MA-1が似合わないは勘違い?間違いと着こなしのコツ&コーデ集

Boy.公式

MA-1を着こなすのは難しい?

    MA-1はアメリカ空軍が着用していたフライトジャケットの一種。昔はミリタリー感が強く、カーキ色×オレンジ色で作られていました。  しかし、近年は、おしゃれなタウンウェアとして定着していて、レディースも数多く発売されています。シルエットもタイトになっているので、キレイめカジュアルに着こなすことが可能です。どうしてもミリタリー感が強いアイテムなので合わせづらさがありますし、メンズはボリュームがあるタイプも多いのでコーデをする際にバランスを取るのが難しいアイテムです。  カラーもダークカラーが多い為、コーデ全体が暗くなってしまう場合もあります。 「カジュアルすぎる」「若い子しか着れない」と抵抗感を示すメンズも多く見られます。    

MA-1の「似合わない」を作ってしまう3つの間違いとは?

   

間違いその①:上下の色合わせが重要!

        定番のカーキ色のMA-1はミリタリーテイストで男らしく人気ですが、同じカーキ色のパンツや、迷彩パンツを合わせるのはやめましょう。 MA-1もパンツもミリタリーカラーだと「サバイバルゲーム?」「軍人?」と思われてしまいます。ワンパターンではない、コーディネートのハウツーを学びましょう。    

間違いその②:シルエット選びが重要!

        MA-1の特徴といえばシルエットですが、中にはキルティング加工や中綿がしっかり入っているものがあります。細身の男性であればビッグシルエットを着用しても問題なく着こなせますが、肩周りに筋肉がある方は肩が張って見えてしまう場合あるので要注意。 なので、筋肉質な方はタイト目のシルエットを選ぶことをオススメしますし、細身の方は少しゆったりめでもキレイに着こなせます。    

間違いその③:前ジッパーのアレンジが重要!

        フロントジッパーを開けることでカジュアルさと若々しさをプラスできます。フロントジッパーを完全に締めてしまうと「寒いの?」「なんかオヤジっぽい」「スポーツの監督?」と思われがちですし、ミリタリー感が強く出てしまいます。 わざと前を開けてインナーを見せることで縦のラインが強調され着やせ効果も期待できます。    

MA-1の3つの着こなしのコツをおさえよう。

   

ポイント①:MA-1と違う色を合わせると楽

        MA-1を濃い色にした場合は、他のアイテムの色を薄い色にすることでおしゃれな着こなしになります。インナーやシューズを白などの明るい色にすることで爽やかさもプラスできるのでオススメ。 黒系のカラーのMA-1にグレーのパンツを合わせることでモノトーンのコーデになり、大人な雰囲気やスタイリッシュさも演出できます。    

ポイント②:少し細身なシルエットがおしゃれ

        ボリュームのあるイメージのMA-1ですが、選ぶ時に「少しタイトかな」と感じるのサイズ感がおすすめです。スマートな印象を与えられるし、デニムパンツなどをワイドなものや、腰パンスタイルにもぴったり。 スキニーパンツに合わせてもおしゃれに着こなせます。適度に自分の体系に合ったサイズを見つけて下さい。    

ポイント③:前を開けるとクールに着こなせる

        上下カーキ色のコーデですが、インナーを白にしてフロントジッパーを開けて着こなすことでクールな雰囲気になっています。インナーが見えることで縦のラインでスラッとして見えます。 コーデのポイントで赤のキャップやブーツなどのアイテムを使ったことで、さらにおしゃれ度がアップしていますしワイルドな雰囲気も演出しています。    

MA1の「今っぽい」着こなし集

        ハードな雰囲気のレザーのMA-1を着こなす時は差し色になるアイテムでハズしコーデをするのがオススメ。 この場合は赤のチェックシャツを合わせているのですが、オールブラックの男前なコーデに赤をプラスすることでハードなレザーの雰囲気を和らげてくれる効果があります。 ジッパーに特徴があるタイプなので、下半分を開けてチェックのシャツを見せる事でスタリッシュな雰囲気になります。         MA-1のミリタリー感を消してくれる「ハット」を合わせるのがポイント。定番カジュアルコーデになりがちなのでキャップを合わせる人も多いですが、キャップは少し少年っぽくなってしまい学生の印象になりがち。しかし、ハットを合わせることで、少し大人なイメージを醸し出すことができます。ダークカラーのハットや、無地のハットなど落ち着いた雰囲気のハットを合わせるのがオススメ。         誰でも持っているデニムパンツとの相性も抜群に良いMA-1。デニムパンツと合わせる時は、MA-1のジャケットのカラーに関わらずコーデできるのもポイント。カーキ色や、迷彩柄などアーミーテイストのMA-1にも簡単にコーデできますし、黒やネイビーなどダークカラーの大人っぽいMA-1にもコーデできます。最近ではインナーをシャツにしてモードな雰囲気で着こなす人も増えています。         シックに着こなしたい人は、キレイ目の大人なシルエットのパンツを合わせるのがポイント。キレイ目のパンツにレザーシューズを合わせるときっちりしすぎてしまうので、スニーカーを合わせると適度にカジュアルダウンできます。 スカーフやマフラーを巻くことで大人の余裕を感じるコーデになりますし、筋肉質で肩幅の広さが気になる人はボリュームのあるマフラーを巻くことで、バランスよく着こなすことができます。    

MA1の今季オススメはこれだ!

   

● LACOSTE

    価格:¥17,388(税込)       詳細はこちら   タイトなMA-1が流行な中、ビッグシルエットのモードなテイストのジャケット。ジッパー付近のデザインに凝っていてデザイン性の高いアイテムです。 シンプルなパンツや、タイトなスキニーパンツに合わせることで他の人に差をつけられるおしゃれな着こなしができます。 肩や腰回りが大きめで丈も長めのサイズ感なのでサイズを下げてもキレイに着こなせます。ミリタリー感よりもモード感が強いアイテムでおしゃれな人に着こなして欲しいアイテムです。    

● DIESEL

価格:¥33,048(税込)  

出典元 wear.jp

    詳細はこちら     袖の素材とフロントなどのボディ部分との素材が異素材MIXになったおしゃれなMA-1。 メンズにも人気のボーダーデザインになっていて、他のブランドのジャケットと一味違うデザインになっています。カラーもくすみカラーになっていて着こなしやすさもアップ。 暖かさが進化したと言われるDIESELのMA-1は中綿がしっかり入ったキルティング加工された裏地になっているので、前を開けて着こなしたりしても暖かさのあるアイテムです。    

まとめ

    MA-1は間違った着こなしをしてしまうとオヤジっぽく見えてしまったり、太って見えてしまうアイテム。 なので、コーディネートする時は、MA-1のシルエットに合わせてコーディネートするのがオススメです。 「ボリュームのあるMA-1にはタイトなパンツ」「カーキ色のMA-1には違う色のアイテムと合わせる」「前のジッパーを開けるとおしゃれ」などに気をつけるとおしゃれに着こなせます。 流行のアイテムを取り入れることでクールなコーディネートができます。