【女子大生が語る】女心をグッと掴む女の子の褒め方3ステップ

love | 2015.5.9

褒め上手はモテ上手!

みなさんはどの位の頻度で女の子に褒められますか?

褒め慣れた人も、褒め慣れない人も、異性に褒められるのはやっぱり嬉しいですよね!

女の子に褒められると嬉しくてついニヤけちゃう!
なんて人も少なくないのではないでしょうか。

 

 

それは女の子も同じ。

褒められるのは嬉しいし、それが男の子だと尚更。
ポイントを抑えた褒め方をされるとさらにグッときます。
つまり、、、褒め上手はモテ上手 ということ!

→(過去記事)

今回は、現役女子大生のライターが、女心をグッと掴む女の子の褒め方を、タイミング・内容・さじ加減の3ステップに分けてこっそり伝授しちゃいます。

 

タイミング

まずは、案外大事なタイミング。

気をつけて欲しいポイントは周りの女の子の存在です。

勿論、誰かを褒める時に他の女の子達が周りにいること自体は問題ありません。

ただ、女の子は特別扱いに弱い分、自分でない人が特別扱いされることにも敏感。一定の女の子がみんなから褒められていたら、それを良く思わない子たちが出てくるのが女心の難しいところ。

 

 

自分のモテの為にも、相手が周りに睨まれないためにも、基本的にはなるべく周りの女の子達に聞かれない形で褒めるのが賢い褒め方

でもタイミングと言っても「褒めるタイミング」を作るのではなく、会話の流れでさりげなく褒めるのがコツ。
特に褒めなれない子の場合は、ストレートに褒められると反応に困ってしまいます。
話の流れでナチュラルにさらっと褒めてみましょう!

内容 

よし。タイミングについてはなんとなく分かった!
でも何を褒めれば良いんだ??
外見は褒めちゃダメってよく言うけど、、

 

 

いやいや、外見もバリバリ褒めちゃって下さい!
外見を褒められるのも女の子は普通に喜びます。
というより、内面すっごく喜んでいます!

ということで、女の子のどんな部分を褒めていけばいいのか、さっそく見ていきましょう。

 

 

1. 外見

女の子はみんな、少しでももっとかわいくなりたいと思って日々努力してます。だからそれを褒められるのは単純に嬉しい!
髪型でもメイクでも変化に気が付いて、褒めるのがグッド◎

 

 

みなさんも努力していることを褒められると嬉しいですよね?
自分のこと見ていてくれたんだって。
それは女の子も一緒。

女の子の髪型・メイク・ファッションの変化=努力

どんどん褒めてあげてください♪

 

 

あとは単純に顔でもおっけい
でもその場合は不自然にならないように自然な流れで、いつも思ってます感を出して!

褒め方としては「◯◯って(顔が)かわいいよね」よりも、会話の流れで「私の妹かわいいんだよね!」「◯◯の妹ならそうだろうね!」位のさりげなさがナチュラルで良い感じ◎

ただ、一つだけ注意点が。

体型のことは褒めない事!!

 

 

どんなに良いと思って褒めたのだとしても、ぽっちゃり体型を気にしている子もいれば、細すぎることを気にしている子もいます。

もちろんコンプレックスを褒められることで自信に繋がる可能性もありますが、そこに触れられることで相手を傷つけてしまう可能性も。

せっかく褒めても、そのことで相手を傷つけてしまっては意味がありません。みなさんがどんなに良いと思っても、体型のことには触れないことが無難かもしれません。

 

 

2. 内面

内面を褒めるのは少しハードルが高いですよね。自分のことをあまり知らないひとに「尊敬する」と言われても心は動きません

なので、その女の子と知り合ってから間もない、まだあまり深い仲ではない場合は、まず性格を褒めるようにしましょう!
気が利くとか、優しいとか、礼儀正しいとか。
そういったことならすぐに気がつけるし難しくはないですね♪

 

 

でもやっぱり、「尊敬する」など、頑張ってる事を褒められると嬉しいのも事実。
人に見られてるとも思っていなかった頑張りを見ててもらえて、さらに認めてもらえる、、これは女の子に限らず、誰だって嬉しいはず。
だから、相手との付き合いがある程度長かったり、深い仲の場合は、日頃相手が頑張っていそうな事を観察して、褒めてあげてみてください☆

きっと効果抜群、女心をグッと掴めるはず!

 

 

外見なら変化に気付いて褒めること、内面なら相手と自分の関係に気を付けながらも「性格<頑張り」を意識して褒めること。
頑張ってみてください!

褒めポイントを見つけるのは少し難しく思えますが、少し意識しながら生活するだけで、見つかりやすくなりますよ◎

 

さじ加減

最後はそう、さじ加減。
医者の薬もさじ加減と言いますが、恋の魔法もさじ加減が大事。
褒め過ぎには注意です。

褒めすぎると言葉の重みがなくなってしまう上に
ただのお世辞に聞こえてしまうかも。

 

 

一日に何度も褒めてしまったり、違う日でも同じことを何度も褒めてしまったりしないよう、気をつけましょう!

 

上手に褒めて、恋の魔法をかけちゃおう。

いかがでしたか??

少し難しいかもしれませんが、女の子にとって褒めることができるのは高ポイント。
上手な褒め方を身に付けて、恋の魔法をふりまいちゃいましょう!