【カラーシャンプー界の革命児】CALATAS SHAMPOOって?

hair | 2017.10.6

美容師にも支持者多数!圧倒的注目を集めるCALATAS SHAMPOOって何?

「CALATAS SHAMPOO(カラタスシャンプー)」は昨年12月に発売が開始され、カラーシャンプーとしてのクオリティの高さ、またボトルデザインのスタイリッシュさ、から現在様々なメディアに取り上げられているカラーシャンプーだ。
現在、Pr(パープル)、Pk(ピンク)、Sv(シルバー)、Bk(ブラック)の4種類を展開しており、様々なブリーチヘアユーザーのニーズに対応できるようになっている。
また、シャンプーだけでなく同じく4種類のトリートメントも展開。どちらも公式サイト、全国のバラエティショップで現在販売されている。

そんなブリーチヘアユーザー、どれを買おうか悩んでいるカラーシャンプー難民は必見のCALATAS SHAMPOOのプロデューサーを務めるMANAKAさんにお話を伺った。

——まず最初にCALATAS SHAMPOOの名前の由来を教えてください。

 

色(カラー)を足すという意味の造語でカラタスになりました。

——CALATAS SHAMPOOの開発に2年ほどかかったそうですが、まず最初にやろう!ってなったきっかけを教えてください。

 

私自身がずっとブリーチ髪なので長年カラーシャンプーユーザーだったんですけど、カラーシャンプーの種類ってあんまりなかったんです。
普通のシャンプーを使っている人みたいに自分に合ったシャンプー選びができないことにそもそも疑問を持っていたのと、周りのリアルユーザーやカラーリストさん達との会話の中でカラーシャンプーの話が出ると不満を持っている人が多いなということに気付いたのがきっかけです。
もちろんそれは私自身も同じように感じていることでした。

——それは、具体的に言いますと?

 

リアルユーザーにもかかわらず、カラーシャンプーを使用する度に少し気持ちが下がるのは、まず染料が入ってるがゆえの”匂い”ですね。あと、あんまり泡立たないっていうのも。
カラーシャンプーって普通のシャンプーに比べて泡立ちづらくて、、、だから私自身普段使ってて絵の具を髪に塗っているようなイメージだったので、使っててすごく良い気はしなかったんです。なんか体に悪いものを使っているイメージというか(笑)。
髪色のために毎日使ってはいるけど、できれば使いたくないなっていう気持ちもどこかにあって。あと、カラーシャンプーはブリーチしている人が使うものイコールほとんどの人の髪が傷んでると思うんですけど、カラーシャンプーを使うとさらにきしんでしまうイメージなんですよね。
実際私も使ってて洗い上がりの時とかは結構パサついちゃったりすることも多かったんです。髪色をキープするために頑張ってカラーシャンプーを使うのか、それともパサついた髪を防ぐために、色落ちするのを覚悟して普通のシャンプーを使うのかみたいな(笑)。
だから、「なんでどっちか選ばなきゃいけないんだ!」っていうのはずっと前から思ってたんですよね。
それで周りにいる人達だけに聞くのではなくてちゃんとマーケティングをしてみたら、これって私や私の周りの人だけが感じているんじゃなくてユーザーのほとんどが感じていて、どこのどの商品がということではなくて、「全体的にカラーシャンプーってそういうもの。」っていうイメージを持っている人が多いってことがわかったんです。
そこから私含め、リアルユーザーの多くが感じている不満を解消できて毎日安心して気持ちよく使えるカラーシャンプーを作ろうと企画したのがスタートですね。

——元々、商品開発にあたってシャンプーについての知識はあったんですか?


今までも化粧品の商品開発には携わってきた経験はあるので基本的な知識はある程度ありますが、私はあくまでリアルユーザーの立場で商品を見ることが役割だと思っていて、その中で有難いことに人気カラーリストさん達がご協力してくださったので、サンプルを作ってはカラーリストさん達に持って行って意見を聞いて改良するということを何度も何度も繰り返しました。

——何度もトライ&エラーを重ねてやっとできた!という感じなんですね。

そうですね。なので結果的に2年以上かかっちゃいましたね。

——ではそのCALATAS SHAMPOOのコンセプトを教えてください。

 

キャッチコピーにもなっている”サロン帰りのヘアカラー&サラツヤ髪を持続させる”ということを目標としてコンセプトにしてきました。やっぱりサロン帰りって一番ヘアカラーも綺麗だし、髪質もいいのでそれを1日でも長く持続させられればいいな、と思っています。

——CALATAS SHAMPOOは他のカラーシャンプーと「ここが違う!」というのはありますか?

まずは、さっき言ったこれまでのカラーシャンプーのデメリットのイメージを払拭させたいっていうところで、今までカラーシャンプーを使ってた人が使用されると必ずびっくりされるくらいよく泡立つのですごく洗い心地がいいのは強みです。
あと染料特有の匂いを消したかったのと、身体に悪いものにはしたくなかったので必要最低限の香料だけを使ってナチュラルな香りに仕上げているので、香りはお客様からもご好評をいただいています。
あと、成分的には保湿成分は絶対にこだわりたい部分だったのでフルボ酸を始めとする保湿成分を多く含ませて、トリートメントの方は加水分解ケラチンなども合わせて全部で8種類入っています。髪の毛だけではなく、ブリーチで痛めた頭皮にも潤いを与えてくれるのもポイントです。
お客様やサロン様から「カラーシャンプーなのにこんなにしっとりサラサラするんだ。」とか「こんなに泡立つんだ。」というお声を沢山いただいています。やっぱり今までずっとカラーシャンプーを使ってきたユーザーさんたちが一番この使用感に驚かれますし、感動していただけますね。

——ナチュラルな香りというと具体的にはどういう香りなんでしょうか?

それよく聞かれるんですけど、独自ブレンドで「ナチュラルな香りにしよう!」っていうのを突き詰めてやったので特に何の香りというのを申し上げるのは難しいのですが、本当に最低限の香料しか使ってないので。使っていただければナチュラルの意味はわかっていただけるかなと思います(笑)。

——Pr(パープル)、Pk(ピンク)、Sv(シルバー)、Bk(ブラック)と4種類のあると思うんですけど、それぞれの特徴を教えてください。

まず、最初に一般的に「ムラシャン」と呼ばれるPr(パープル)は、よく「紫になるの?」とか聞かれるんですけどそうではありません。最近も人気のダブルカラーをするときってブリーチで脱色して黄色くなってから、その上に色を乗せてカラーリングをしますよね。
でもそれは大体1週間くらいするとシャンプーとかによってカラーが落ちてだんだん黄ばんできちゃうんですけど、出てきた黄色に対して色彩学で言う反対色の紫を入れることによって反応して白っぽく変化させてくれるので、とにかく黄ばみを抑えたい方や、外国人のような白っぽい髪色に変化させたいって方にはこのPr(パープル)をおすすめします。

Pk(ピンク)はそのままなんですけど、ピンクは一番黄ばみやすくて、汚く見えやすい色というのもあって濃い色素を入れているので、黄ばみを抑えてピンク系ヘアカラーを長持ちさせるのはもちろん、赤系の髪色の方にご使用いただいてもカラーリングが長持ちします。

Sv(シルバー)はシルバーとかグレー、アッシュ系の色がお好きな方が使っていただけると長続きします。
もう1つの商品の使い方としてご提案したいのは色落ちを楽しんでいただく使い方です。例えばブルーの髪色の方はPr(パープル)を使ってブルーから色落ちして来たときに白っぽいブルーに変化させたり、Sv(シルバー)を使ってグレイッシュなブルーに変化させることができます。
もちろん両方とも黄ばみは抑えてくれるので色落ち特有のストレスを抑えながらの退色変化をお好みで選んでいただければと思います。

Bk(ブラック)に関しては2通りの使い方があるんですけど、1つはハイトーンからブラックに戻したときに色落ちするのを防ぐっていう他の三色と同じ使い方と、あともう1つは、もともと髪の毛が暗い方や染めていない黒髪の方が使うと黒に黒を足すことで、艶っぽい黒になってアジアンビューティーな感じの髪の毛になりますね。

——今後バリエーションを増やしていく予定はありますか?

そうですね。一般流通をメインに考えていたCALATASですが、発売してからびっくりしたのが当初考えていなかったサロンさんからのお問い合わせがありがたいことに非常に多かったことです。
こんなにご好評いただけてサロンさんにもご支持いただけるのであれば、プロ目線で見てももっと満足いただける商品を作りたいなという想いがあって、今冬にサロンユースのカラーシャンプーを発売することを予定しています。そちらに関しては「SHACHU(シャチュー)」さんというカラーで有名なサロンの宮地さんとモリヨシさんにもご監修いただいて商品開発しました。こちらもぜひ沢山の方に使っていただければ嬉しいです。

 

——WWD beautyのヘアサロン版BESTアイテムアワード2017のカラーケア部門で1位に選ばれたり、VOGUEなどにも掲載がされていましたね。

 

発売開始から約半年でいつの間にかこんなにもご支持いただけていることに嬉しさと共にびっくりしています。
プロの皆様に認めていただけて1位に選んでいただいたことやファッション誌でも取り上げていただけることはとても光栄ですし、カラタスを始めたときの「リアル―ユーザーが感じている不満を解消できて毎日安心して気持ちよく使えるカラーシャンプーを作ろう」がちゃんと実現できて、尚且つそれがお客様にもしっかり伝わったからこんなに反響をいただけたのかなと感じています。

こだわりが強くて大変な商品開発に最後までご協力してくださった皆様と、商品を手に取って使ってくださった全てのお客様に改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

——前の質問と被るところもあるかもしれませんが、MANAKAさんが実際にこのシャンプーを使ってみてユーザー目線で特に「ここがいい!」っていうおすすめポイントはありますか?

先ほど言った機能面はもちろんですが、それにプラスしておすすめというより自信を持っているポイントとしてはデザイン面ですね。カラーシャンプーのユーザーって元々ファッションに敏感な方たちだと思うので、そんな方たちが「バスルームに置きたいパッケージ」をデザイナーと追及して今のデザインになりました。バスルームの雰囲気もがらりと変えてくれるカラタスのボトルは個人的にもお気に入りです。

編集後記

CALATAS SHAMPOOの魅力は何と言っても”髪のプロ”である美容師からの厚い支持。毎日髪に接している美容師たちの支持ほどこの商品の品質の高さを裏付けるものはないだろう。
また、一見シャンプーには見えないそのおしゃれでスタイリッシュなデザインも”インスタ映え”が叫ばれる今、見逃せないポイントの一つ。InstagramにUPすれば、華やかに映えてくれるはずだ。

これからブリーチする予定のある人や、「今使っているカラーシャンプーに満足できていない、髪色をちょっとでも長持ちさせたい」、なんて人はぜひCALATAS SHAMPOOを使ってみてはいかがだろうか。