

 

 

保存保存

1 2