【洋楽好きへ】クラブミュージックのトレンド!重低音EDM曲を紹介

entertainment | 2017.9.12

EDMって?

出典元 weheartit.com

3、4年前ほどから爆発的な人気を誇るジャンルとして取り上げられたEDM。
今では様々なアーティストがEDMジャンルで活躍し、かくいう私もDTM(パソコンを使用した音楽作成、編集)でEDMを作っており、DTMでも作りやすいジャンルとしてこのEDMは人気なのだ。

 

まず、EDMとはなんなのか。EDMは”Electric Dance Music”の略称で、一言で言えばダンスのバックグラウンド曲。
だからテンポの良い曲が多い。

 

でもEDMといっても、どんなものがEDMなのだろうか。
よく聞くのが、「俺、EDMが好きなんだよね〜特にZeddが好き〜でもTchamiとかDJ Snakeも好きだけどあれはZeddとはなんか違うんだよな…」みたいなもの。

 

それもその通り、EDMには豊富な種類がある。EDMは約30種のジャンルを総まとめして大体EDMと言われているのをご存知だろうか。

 

出典元 knowyourmeme.com

 

 

そして、今回紹介するのはEDMのなかでも”重低音”が強調された、クラブやドライブで楽しめるBass Musicを紹介していく。

 

 

1.DUBSTEP

「脳内にガツンと響く刺激が欲しいね!」って感じの音を求めてるあなたにはダブステップがおすすめ。

ダブステップは2000年代にイギリスでサウンドシステム・カルチャーから生まれたアングラミュージック。
BPM140前後で低音を揺らすサウンドと強くリバーブのかかったドラムが特徴。と言われても理解はできないと思うので、まずダブステップを聴いてみよう!

●Skrillex

出典元 weheartit.com

 

グラミー賞も受賞するEDMシーンを代表するプロデューサー。
プロデューサーとしてもその名は高く、ジャスティン・ビーバーなど近年のUSカルチャーに影響を与える。

 

●ZOMBOY

 

出典元 michigandaily.com

時代や流行に左右されることなく、ダブステップ・ブロステップを作り続けている彼。
新しい音楽を目指すDJが多い中で、「ダブステ職人」とも言われる彼の曲はある意味新鮮だ。

2.DRUM&BASS

おしゃれで激しさも感じさせるこのジャンル。90年代にイギリスで生まれたBPMが170前後と早いスピードのブレイクビーツサウンド。
近年ではヒップホップやロックとのコラボでジャンルを横断しEDMと融合し親しまれている。

●Pendulum

出典元 dancemusicnw.com

 

オーストラリア出身のイギリスを拠点とし活動するエレクトロニック・ミュージック・バンド。
一度活動停止となったが、2015年代から再開された。ドラムンベースのファンだけでなくロックのファンも取り入れることに成功する。
全英アルバムチャートで2位、オーストラリアのARIAチャートで9位、更にアメリカのビルボードのトップ・エレクトロニック・アルバムチャートで9位のヒットを記録した。

 

3.TRAP

ダブステから変化したブローステップというサブジャンルとヒップホップと融合して重低音を強調したBPM140〜160が特徴なのがこのトラップ。
比較的新しいジャンルで重低音を強調したビートに、スネアドラムの連続音や、派手な電子音を加える中毒性の高いスタイルで、最近ハマる人が続出。

●YELLOW CLAW

 

出典元 metrolyrics.com

 

トラップの次なる台風の目として注目を集めているユニットで、2015年にはアメリカの人気ラッパーも多数参加したアルバムをリリースし、トラップの知名度をさらに広げる役割を果たしている。

●FLOSSTRADAMUS

出典元 weheartit.com

 

A-Trackが主催するダンスミュージックレーベル・FOOL’S GOLDに所属し、TRAPシーンがいま最も注目するシカゴの2人組みのトップユニット。

 

●Future House

 

とにかくおしゃれ! 私自身このジャンルが大好き(笑)!

「Electro HouseとDeep Houseの中間」とも言われるFuture Houseは、まったく新しいハウスミュージックで、EDMのサブジャンルの位置を獲得しつつある。

DJ TchamiがSoundcloudで自分の楽曲に”#Future House”と冗談でタグ付けしたことがジャンルの起源。

●Tchami

出典元 weheartit.com

 

牧師風の黒ずくめファッションと可愛らしい名前が特徴の彼が作るサウンドはどうしようもないくらいおしゃれ。
soundcloudの投稿によって注目された彼。2014年に他のレーベルからリリースされ、UK Chartにて7位を記録。

●Oliver Heldens

出典元 djmag.com

 

オランダ出身のDJ.Deep/Future Houseジャンルの神童としてデビュー。
2014年のDJ Meg’s world best DJ ranking では34位に初となるランクイン。

最後に

自分の気に入ったジャンル、アーティスト、曲は見つかっただろうか?

今回紹介した以外にも、EDMはまだまだジャンルが豊富にあり、そして開拓されてゆく。